海外旅行 国際海外ボランティア ダイビング!大学生&社会人

海外旅行/国際・海外ボランティア/ダイビングに行く!学生旅行+社会人旅行って感じです

0000470512.jpg

TOP ≫ モロッコ&エジプト ≫

格安でゴージャス快適なモロッコ&エジプトツアー!旅仲間・ツアーメイト募集中です。


▼旅の動画!本当はもっと楽しいです!


▼当ツアーの実際の写真です↓↓(砂漠で)
 

旅仲間・ツアーメイト募集中!格安のアフリカ=モロッコ・エジプトへ行こう!
当ツアーを初めて見つけた方へ・・・
重要】まずは〔無料〕資料請求+LINE友達追加↓
<<資料請求&LINE@友達追加はこちら>>
TOPページでも詳しくご案内しております!
 全ては資料請求からはじまります


★このページが今回のプロジェクトの正式な資料になります。
このページにすべての情報が含まれますので、これ以外に資料等は作成しておりません。
★このページの内容が最新情報です。現在、記載の金額で受付けております。価格変動または受付終了次第、このページでお知らせしますので、「まだ大丈夫ですか?」みたいな個別のお問い合わせは必要ありません。


#お申込はこちら
#当会の所在地・連絡先
#当ツアーの素敵さ
#モロッコの観光名所
#エジプトの観光名所
#Q&Aコーナー

#参加したら…VS参加しなかったら…

■お申込はこちら
※お申込前のすべてのお問い合わせはこちらの掲示板からに限定させて頂いております。

▼現地外貨を含め、クレジットカード(分割/リボ払いOK!)ビットコインBitcoinもご利用頂けますクレジットカードは家族名義/友達名義などでOK!クレジットカード払いの場合は、一部、現金での入金が必要ですクレジットカードのご利用についてはこちら (Bitcoinは一部入金不要)
クレジットカード決済OK

【まとめ】


1.エジプト&モロッコの旅 
2019年2月15日~25日(うちの旅はあっという間よ?)
参加費:139,000円(ホテル宿泊代+航空券運賃などコミコミ)
特徴:のんびりしながらも効率よく旅します!みんなの希望叶えたい!
内容(モロッコ):インスタ映え間違いないし&おとぎの国のような青い街シャウエンモロッコ最古の都 フェズ世界遺産マラケシュ世界遺産フェズなめし革職人街タンネリー 、ジャマ・エル・フナ広場アイト・ベン・ハッドゥトドラ渓谷 、お土産店ショッピング他など(全自由参加/自由行動)
#モロッコの魅力はこちら
発着:東京・大阪・福岡・中部・札幌・沖縄・仙台です。
(福岡・中部は4千~1万程度、札幌・沖縄・仙台は1万円~2万円程度アップになる場合がありますので、別途案内次第、ご入金下さい)
 
2.エジプトの旅
2019年2月15日~19日(うちの旅はあっという間よ?)
参加費:89,000円(ホテル宿泊代+航空券運賃などコミコミ)
内容:1のエジプトをご覧ください。
発着:東京・大阪・福岡・中部・札幌・沖縄・仙台です。
(福岡・中部は4千~1万程度、札幌・沖縄・仙台は1万円~2万円程度アップになる場合がありますので、別途案内次第、ご入金下さい)
 
3.モロッコの旅
2019年2月18日~25日(うちの旅はあっという間よ?)
参加費:89,000円(ホテル宿泊代+航空券運賃などコミコミ)
内容:1のモロッコをご覧ください。
発着:東京・大阪・福岡・中部・札幌・沖縄・仙台です。
(福岡・中部は4千~1万程度、札幌・沖縄・仙台は1万円~2万円程度アップになる場合がありますので、別途案内次第、ご入金下さい)

★上記日程は日本出発&日本到着日です。上記2と3の旅は短期参加となります。

 
 
【特別割引中!】【期間限定】現在2万円OFFキャンペーン中です。上記は2万円OFF後の金額です。他の割引などとの併用はできません。

★上記は、期間限定早割20,000円OFF後の金額です。その他の割引との併用はできませんが、有効期限内のリツイートクーポンなどをお持ちの方は、500円のみ割引致しますので、上記より500円引いてご入金ください。
★近日中の申込人数等により日程を短縮する場合があります。


★朝食等もコミコミの予定です★

対象:全国の男女。大学生もその他学生も社会人も。
(職業・国籍・お住まいなどによる制限はありません)

【お申込み方法】


このページ及び下記の各URLを一番下の「このページはここまでです」と書かれた場所まで、よくご確認、ご同意の上、お申込頂きます。

(1)お申込みフォームを入力(最終の申込)
申込=当日または翌日の入金を決めたら、お申込フォームを https://goo.gl/TrrtyM よりご入力下さい。
★クレジットカードでのお支払いをご希望の方はこちらをご覧ください(一部、現金入金が必要です)。
★分割払い等を希望の方はまずはこちらでローン等をお申込上、ローン審査等が完了後、上記よりツアーにお申込下さい。

★リピーターの方はこちらのフォームではなく、LINEまたはFacebookでご連絡ください。
ご入力の当日または翌日にご入金をお願いします(ご入金確認まで手配などは行いません)。
また、無駄な個人情報をお預かりしたくありませんので、翌日中にご入金されない方はご入力されないようお願いします。

■【お願い】確認メールが1分以内に届かない場合は、迷惑メールフォルダなどをご確認ください。完了画面(=入力後、表示される画面)でも同じ内容が表示されます(ので、確認メールが届かない!みたいなお問い合わせは必要ありません)。完了画面の内容は保存してください。

(2)翌日までにご入金をお願いします。


(3)ご入金報告をお願いします(専用のLINEまたはメールで)。
(詳しい入金報告の方法はお申込フォームの完了画面、確認メールをご確認下さい)

 

 
 
Q.入金後の手続きを詳しく教えてください。
A.普通に旅行会社とかに海外旅行ツアーを申込された場合と基本的には同じです。
 
海外旅行はじめて&初心者の方は・・・・(旅行会社もこんなこといちいち書いてない気がしますが、我々は丁寧なので↓笑)

1・入金確認が取れ次第、お伺い書(申込書みたいな感じ)ホームページ上で入力頂きます。
2・必要な場合は、お伺い書(申込書みたいな感じ)・自己紹介シートなどをご提出いただく場合があります。その他、諸手続きがある場合は、メールでご案内します(出発3週間までにメールで案内します)。
3・航空チケットなど、出発に必要な資料のお届け(出発1週間前を目安、一部航空会社は2日前となる場合があります)

【クレジットカード決済をご希望の場合】

・不正利用防止のため、一部を現金にてご入金頂いております。

・まずは、5万円を現金でご入金頂きます。5万円以外をカード決済させて頂きます。※なるべく、全額の現金支払をお願いしております(なお、上記の金額以上であれば、いくらでもOKです。残額をカード決済させて頂きます)。
・全額のクレジットカード決済を希望の場合は、クレジットカードでのキャッシング(コンビニATM等からお金を引出し、分割払い等ができます。詳しくはカード裏面記載のカード会社にお問合せ下さい)またはローンで現金を引き出して頂いた上でお申込頂き、現金でご入金下さい。

お申込フォームをご入力頂き、上記金額をご入金頂き、入金のご連絡をお願いします。入金確認後、カード情報を入力して頂くURLフォームをお送りします。
※すべての手続きを遅滞なく終了して下さい。遅くとも入金当日にお願いします。遅れますと問題が生じる可能性があります。

・VISA、master、JCB、americanexpress、dinersがご利用頂けます。極力、VISAまたはmasterでお願いします。
・リボ,分割(3,5,6,10,12,15,18,20,24 回)もリクエストして頂けます。その場合でも、一回払いになる場合もありますので、その場合は、分割・リボ払いは決済後にクレジットカード会社にお申込みください。ほとんどのカード会社で決済後、分割やリボ払いに変更できます。
・家族や友人名義のカードなどでもOKです。複数名でお申込の場合も1名あたり上記の金額の現金入金が必要となります。

 

 

【商品券】
VISA,JCBの商品券がご利用いただけます。書留等でご送付頂きます。まずは、利用できるか確認致しますので、写メを添えて、ご連絡ください。

 

【お申込の前提条件】

メディアで紹介されたり、Facebookイベントに過去最大人数が参加を表明するなど、今年は特に注目度が高くなっており、メンバーの量より質でいい旅にしていかなければなりません。そこで下記を今回から明記させて頂いて、セルフチェック頂いております。

・普通の方に安心してご参加頂くため、変な人やめんどくさい人、低品質な方のご参加は固くお断りしております。
 ⇒普通の方は安心してご参加ください。


・普通のツアー申込むのとワケが違います。我々は素敵なメンバーで旅行に行くので、低品質な方はご遠慮頂いております。ご協力をお願いします。

・こうした基準の真の目的は、参加メンバーに安心感を与えることで、毎回、いいメンバーばっかり集まっています。引き続き、素敵なメンバーばかり集めたいのでよくお読みください↓

【下記の質問に1つでも「いいえ」がある方はご参加頂けません。】これは単なる注意書きに留まるものではありません。

★普通の方は心配いりません。

1.周辺と上手くいっていますか?関係は良好ですか?

(我々のツアーは、仲間との関係が重要となります。クラスメイト・同僚など選べない周りの方と合わないと感じている方はちょっと…NG)

2.つまり、マナー/エチケット/デリカシーがありますか?
(周りに疎遠にされてたり、いらんみたいな扱い受けてたりする人はうちもちょっと…NG)

3.当方及び他のメンバーと良好な関係/協力関係を築けますか?

4.クレーマー気質、神経質でないことを保証できますか?

(ヤフオクじゃないですけど、ノークレーム・ノーリターンでお願いします笑 我々は個別のやり取りとかはできないのと、勝手に○○だと思ったみたいな人も我々の範疇を超えているので、そういう人は、よその普通のツアーに申込された方がいいです)

5.我々/他のメンバーはあなたのために特別な対応や個別のやり取りを行うことは基本的に致しておりません。ご理解頂いておりますか?
 出発前、旅中に我々/他のメンバーに文句いったりする人は対象外です。・自由を重んじている団体です。こうあるべきだからこうしろみたいなのは、自分が作った団体でやってください(メンバー同士でも幹事らに対しても)。 
(世間はあなたのお母さんではありません。求めれば周りが手を焼いてくれると思っている人はちょっと…NG)

■ほとんどの場合、申込後のやり取りは、基本的に一斉送信メールで行い、個別のやり取り・質問は不要になるように設計しております(お互いに便利なシステムになっております!)。実際に、参加者のほとんどの方は、一度も個別にやり取りをせずに出発します(普通に旅行会社に海外旅行を申込した場合/なんなら修学旅行と同じだと思います)。
 ⇒必要なときだけ、ご連絡頂くような普通の人は問題ないです⇒ご参加をお待ちしています!

■必要なときだけ、ご連絡頂くような普通の人は問題ないですが、過去、必要と認められないような頻繁な個別のやり取り・質問を希望された方は、実際に参加後も低品質であることが多いです。従って、必要と認められないような頻繁な個別のやり取り・質問を希望されている方は参加をお断りさせて頂いております。

■極端な話…我々がすることは、ホテル・航空券などの予約をし、出発1週間前~前々日までに航空券引換証、集合に関する案内等をお送りするだけです(これはちょっと極端ですが…)。その他に関しては一切の期待をしないでください。※ただし、緊急の場合は同行の海外経験豊富な幹事らが通訳/サポートに努めますのでご安心ください。
※幹事らは緊急時のみ全員ボランティアでその任にあたるよう要請されています。緊急時以外は、ご自身で現地ガイド、ホテルスタッフなどにご相談ください。

【変な方/低品質な方はNGだから!普通の人は安心してご参加ください】
※お申込後であっても、変な人/低品質の人の可能性があると判断した場合などは、テレビ電話などでの面接審査、ご参加をお控え頂いております。普通の方は安心してご参加頂けます。

 

 

■モロッコの魅力↓↓

■街並みが美しい(青の街に泊まれる!)


 

■2大「世界遺産」フェズ・マラケシュ



マラケッシュ↓↓

 

フェズ↓↓

 

★★とにかくモロッコの観光名所を効率よく楽しみましょう!★★

#このページのTOPへ

#お申込はこちら

 

 

■エジプトの魅力

■夜も昼もピラミッド行きまくり!(効率よく&快適に!)(全自由参加/自由行動)


3大ミラミッド↓↓

クフ王のピラミッド↓↓

 

 

 

 

 

■夜も昼もルクソール神殿が素晴らしい!インスタ映えらしい!


 

ライトアップされたルクソール宮殿はこちら!

#このページのTOPへ

#お申込はこちら

 

■ラクダに乗れる!(自由参加)


 

 

■ツタンカーメン王のマスクや秘宝を見学!(自由参加)


その他、エジプトの観光名所などを効果的に効率よく楽しく観光する!

 

#このページのTOPへ

#お申込はこちら


 

【【当プロジェクトの素敵さ”まとめ”】】

 

 
■70%以上が一人初参加になるように調整(もちろん友達との参加も大歓迎!)

 ⇒一人初参加で安心!一人参加もお友達と参加も大歓迎♪

[[無料の資料請求はこちら]]※すべては資料請求からはじまる!
 
■自由行動もOK!

 ⇒せっかくの旅行ですので、最低限必要以上に行動を制限することは基本的にありません。強制的な毎日のミーティングなどは基本的にありません。

 
■毎日楽しすぎるイベント・観光・ディナーを企画するので安心(自由参加)

 ⇒一人初参加でもご心配なく。みんなが仲良しになれるように独自ノウハウ、独自プログラムがあります!!国際海外ボランティア、世界一周、素敵な仲間ができる!などココでしかできない旅があります。
※イベントなどへの参加はご希望に添えない場合があります。

 

[[無料の資料請求はこちら]]※すべては資料請求からはじまる!
 
■募集人数が108名と大人数!だから、気の合う仲間がすぐにできる!

 ⇒はっちゃけたい人も、しっとりいきたい人もバッチリ♪気の合う友達がすぐにできる!

 
■全国の10代20代~35歳の同年代限定!

 ⇒だから、すぐに打ち解けられる!!無礼講ポリシー。年齢関係なく、仲良くしましょう。
 
[[無料の資料請求はこちら]]※すべては資料請求からはじまる!
 
■団体割引+独自ノウハウで格安・激安!宇宙最安値を宣言中!(インド人もビックリの安さ!笑)

 ⇒安く海外旅行/国際・海外ボランティアをしちゃいましょう♪学生の方は、春休みや夏休みを最高にしましょう♪格安・激安・最安値・安いをモットーに。
 

 
■全国に素敵すぎる仲間ができます!
 ⇒仕事などで新しい地に行く方は、新しい土地に先に友達ができちゃいます。引っ越し先で仲良しな仲間がいれば素敵だよね!
 
■独自ノウハウ・独自プログラム実施!一人初参加で初日にみんな仲良し!(自由参加)

 ⇒初日にみんな仲良し!!5年以上の伝統と実績があります。2009年発足、2010年が第一回目のプロジェクトです。一人初参加も友達との参加も大歓迎!

[[無料の資料請求はこちら]]※すべては資料請求からはじまる!


■短期の海外ボランティアツアー、短期の国際ボランティアツアーも体験できる!!(自由参加)
0000277848
 ⇒単なる旅行じゃない、それ以上の経験を!一生もんの想い出を。スタディツアー、国際ボランティアツアー、海外ボランティアツアーは、1日だけとか気軽に参加できます(自由参加)。春休み、夏休みの短期のスタディツアー、国際ボランティアツアー、短期海外ボランティアツアーの募集を探している大学生は、コレに決まりです!もちろん学生だけじゃなくて、社会人も毎回多数が短期海外ボランティア、短期国際ボランティアに参加します!!2017年春休み・2016年夏休みの海外ボランティア/スタディツアーをお探しなら!


■帰国後も仲良し!(自由参加)
0000280491000032149767984_373590399423387_1511167737_n
(写真はカラーラン、水掛け合うイベント、ディズニーランド)
 ⇒(自由参加ですけど)福岡、大阪、東京、名古屋、北海道とかいろいろな場所で飲み会(同窓会?)や旅行が行われています。旅行が好きなアクティブなメンバーが多いので、国内旅行や海外旅行も頻繁に行われています。沖縄、ダイビング、スノボ、ディズニーランド、USJとかもいいね♡

 
[[無料の資料請求はこちら]]※すべては資料請求からはじまる!


■日本の空港で集合して⇒みんなで行く!だから安心!楽しい!
 ⇒海外旅行はじめてでもバッチリOK心配無用!日本の空港で同じ便に乗るメンバーで集合できます。でも、免税店に早く行きたいとかいう人は集合しなくてもOKです!旅行は楽しくなくちゃ!自由を重んじております! さらに多くのツアーで、前泊をしたり、安心して楽しく参加して頂けます!
 
 
■現地では、普通に友達と旅行に行くのと同じ感覚で!!
 ⇒特別なことはありません!ただ、みんなで海外旅行に行き、希望者は自由に海外ボランティア/国際ボランティア/スタディツアーしたり、ダイビングしたり、遊んだり、朝まで飲んだり、のんびりしたり、観光したりする!ただ、それだけの素敵すぎるプロジェクトです。


■ダイビングライセンス講習費が0円!
 ⇒ダイバーデビューしたい方はこの機会に是非!!みんなでワイワイ、ダイビングしましょー!!(自由参加)(ビーチリゾートに行くほとんどのプログラムで実施します!)ちなみにスキューバダイビング(=海に潜る方ね!笑)。

[[無料の資料請求はこちら]]※すべては資料請求からはじまる!


■「また参加したい!」98%以上の抜群の実績(アンケートより)

0000305340


■企画会議で飲まれたコーヒー1000杯以上(笑)
image (22)image (21)
 ⇒秘密の企画会議では、独自ノウハウをもとに、洗練された・卓越したツアーになるように、ものすごく研究・調査を重ねています!”ここでしかできない旅”&世界一楽しい&高い品質&宇宙最安値&コスパ世界一!になるように企画しています。

 これらの検討項目は、多岐に渡ります。大人数のため小規模なホテルが使えないなどの制約条件を考慮することはもちろんですが、ホテルの立地、ホテルの防音性能、プールやプライベートビーチの開放時間、航空会社の安全性に関する評判、運行される機体(例えば、ウユニ塩湖のツアーでは、ボーイングの最新機種787ドリームライナーに乗れます!!そうした安全性と快適性が深く考慮されている卓越したツアーなのです)など多くの一般の旅行者が見落としがちの点も海外経験豊富なプロデューサーたちにより、考慮されております。安全・安心を第一に検討しております。複数の大手旅行会社のパッケージツアーを分析し、そのいいところを総取りして、さらに深度のある検討を行っております。独自ノウハウがあります!そして、大切なポリシー=安ければいいのではなくて、品質を優先しています!例えばホテルは、5つ星が最高の評価で、4つ星5つ星ホテルを中心に検討(大学生にも社会人にも満足いく旅です!)。それでも、粗悪なボロホテルに泊まる一般のツアーより安い格安旅行を目指します。自由行動もOK!そのような卓越した高品質なツアー/プログラムに団体割り+独自ノウハウで安く!格安で!激安で!最安値で!参加できるチャンスなのです!!”ここでしかできない旅”なのです。心から満足できて、「また参加したい」と言われる最高の旅を目指します!

 ∴全国に友達ができる等、既存の旅行会社のツアーや既存の国際・海外ボランティア団体の一般的な国際・海外ボランティアツアー/スタディツアーとは全く比較できない卓越したプロジェクトなのです!

[[無料の資料請求はこちら]]※すべては資料請求からはじまる!
 
■楽しすぎるプロデューサーたち↓↓

 ⇒楽しいプロデューサーを募集しております。みんなで楽しい旅を作り上げましょう♪

0000276549.jpg
↑帰国後、ディズニーランドに行った時の写真です

 

【Q&Aコーナー】

Q.まだ先のことなので、参加できるかわかりません…。 or とりあえずの申込でもいいですか?
A.とりあえず、申込してください。みんないろいろあるのでわかりませんょ。よほどのことがない限り日程を空けておくということで申し込みされることをお奨めします。団体のため飛行機等に空きが少なくなってきているようです。状況・条件等にもよりますが、キャンセル料も出発31日前までかかりません(通常プランの場合)。いろいろあるでしょうけど、とりあえず申込されることをお奨めします。キャンセルはできても、あとで追加参加はできないかもしれないので…急いでください。安い航空券が売切れますので、参加費は遅くなれば高くなることが多いです。


Q.パスポート持ってないけど… 
A.現在持っていなくても、申込できます。旅行にお申込み後、パスポートを申請してください。パスポートはほとんどの場合、1~2週間ぐらいで取得できます。なるべく、早めに取得しておいた方がよいでしょう。


Q.入金後の手続きを詳しく教えてください。

A.普通に旅行会社とかに海外旅行ツアーを申込された場合と同じです。

海外旅行はじめて&初心者の方は・・・・(旅行会社もこんなこといちいち書いてない気がしますが、我々は丁寧なので↓笑)

1・お伺い書(申込書みたいなやつ?)提出(出発1ヶ月前までにメールで案内します。ホームページ上で入力頂く場合もあります)
2・自己紹介シートなどをご提出いただく場合があります。その他、諸手続きがある場合は、メールでご案内します。
3・航空チケットなど、出発に必要な資料のお届け(出発1週間前を目安、一部航空会社は2日前となる場合があります)

 


Q.ちょっと心配です… 不安です。。。
A.みんな不安はあると思います。あなたも大丈夫ですよ。本当に普通の人が参加しています。参加する人は少ないので、参加できなくても大丈夫ですが、事前に飲み会・短期の国内旅行ともやります(一部まだ申込検討中の方も参加できます)。毎回みんな楽しい&いい人ばかりですぐに友達ができます。帰ってきてからも交流しています☆ 
 またSNSで見つけたので、ちょっと心配って方もいるみたいなんですけど、サークルって掲示板みたり、ビラみたりして知るもんだと思いますよ!
 ★Facebookやツイッターの一番古い投稿は3年以上前です。伝統と実績が確認できます!
 http://lockesdistillery.com/aboutus.html よりご確認ください。

 それでも不安って方は、参加されずに、またそのうちってことで大丈夫ですよ(不安やからと申込後いっぱい連絡されたりしてもお互いイイ事ないです・・・)。
 ■参加を勇気を出して、ご決断頂いた普通の人は問題ないです⇒ぜひ、ご参加下さい!(必要性がよくわからない質問をいっぱいしてきて参加しない斬新な方にウンザリしているだけです・・・笑 大半の普通の人は全く問題ないでーす)

Q.人見知りですが、大丈夫ですか?
A.大丈夫です。人見知りという方も多いですし、どんな人でもすぐに友達ができるように独自プログラムを実施しています。独自ノウハウで、初日には驚くほど、みんな仲良しです!!

Q.【その他、常識的に考えて、こちらに対して、失礼なこと、不快なこと、無礼なことを質問、言ってくる方・・・】
A.もちろん参加できません!!
常識に反するような方は、一緒に旅行にいくのは固く遠慮させて頂きます。「信用して大丈夫ですか?」みたいなことわざわざ言ってくる方は、不快なだけでなく、うまくやっていけませんので、申込なさらないでください。大半の人には、関係がなく、無駄に記載になり、申し訳ございません。
(信じられないことにたまにいますので、書いてます!笑) ※そういう”常識に反する、ふてぶてしい”人がいない、いい人ばっかりの楽しい旅ですので、普通の方は安心してご参加ください!!


全般についてのQ&Aコーナーもお読みください。

【その他、有用な質問があれば追加していきます。】
【Goodな質問をお寄せください。他の方にも有益な質問をお待ちしております。】
 

 


【ご自身で直接ホテル・航空券の手配が可能です】

お好きな旅行会社などで、ご自身でホテル・航空券を手配して頂き、ホテル・航空券の予約を確認できる書類等の写メと合わせて、ご連絡ください。ホテルを合わせたい場合は、航空券のみご手配の上、ご連絡くださいませ。
いいホテルだと、相当かかってくるかと思いますけど。

 


【参加した方は・・・】

楽しかった想い出、一生もんの経験、素敵すぎる想い出(参加したから!)

全国に素敵すぎる友達ができる(参加したから!)

帰国後も仲良しのメンバーと遊んだり、ディズニーやUSJいったり、旅行したり、お花見したり、スノボしたり、ハロウィーンしたり、イベントしたり(参加したから!)


【参加しなかった方は・・・】

×平凡な毎日、ありきたりの日々(参加しなかったから…)

×全国に友達が増えなかった!!(参加しなかったから…)

×指をくわえて、「ただいま」系の投稿を見つめるだけ!笑 (参加しなかったから…)



実際の「ただいま」系の投稿・・・


 

少しの「勇気」で人生変えられるかもしれません!勇気を出して、今すぐ!申込しましょう!!
 
 お留守番して、「ただいま」投稿を眺める…それはかわいそう。ダメ。

【さぁ、一緒に最高の旅行に行きましょう!!】


++++++


【”つぶやき”+コメント欄+質問掲示板】
★足跡残していってください★


・「行きたい!とか」「行きたいところ」「やりたいこと」「感想」「今後企画してほしいこと」とかなんでも”つぶやき”OKです。

当方に企画してほしいツアーのリクエストなどOK!お気軽に”つぶやき”して下さい。Facebook等へのログインは不要です。

・皆さまのコメント・ご意見・フィードバックがいい旅を作ります!!

・質問もOKです。当ツアーに関すること、海外旅行に関する一般的な質問、海外ボランティア・国際ボランティアに関する一般的な質問などなんでもOK!(当方の海外経験豊富なエキスパートから返信があるかも)

返信機能があります。誰か答えてあげてください(公式と書かれているもの以外は当方からの正式な回答ではありません)。※混乱しないように「正式じゃない」的なこと書いてあげてくださいね。


【みんなに役立つグッド・クエスションをお待ちしております!】

当ツアーに関する質問で重要なもの/みんなに役立つGoodQuestionは、1~2週間以内に返信またはQ&A更新などホームページ上で反映させて頂きます(ほとんどの質問に当方から個別返信は致しませんので、お気になさらないでください)。でも、誰かから返信があるかもしれません!当ツアーに関する質問には、1.対象のツアー(行き先)、2.ご質問内容、3.その質問の意図、意義、意味、効果(なぜ、その質問をするのか)、4.常識で考えて予想される回答、5.どういう回答であれば、ご参加されるかを明記してください(質問された後に申込された方は、Facebookメッセージなどでお知らせくだされば幸いです)。

次の場合には、ご回答の対象としておりませんので、Q&Aなどもよくご確認下さい。・記載していること(は記載の通りですので)・未定のこと(聞かれても困る!笑)・記載していないことは原則非公開としています・重要かどうか判然としないこと。


(大半の質問してくる方は、必要性がよくわからない質問をいっぱいしてきて参加しないという斬新な方が多いので、イイ質問をしてくださって参加してくださる方には、申し訳ございませんが、ご協力をお願いします)。申込前のすべてのご質問は基本的にこちらのコメント欄からして頂くようお願いします↓Q&Aコーナーもご確認下さい。

★★うらやましいのか、既存の海外ボランティアツアー業者なのか、なんなのかわからないのですが、たまに荒らし・中傷書き込みする人がいます。荒らしが発生しても、相手にせず無視してもらって、当方に通報してください。システムにより荒らしと判定された場合は、直ちにHP上で反映されない場合があります★★

上が名前(ニックネーム)で下がコメント欄になります。

★あなたの簡単な自己紹介を入れるとよいかもしれません!!「一言足跡を残そう」

掲示板はこちらです。


 

 

モロッコ・エジプトについて。

先史時代、ベルベルは今日モロッコに登場しました。古代港湾都市はカルタゴのフェニキア人によって沿岸地域に建設されたが、内陸部ではモーリタニア王国ベルベル・マウリが栄えた。カルタゴが紀元前146年の第3次Poeni戦争で破壊されたとき、モレタニアはローマ帝国の国になり、1944年にはClaudius皇帝の命令によってローマの地方モーリタニア・ティンギタナになりました。 ローマ帝国が衰退したとき、429年にドイツ人の破壊者がジブラルタル海峡を渡り、アフリカに侵入した。モーリタニアはユダヤ人1世の時代にローマ帝国東部の下に再びあったが、8世紀初めにはイスラム帝国ウマヤが東から侵略され、モロッコを征服し、モロッコのイスラム化とアラブ化が始まったのである。モロッコを拠点とするアラブ人はジブラルタルを越え、イベリア半島の西ヤギ王国を破壊し、アル・アンダルスのイスラム化を促進した。 788年にAbbasidの権力闘争で敗北した亡命アラブ人Idrisis Iは、イスラム教のベルベル人の支持を得て、偶像崇拝の朝を築いた。さらに、Midrar王朝はサハラ貿易で栄えたSyglia Massaに設立されました。その後、チュニジアから始まったイスマイリのファティミード王朝を経て、ウディヤ朝のアルアンダルスの後、985年にイディリセイが破壊された。 しかし、後のウマヤ朝は1031年に崩壊し、その支配的な領土はティファと呼ばれる中小の州のグループに分かれました。空白の領域になったモロッコは、南部のセネガル川流域から来たムラビの朝の領土となり、1070年には新都市マラケシュが建設されました。 Murabitoの朝にはまた、南部1076がCumbi = Surrey(英語版)を引き継ぎ、ガーナ帝国を破壊し、再び北へ飛行し、統一されたAl-AndalusのジブラルタルでRecconista軍と戦った。 アメリカへの大きな航海 Koutoubia・Muwahid朝のYaakuob Mansourの時代に建てられたモスク。 Las Navas de Trozaの戦い。 Muwahid朝は1130年に設立され、1147年にMuwahid朝はMurabit朝を破壊し、またAl-Andalusを支配した。 Muwahid朝の3rd Yaacuve Mansourの時代、東はリビアへの権力を拡大し、Maghrib全体を含む最大のバージョンを確立しましたが、次のMuhammad NassilはLas Navas de Troussaの12年目になります。 Reconquistaの連合軍に、アンダルシアの大部分を失った。 Muwahidの朝はこの戦闘の後も減少を続け、1269年にMarrakeshはMarinの朝に捕らえられ、破壊された。 海洋の朝はフェスティバルに首都を置き、ナスルル王朝に順応するためにアンダルシアに頻繁に飛んだが、14世紀後半には衰え、1415年にはエンリケ・ポルトガル王国エンリケがジブラルタルの反対側でセウタを巡航した。大航海の時代はセウタの祝典で始まりました。海洋の朝は1470年に崩壊したが、「旅行記録」を書いたイブン=バトゥータなどの文化的人々は活発だった。 1472年、1472年、1472年にカトリック王のもとで生まれたスペイン王国がナスル朝を破壊し、ポルトガルに加えてレコンキスタを完成させた1472年にフェス王国が設立されました。スペインの脅威。ワッタスの朝は衰え、アガディールとポルトガルで捕獲されたものを取り戻したサード朝(サディ)が祭りを捕獲し、1550年に崩壊した。 Saadian朝、彼はYayan朝を破壊し、アルジェリアに進んだオスマン帝国を却下し、1578年Alc Serle・Kibiresとの戦いで侵攻したポルトガル軍を破った。戦い。この事件は、1580年にスペインとハプスブルクの朝にポルトガルの統合を引き起こした。さらに南に向かって、1591年に、彼女は内戦のギャップを打ち、Timbuktuを捕獲し、Songhai帝国を破壊した。しかし、17世紀にSaadoの朝は急速に減少し、1659年に破壊された。 1660年に現在まで続いたアラウィ朝が設立されました。 1757年に噛んだMuhammad IIIはヨーロッパ諸国との友好政策を採り、デンマークから各国と貿易協定を結び、1777年には1777年に世界で初めてアメリカを承認した。 In the prehistoric era Berber appeared in Morocco today. In ancient times a port city was built by the Phoenicians of Carthage in the coastal area, but in the inland area the Mauritanian kingdom of Berber Mauri flourished. When Cartago was destroyed in the Third Poeni War in 146 BC, Mauretania became a nation of Roman Empire and in 1944 it became Roman province Mauritania · Tinggitana by the decree of Emperor Claudius. When the Roman Empire declined, in 429 Germanic Vandals crossed the Strait of Gibraltar and entered Africa. Mauritania was again under the eastern Roman Empire in the age of Justinian 1, but in the beginning of the 8th century the Umayya, the Islamic empire, invaded from the east and conquered Morocco, Morocco's Islamization and Arabization began It was. The Arabs, based in Morocco, crossed Gibraltar, destroyed the West Goat Kingdom on the Iberian Peninsula, and promoted Al-Andalus' Islamization. The exile Arab person Idrisis I who was defeated by the power battle in Abbasid in the year 788 gained the support of the Islamized Berber people and founded the idolace morning. In addition, the Midrar Dynasty was established in Syglia Massa which flourished in the Sahara trade. After that, after undergoing Fatimid dynasty of the Ismaili who started from Tunisia, Idrisey was destroyed in 985 after Al-Andalus in the Umayya morning. However in the later Umayya morning was destroyed in 1031, its dominant territory was divided into small and medium state groups called Tifa. Morocco, which became a blank area of ​​power, became Murabit's morning territory that came from the watershed of the Senegal River in the south, and in 1070 the new city Marrakech was built. In the Murabito morning also attacked the southern side 1076 took over Cumbi = Surrey (English version), destroyed the Ghana Empire, flew again north, fought against Recconista army over Gibraltar, unified Al-Andalus. Great voyage to America Koutoubia · Mosque built in the era of Yaakuob Mansour of Muwahid morning. Battle of Las Navas de Troza. When the Muwahid morning was established in 1130, in 1147 the Muwahid morning destroyed the Murabit morning and also dominated Al-Andalus. In the era of the 3rd Yaacuve Mansour in the Muwahid morning the East extended the power to Libya and established the largest version that included the entire Maghrib, but the following Muhammad Nassil will be in the 12th year of Las Navas de Troussa In the battle lost to the Allied Army of Reconquista, lost the majority of Andalusia. Muwahid morning continued to decline after this battle, and in 1269 Marrakesh was captured by the Marin morning and it was destroyed. The Marine Morning put a capital on the festival and frequently flew to Andalusia to comply with the Nasrul dynasty but faded in the latter half of the 14th century and in 1415 Enrique Portuguese Prince Enrique cruised the ceuta on the other side of Gibraltar did. The age of the great voyage began with the celebration of Ceuta. The Marine morning was destroyed in 1470, but cultural people such as Ibn = Batuta who wrote "travel record" were active. After the destruction of the Marine Morning, in 1472 the Fes Kingdom was established in 1472, when the Kingdom of Spain, born under the Catholic kings in 1492, destroyed the Nasr morning and completed the Reconquista, in addition to Portugal, It also received the threat of Spain. Wattus morning declined and festival was captured by Saado morning (Saddy) which regained Agadir and others captured by Portugal, and it was destroyed in 1550. In the Saadian morning, he dismissed the Ottoman Empire which destroyed the Yayan morning and advanced to Algeria, broke the Portuguese army who invaded in 1578 in the battle of Alc Serle · Kibires in the fight against Christians, Sebastian I King of Portugal He died in battle. This incident triggered the consolidation of Portugal in 1580 in Spain and the Hapsburg morning. Turning further to the south, in 1591, she struck the gap of civil war, captured Timbuktu, destroyed the Songhai empire. However, in the seventeenth century Saado morning declined rapidly, it was destroyed in 1659. The Alawi morning which continued to the present in 1660 was established. Muhammad III who chewed in 1757 adopted a friendly policy with European countries, signed a trade agreement with each country starting with Denmark, and in 1777 approved the United States for the first time in the world in 1777.

その後のSlimaneは孤立政策を採択したが、1830年にフランスがアルジェを征服したとき、マグレブの植民地化が始まったとき、モロッコの主権も危機によって脅かされた。 1844年に、Arawyの朝にAlawiyがフランス軍に侵攻している間に、彼はAbdel Cadderの支援を受けて軍隊を送りましたが、Isleighの戦闘で失われました(英語版)。 1856年、我々は英国との不平等条約を締結し、その孤立政策は崩壊した。 1859年、テトゥワンはスペイン軍の侵略によって捕らえられました(スペイン - モロッコ戦争)。

1873年にミュラー・エル・ハッサン(ミュラー・アル・ハッサン1世)が新しいスルタンを務めました。ベルベルなどの勢力を掃討するため、財政支出などでクルップ銃を導入した。後継者の息子(ミュライ・アブド・アル・アジズⅣ)は未成年者を拘束し、ドイツ帝国は政治を助言した。

1904年にフランスのフランス特派員でモロッコを目指すイングランドとフランスの間の妥協が成立し、フランスはモロッコで優位を獲得したが、1905年にイギリスのフランスのネクタイに反対するドイツの帝国はタンジールのケースであった。 1911年、ドイツ帝国は再びアガディール事件を起こし、フランスを脅かしたが、最終的にはドイツが傷ついた。 1912年に大部分の土地がフランスの保護区になり、フランス西部条約では北部のサンゴ礁地域がスペインの領土モロッコ(英語版)となった。


フランス領モロッコ(英語版)ファースト・ガバナー、Hubert・Lyothé。
HubertLyothé将軍は、フランスの領土モロッコ(英語版)の初代総裁に就任しました。大将は政治不安のフェスからラバトに首都を移した。 1913年、ドイツのオリエント銀行のモロッコ支店がソシエテジェネラルに売却されました。 1919年、北アフリカ総合社(ONA Group)が設立されました。 1920年、スペインの領土モロッコ(英語版)のリーフ地域でアブドアルアームが反乱し、第3回リーフ戦争が起こった。アルカイムはリーフ共和国の創設を宣言したが、スペイン陸軍とフランス軍に奪われたリーフ共和国は1925年に崩壊した。独立運動は1930年以来栄えた。

1936年にモロッコのスペイン軍隊のエミリオ・モラ・バイダール(Emilio Mora Bidar)が共和国政府に反抗し、カナビス諸島のフランシスコ支部長が対応し、モロッコに拠点を置く反政府勢力と内戦が始まったことが確認された。スペインの内戦では、約7万人のモロッコ人兵士が反政府勢力と戦った。第二次世界大戦中、フリー・フランスはビシー・フランスからモロッコを引き継いだが、1943年にカザブランカ協議は連合国ウィンストン・チャーチルとフランクリン・ルーズベルトによって行われた。

モロッコは1956年にフランスから独立していた。スペインはセタス、メリリャ、エフニの敵の領土、南モロッコの保護領(Tarfaja province)を除いてスペイン領の領土権を放棄した。 1957年、スルタン・ムハマド5世は王になり、スルタンは廃止された。 1957年には、エヴニ戦争がスペインと共に偶然にわたって発生し、紛争の結果、スペインは南部の保護地域であるTarfaja地域をモロッコに戻した。

The subsequent Slimane adopted isolation policy, but as the French conquered Algiers in 1830, when Maghrib's colonization began, the sovereignty of Morocco was also threatened by the crisis. In 1844, during the Alawiy invasion by the French army during the Arawy morning, he sent an army with support of Abdel Cadder, but lost in Isleigh's battle (English version). In 1856, we concluded an inequality treaty with Britain, and its seclusion policy had collapsed. In 1859 Tetuwan was captured by the invasion of the Spanish army (Spain - Morocco war).

In 1873, Muller-el-Hassan (Mulai al-Hassan I.) served as a new sultan. In order to sweep the forces of the Berber and others, we introduced Krupp gun by fiscal expenditure etc. The successor's son (Mulai Abd al-Aziz IV) adhered to minors and the German empire advised politics.

A compromise between England and France aiming for Morocco in the French French correspondent in 1904 was established and France acquired the superiority right in Morocco, but in 1905 the German empire opposing the British French tie was the Tangier case It caused invasion. In 1911 the German Empire again raised the Agadir incident and threatened France, but eventually Germany compromised. In 1912 the majority of the land became a protectorate of France, and in the French West Treaty the northern reef region became Spanish territory Morocco (English version).


French territory Morocco (English version) First governor, Hubert · Lyothé.
General Hubert Lyothé took office as the first governor of French territory Morocco (English version). The general moved the capital from political unsettling Fes to Rabat. In 1913, the Moroccan branch of Orient Bank in Germany was sold to Societe Generale. In 1919, the North Africa General Company (ONA Group) was established. In 1920 Abd Al-Arm revolted in the Reef region of the Spanish territory Morocco (English version), the third reef war broke out. Alkalem declared the founding of the Republic of Reef, but lost to the Spanish Army and the French Army, the Reef Republic collapsed in 1925. Independence movement has flourished since the 1930s.

General Mr. Emilio Mora Bidar of the Moroccan Spanish army in 1936 rebelled against the Republic Government and Commander of Francisco Franco of the Canary Islands responded and it was confirmed that Morocco-based rebels and government forces Civil war began. In the Spanish civil war, nearly 70,000 Moroccans soldiers fought on the insurgent side. During the Second World War free France took over Morocco from Vichy France and in 1943 the Casablanca talks were held by the Allied countries Winston Churchill and Franklin Roosevelt.

Morocco was independent from France in 1956. Spain abandoned the territorial rights of the Spanish territory except Cetus, Melilla, Efni's enemy territory and the southern Moroccan protectorate (Tarfaja province). In 1957, Sultan Muhammad V became the king and the Sultan was abolished. In 1957, the Evni war broke out with Spain over the Eveni, and as a result of the conflict, Spain returned the Tarfaja region, which was the southern protected territory, to Morocco.

In 1961 Prince Hasan served as king with the death of his father. In the following year the Constitution was enacted in 1962, and Morocco moved to a constitutional monarchy state with strong authority of the monarch. In terms of domestic politics, Hasan II represses political parties, relying on the military and the police to domesticate the domestic market while promoting economic development centered on the introduction of foreign capital, externally to cooperate with the Western countries including the United States While emphasizing, the Palestinian issue supported Arab. In 1965 there was a case of a disappearance in the Paris party leader, Mehdi Ben Baruka of the National People's Alliance Forces (UNFP), which had been developing a movement against Hassan II. As a result of the 6-day war with Israel in 1967, he returned to the Arab world. In 1969, Spain transferred Eihni of the territorial territory to Morocco, but Spain's Western Sahara continued its ownership of Spain. In 1972, the confidence of Hasan II was thick Muhammad Ukkir (English version) General of Ukkir and the elite executive (English version) were carried out, the accident of the Boeing 727 passenger aircraft attempted to be killed by the general, occurred (Years of Lead).

In November 1975, he made a marching transboundary march unmarried to Western Sahara (marching green), effectively controlling Western Sahara. In 1976 the reign of Western Sahara began with Morocco and Mauritania, but the same year the Polysario Front supported by Algeria declared independence of the Saharan-Arab Democratic Republic. After the intense guerrilla war, Mauritania abandoned the territorial rights of Western Sahara, but Morocco continued effective control. In 1989 the Arab Maghreb Convention was signed, which aims to integrate within the Magrig region. The Western Sahara ceasefire was established in 1991, but the referendum was not implemented, and the Western Sahara issue has been an unresolved issue until now.

In 1992 the constitution was revised. Because King Hasan II died in 1999, Prince Sidi Muhammad served as Muhammad VI. The amount of direct investment received rapidly in the same year. In 2002, the Perehill island crisis (English version) occurred and tensions increased with Spain, but American arbitration did not lead to war. A suicide bombing incident occurred in Casablanca by Islamist organization on May 16, 2003. Muhammad VI has taken the initiative in establishing the new family law in 2004 and showed a position to advance liberal reform. The real economic growth rate in Morocco will continue to grow steadily until 2015 at the end, with negative growth in 1997.

In October 2008 when the global financial crisis became most evident, Morocco acquired the "Advanced Status" for the first time in neighboring countries of the EU. "Priority position" in the international economy is given based on the outcome of the action plan in the European neighborhood policy. It was granted to Morocco that it will take a step further from the conclusion of the FTA to realize complete free movement of goods, services and capital and free movement of professionals, and that Morocco's domestic law is aiming at the general EU law (Aki Komono Terre) We aim to accept it. [6]

The constitutional amendment was revised in July due to the disturbance affected by Spring of Arab in 2011. In the beginning of the following year Abdel Iraf Ben Keiran cabinet was inaugurated (until April 2017).

July 17, 2016, Muhammad VI announced the return to the African Union [7] [8]. It announced that it applied for accession in September [9].

On January 31, 2017, at the summit meeting in Addis Ababa, the capital of Ethiopia, re-entry to the African Union was approved [10].

On May 1, 2018, Foreign Minister Burita of Morocco announced that it had severed the diplomatic ties with Iran. Hezbollah (Lebanese Muslim Shiite organization) under the influence of Iran and Iran gave support to Polysario Front which develops independence movement in Western Sahara on the ground that it is giving support via Algeria. Iran has been with Iran even between 2009 and 2014

 

1961年、ハサン王子は父親の死を王として務めました。翌年、憲法は1962年に制定され、モロッコは君主制の強い権限を持つ憲法君主国に移った。ハサン2世は国内政治の観点から、軍事や警察に依拠して国内市場を育成し、外資の導入を中心とした経済発展を推進し、米国を含む西側諸国との協力を外部から強く主張しながら、パレスチナ問題はアラブを支持した。 1965年には、ハッサン2世に対する運動を展開していた国民連合軍(UNFP)のパリ党首であるメヒディ・ベン・バルカ(Mehdi Ben Baruka)に失踪事件がありました。 1967年の6日間のイスラエル戦争の結果、彼はアラブ世界に戻りました。 1969年、スペインは領土領のEihniをモロッコに移したが、スペインの西サハラはスペインの所有権を継続した。 1972年、Hasan IIの自信は厚く、Ukkir将軍とエリート幹部(英語版)Muhammad Ukkir(英語版)が実施され、Boeing 727旅客機の事故が一般に殺されようとしたが、のリード)。

1975年11月、彼は西側のサハラ(行進する緑)に未婚の国境を越えて行進し、西サハラを効果的に支配した。 1976年に西サハラの治世はモロッコとモーリタニアで始まりましたが、同年、アルジェリアが支援したポリサリオ・フロントがサハラ・アラブ民主共和国の独立を宣言しました。激しいゲリラ戦争の後、モーリタニアは西サハラの領土権を放棄したが、モロッコは効果的な支配を続けた。 1989年、Magrig地域内での統合を目指すアラブマグレブ条約が締結された。西サハラ停戦は1991年に成立したが、国民投票は実施されておらず、西サハラ問題はこれまで未解決の問題であった。

1992年に憲法が改正された。 1999年にハサン2世が死亡したため、シディ・ムハマド王子はムハンマド6世として奉仕した。同じ年に直接投資額が急上昇した。 2002年、ペレヒル島の危機(英語版)が発生し、スペインとの緊張が高まったが、アメリカの仲裁は戦争につながりませんでした。ムハンマド6世は、2004年に新しい家族法を制定し、リベラルな改革を進める立場を示した。ムハンマド6世はイスラム教組織によってカサブランカで自殺爆弾事件が発生した。モロッコの実質経済成長率は、最終的に2015年まで着実に増加し、1997年のマイナス成長を続けるであろう。

世界的な金融危機が最も顕著になった2008年10月、モロッコはEUの近隣諸国で初めて「先進的地位」を取得しました。国際経済における「優先順位」は、欧州近隣政策における行動計画の成果に基づいて与えられる。モロッコは、商品、サービス、資本の完全な自由な移動と専門家の自由な移動を実現するためにFTA締結からさらに一歩前進し、モロッコの国内法は一般的なEU法を目指しているTerre)私たちはそれを受け入れることを目指しています。 [6]

憲法改正は、2011年にアラブの春の影響を受けて7月に改訂された。翌年の初め、アブデル・イラフ・ベン・ケイランの内閣が発足した(2017年4月まで)。

2016年7月17日、ムハンマド6世はアフリカ連合への復帰を発表した[7] [8]。 9月に加盟申請したと発表した[9]。

2017年1月31日、エチオピアの首都アディスアベバでの首脳会議で、アフリカ連合への再入国が承認された[10]。

モロッコのブリタ外相は2018年5月1日、イランと外交関係を切り離したと発表した。イランとイランの影響を受けて、イスラエルとイスラエルの影響を受けているヒズボラ(レバノンのイスラム教徒団体)は、西サハラで独立運動を展開するポリサリオ・フロントに、アルジェリア経由の支援を行っているとの理由で支援した。イランは2009年から2014年の間でさえもイランと戦った。

モロッコの土地は、アフリカ大陸の北西端に位置しています。海岸の約3/4は北大西洋に面し、残りは地中海に面しています。東西1300km、南北1000kmに及ぶ国土の形状は、約45度傾いた不規則な四角形のようである。モロッコの南西に分布するカナリア諸島はスペイン領であり、本土を除く土地はありません。地中海沿岸のセウタ(Ceuta)とメリリャ(Melilla)は、スペインの母国の飛行場です。土地追跡で西サハラ南西部を効果的に支配しているが、職業の正当性は国際社会で広く受け入れられていない。西サハラはかつてスペインの植民地(スペインのサハラ)でした。

モロッコには4つの大きな山脈があります。リーフ山脈(El Reef)は他の3つの山脈とは独立しており、地中海に沿って北に向かってセウタとメリラを見下ろす。最高点は約2400メートルです。南部の3つの山脈はアトラス山脈に属しています。アトラス山脈自体はチュニジア北部からアルジェリア北部に渡り、モロッコの南西端まで約2000km延びています。アトラス山脈は、複数の山脈が並行して走る褶曲山脈です。モロッコ国内では、北からアトラス山脈(マウァランアトラス山脈)、グレートアトラス山脈(オートアトラス山脈)、旧アトラス山脈(アトラス山脈)などと呼ばれています。アンチアトラス山脈の南斜面が終わる国境があります。アトラス山脈の平均標高は3000mを超え、国の中心部におおよそ登るTubukal(Tubukal山)(4165m)の山が最高点であり、北アフリカでも最高峰です。モロッコの大都市、例えばカサブランカは、大西洋岸の海岸線、またはモロッコの大平原に沿って、リーフ山脈の西部と中央部のアトラス山脈の北斜面から海岸線まで広がっています。

スペインはジブラルタル流域を横切っている[16]。スペインとモロッコの間で、ユーラシアプレートとアフリカプレートの境界線に当たる。アフリカのプレートが毎年0.6cmの速度で北向きになっているため、アトラス山脈が発生したと考えられます。アトラス山脈の南には、山脈の全長に沿って巨大な断層があります。このため、比較的地震が発生しやすい。 1757年11月19日に発生した地震と1757年4月15日の地震で、リスボン地震と同時に発生した地震では、近隣諸国のアルジェリアでは数多くの地震がありましたが、3000人に達しました。 1960年2月29日の地震は大きな被害であり、死者は1万5000人でした。大きさも明らかではありません。

主要な川には、ムロヤ川、地中海に流れ込むスース川、大西洋に流れ込むスース川、テンシフィット川など約10ヵ所があります。ジス川とレスリー川は、サハラ砂漠に向かって流れています。 Dora川もまたSahara Desertに向かって流れていますが、雨量が非常に多い場合、この川がSaharaの向こうの大西洋に注ぐことがあります。エジプトとスーダンを横断するナイル川を除いて、モロッコは北アフリカで最も発展した水系を持っています。このため、降雨量は少ないものの、総発電量の6%が水力で覆われています。

The land of Morocco is located at the northwest end of the continent of Africa. About 3/4 of the coast faces the North Atlantic Ocean and the rest along the Mediterranean. The shape of the national land extending to 1,300 km east to west and 1000 km north and south seems to be an irregular rectangle which is inclined about 45 degrees. The Canary Islands distributed southwest of Morocco are Spanish territories and have no land except for the mainland. The northern part of the country, Ceuta and Melilla on the Mediterranean coast are the flying grounds of Spain's home country. Although it effectively controls South-West Western Sahara in land-tracking, the legitimacy of occupation is not widely accepted in the international community. Western Sahara was once a Spanish colony (Spanish Sahara).

There are four large mountain ranges in Morocco. The Reef Mountain Range (El · Reef) is independent of the other three mountain ranges and looks down Ceuta and Melilla along the Mediterranean toward the north. The highest point is about 2400 m. The three mountain ranges in the south belong to the Atlas mountains. The Atlas Mountains themselves pass from northern Tunisia to northern Algeria, extending almost 2000 km to the southwest end of Morocco. The Atlas mountain range is a fold mountain range in which multiple mountain ranges run in parallel. In Morocco domestically from the north, the Atlas Mountains (Mawayan Atlas Mountains), the Great Atlas Mountains (Auto Atlas Mountains), the former Atlas Mountains (Anti Atlas Mountains) are called. There is a border where the south slope of the Anti Atlas mountains ends. The average altitude of the Atlas mountains exceeds 3000 m, the mountain of Tubukal (Mount Tubukal) (4165 m) rising roughly in the center of the country is the highest point and it is also the highest peak in North Africa. Major cities in Morocco such as Casablanca are scattered around the coastline of the Atlantic coast, or the Morocco Great Plains spreading from the northern slope of the western and central Atlas mountain ranges of the Reef Mountains to the coastline.

It faces Spain across the Gibraltar Channel [16]. Between Spain and Morocco, it hits the boundary between the Eurasian Plate and the African plate. It is thought that the Atlas mountain range was generated because the African plate northwarded at a rate of 0.6 cm per year. To the south of the Atlas mountain range is a huge fault along the entire length of the mountain range. For this reason, relatively earthquakes are prone to occur. Although there were many record earthquakes in Algeria in neighboring countries, the death toll reached 3000 in both earthquakes occurred on November 19, 1755 and the earthquake on April 15, 1757 at the same time as the Lisbon earthquake. The earthquake of February 29, 1960 was great damage, and the dead was 15,000 people. Neither is the magnitude clear.

Major rivers have about 10 such as the Muroya River that flows into the Mediterranean Sea, the Sousse River flowing into the Atlantic Ocean, and the Tensifit River. The Jith River and the Leslie River are flowing down toward the Sahara desert. Although the Dora River also flows towards the Sahara Desert, this river may pour into the Atlantic Ocean across Sahara when the amount of rain is very high. Except for the Nile River that traverses Egypt and Sudan, Morocco has the most developed water system in North Africa. For this reason, despite the low rainfall, 6% of the total electricity generation is covered by hydraulic power.

 

年間を通して、海洋の熱帯大気が大西洋にあり、北東の風(北東の貿易風)は常に吹いています。このため、モロッコの沿岸に沿って北から南へ流れる寒波電流のカナリー電流が流れます。

ケッペンの気候分類によれば、ステップ気候(Bs)は、アトラス山脈の北部の地中海気候(Cs)と混合されています。アトラス山脈の南斜面はサハラ砂漠に直結し、北部はギルの砂漠であり、南部はドラの砂漠です。気候分類は砂漠気候(BW)である。アトラス山脈は冬には雪が降る。

最大都市カサブランカの気候は1月に12.4度、7月に22.3度です。年間降水量は379.7 mmです。冬の降水量は100mm /月に達しますが、夏には1mm未満です。ラバトの気候はカサブランカとほぼ同じです。

植生
植生は、大西洋沿岸のオアシス、地中海沿岸、内陸部を除いてほとんど見られません。特に大西洋沿岸に森林を形成するのはコルクスケープです。アトラス山脈に着くと、常緑樹の森が広がります。植木はオーク、セイヨギ、パインです。アトラスの山々から南へ進むと、ナツメと潅木はまばらです。栽培樹としてのオリーブは、上記の分布には適用されず、全国をカバーします。 ArganaceaeのArgania Spinosaは固有種であり、Argan oilの原料であり(ネイルケアに優れています)、別名モロッコオイルです。しかし、分布域は狭く、スース川流域に限られている。

森林は国土の12%を占め、農地は18%を占め、農地の5%が灌漑されている。

経済
カサブランカは、モロッコ最大の経済都市であり、アフリカの主要都市でもあります。

IMF統計によると、2015年のモロッコの国内総生産(GDP)は約1031億ドルである。一人当たりの一人当たりGDPは3,079ドルであり、アフリカ諸国では比較的高く、アジアなどの新興国に匹敵する。産油国ではないが、鉱業や軽工業などの産業のバランスは良いが、アフリカでは経済基盤も発展している。埋蔵量世界で6番目に大きなオリーブ栽培など、世界一のリン鉱石と農業を中心とした鉱業が経済に貢献しています。大西洋沿岸は漁場として優れており、タコなども日本に輸出されています。観光資源は豊富で、観光収入は22億ドルに達する。先進工業国とは言い難いが、衣料品などの軽工業の他に、石油精製や肥料などの基礎産業が発展している(以下、統計データはFAO Production Yearbook 2002、2001年国連工業統計年鑑中古)。かつて宗教国であったヨーロッパやアメリカのフランスや他の企業は、自動車、鉄道、航空機部品などの工場数を増やしています。モロッコはアフリカの政治情勢や治安が安定しており、インフラが整っているため、50カ国以上の国々と自由貿易協定(FTA)で輸出しやすい背景がある[17]。 EU加盟国に移住移住したモロッコ人によるその他の送金は、外国為替収入源でもあります。

カサブランカ、タンジェ、ケニトラには、加工と取引のためのフリーゾーンがあります。カサブランカには財政的に自由なゾーン(カサブランカ・ファイナンス・シティ)もあります。モロッコ以外のアフリカ諸国に進出する外国企業に対する税制優遇措置も導入され、アフリカ・ビジネスの拠点となっている。

 

Throughout the year, there is a maritime tropical air mass on the Atlantic Ocean, and the northeast wind (northeast trade wind) is always blowing. For this reason, the canary current of the cold current flows from north to south along the coast of Morocco.

According to Köppen's climate classification, the step climate (Bs) is mixed with the Mediterranean climate (Cs) in the north from the Atlas Mountains. The southern slope of the Atlas mountain ranges directly to the Sahara desert, the northern part is the Ghille desert and the south part is the Dora desert. Climate classification is desert climate (BW). The Atlas mountains have snow in winter.

The climate of the biggest city Casablanca is 12.4 degrees in January and 22.3 degrees in July. Annual rainfall is 379.7 mm. Winter precipitation amounts to 100 mm / month, but in summer it is less than 1 mm. Rabat 's climate is almost the same as Casablanca.

Vegetation
Vegetation can hardly be seen, except for the oasis of the Atlantic coast, Mediterranean shore and inland areas. It is the corkscape that forms forests, especially on the Atlantic coast. When reaching the Atlas Mountains, evergreen forest spreads. The vegetation is oak, seiyogi, pine. At the south further steps from the Atlas mountains, jujube and shrubs are sparse. Olives as cultivation trees do not apply to the above distribution, and cover the entire country. There is Argania Spinosa of Acetaceae as an endemic species, and it is a raw material for Argan oil (excellent for nail care) (aka: Moroccan Oil). However, the distribution area is narrow, and it is confined to the Sousse river basin.

Forests account for 12% of the country's land, farmland occupies 18%, 5% of the agricultural lands are irrigated.

Economy
Casablanca is the largest economic city in Morocco and one of Africa's leading world cities.

According to IMF statistics, Morocco's gross domestic product (GDP) in 2015 is about $ 103.1 billion. The per capita GDP per capita is 3,079 dollars, which is relatively high in African countries, comparable to emerging countries such as Asia. Although it is not an oil producing country, the balance of industries such as mining and light industry is good, and in Africa the economic base is also developed. Reserves The mining centering on the world's No. 1 largest phosphorus ore and agriculture such as the world's sixth largest olive growing contribute to the economy. The Atlantic coast is excellent as a fishing ground and octopus etc are also exported to Japan. Tourism resources are abundant, tourism revenue amounts to 2.2 billion dollars. Although it can not be called an advanced industrialized country, basic industries such as oil refining and fertilizer are developing besides light industries such as clothing and the like (hereafter, the statistical data are FAO Production Yearbook 2002, United Nations Industrial Commodity Statistical Yearbook 2001 was used). French and other companies in Europe and the United States, which once used to be religious countries, are increasing the number of factories such as automobiles, railway and aircraft parts. This is because Morocco is stable in political situation and security in Africa, infrastructure is in place, there is a background that it is easy to export with a free trade agreement (FTA) with more than 50 countries / regions [17]. Other remittance by Moroccans who moved to European Union countries and emigrated is also a source of foreign exchange income.

Casablanca, Tanger and Kenitra have free zones for processing and trading. Casablanca also has a financial free zone (Casablanca · Finance · City). Tax incentives for foreign companies entering African countries other than Morocco are also introduced, becoming a hub of Africa · business 

鉱石生産はリン酸鉱石(世界第2位の鉱山)、鉛鉱石(第7位)、コバルト鉱石(第8位)に影響を及ぼしています。銅、亜鉛、金、銀なども採掘し、天然ガスは豊富です。しかし、原油の採掘量は1万トンと非常に少ない。鉱物資源は、アトラス山脈の断層帯に集中しており、アトラス山脈の起原活動に起因すると考えられています。例えば、亜鉛と鉛は、MarrakeshとMelilla近くのUjitaで採掘されます。リンはカサブランカの近くに集めることができます。

農業などには使えない砂漠では、再生可能エネルギーの発電が拡大しています。 2017年には、太陽光発電所、太陽熱発電所、風力発電所が順次建設され、スペイン企業による風力発電機の生産も開始された。再生可能エネルギー(20%超)エネルギー消費量は2030年に52%になる[19]。

農業
大西洋沿岸、地中海沿岸では、雨に依存した農業が可能です。耕地面積は国土の21%を占める。 2005年の農家は429万人(2005年)である。国連食糧農業機関(FAO)(2005年)の統計によると、世界で7番目に大きなオリーブ(50万トン、世界シェア3.5%)とサイザルアスカ(2,200トン)が目立つ。オレンジ(1,240,000トン、1.5%)、トマト(120万トン、1.0%)、デート・ヤシ(69,000トン、1.0%がそこにあります)の1%を上回る作物が世界シェア・シェア・ビート(445万トン、1.9%主な穀物栽培は、乾燥に耐性のある小麦(340万トン)、ジャガイモ(144万トン)、大麦(110万トン)である。

中部と南部の地域で栽培されたバラの水のような花の植え付け農業は、Keaula Muguna(「ローズバレー」)も実施されている[20]。

畜産業は、主に羊(1億7,030万頭)と鶏(1億4000万羽)で構成されています。

業界
業界ではリン酸肥料(世界生産6位)とオリーブオイル(9位)が目立つが、ワインや肉などの食品産業や加工貿易に使われている縫製産業は盛んである。 Renaultは2つの自動車工場を運営し、Bombardierは航空機部品工場を管理し、PSA・PeugeotCitroënとBoeingも現地生産計画を進めている[21]。

トレード
モロッコの輸出額は238億ドルです。項目は機械(15.9%)、衣料品(14.4%)、化学肥料(8.8%)、野菜/果物(7.9%)、魚介類(7.6%)である。 (2011)電気機械とは電気ケーブルを意味します。燐鉱石は価格が安いので、アイテムのパーセンテージとして5位です。主要なパートナー国であるスペイン、フランス、ブラジル、イタリア、インドが輸出しています。 (2014年)

モロッコの輸入額は116億ドルです。品目は原油(12.0%)、繊維(11.9%)、電気機械(11.7%)です。主なパートナー国は、スペイン、フランス、中国、米国、英国です。 (2014年)

日本との貿易では、タコ(61.1%)、モンゴウイカ(7.3%)、衣類(5.1%)、順にリン酸鉱石が5位です。輸入は、乗用車(32.4%)、トラック(28.6%)、タイヤ(5.6%)です。

観光
フェズ、カサブランカ、マラケシュなどの都市部の旧市街地から、Ait Ben Haddou、サハラ砂漠やTodra Valleyなどの様々な解決地域の世界遺産が見て取れる[22]。 "モロッコのユニークな宿泊施設"とは、観光施設だけでなく、古い住居が知られているリヤド(Riyado)[23]です。政府として、観光国を設立し、人材や観光地の育成に努めています[24]。 2015年には海外のモロッコ人の割合は増加していますが、観光客数は約110万人です[24]。

トラフィック
詳細は、「モロッコの交通」を参照してください。
人々

1961年から2003年までのモロッコの人口増加グラフ。

モロッコの民族地図(1973)。
2004年には、女性が結婚が可能となった年齢である18歳以上になった時代であるムハマド6世のリーダーシップの下、新しい家庭法が制定され、一部の多角的な基準も求められました。しかし、条件が満たされていれば、ポリグラティシステムは依然として許容可能である。特に有名なモロッコのフェミニストとして、イスラム教徒を女性主義的に読むことによって男女平等を達成しようとしているファチマ・メニーは言及されるかもしれない。新しい家族法の制定に伴い、女性は結婚時に夫が複数の妻(イスラム教徒の男性は最大4人の妻を持つことができる)を要求し、女性との離婚を要求することができ、責任は同等となり、女性は自分で結婚を決めることができた[25]。

マイクロクレジット法は1999年に制定され、政府とNGO団体の協力を得て受益者が増えています。

Mining production is influential by phosphate ore (the second largest mining amount in the world), lead ore (seventh place) and cobalt ore (eighth place). We also mined copper, zinc, gold, silver, etc., and natural gas is abundant. However, the mining amount of crude oil is extremely small at 10,000 tons. Mineral resources are concentrated in the fault zone of the Atlas Mountains and are thought to be due to the orogenic activity of the Atlas Mountains. For example, zinc and lead are mined in Ujita near Marrakesh and Melilla. Phosphorus can be collected near Casablanca.

In the desert that can not be used for agriculture etc., it is expanding renewable energy generation. Solar power plants, solar thermal power plants, and wind power plants have been built one after another, and the production of wind power generators by Spanish companies also started in 2017. Plan to increase the ratio of renewable energy (more than 20%) to energy consumption to 52% in 2030 [19].

Agriculture
On the Atlantic coast, on the Mediterranean coast, agriculture that relies on rainfall is possible. The arable land area accounts for 21% of the national land. There are 4.29 million farmers in 2005 (2005). According to the statistics of the United Nations Food and Agriculture Organization (FAO) (2005), 7th largest olive in the world (500 thousand tons, world share of 3.5%) and No. 9 sisal asc (2,200 tons) stand out. Crops exceeding 1% of the world market share sugar beet (4.45 million tons, 1.9%), oranges (1,240,000 tons, 1.5%), tomatoes (1.2 million tons, 1.0%), date palms (69,000 tons, 1.0% is there. The main grain cultivation is wheat (3.4 million tons) which is resistant to drying, then potatoes (1.44 million tons), and barley (1.1 million tons).

Flower planting agriculture such as Rose water rose cultivated in the central and southern region Keaula Muguna ("Rose valley") is also performed [20].

The livestock industry mainly consists of sheep (170.3 million heads) and chickens (140 million chickens).

Industry
In the industry, phosphoric acid fertilizer (the world production number 6th) and olive oil (9th place) are conspicuous, but the food industry such as wine and meat and the sewing industry used for processing trade are thriving. Renault operates two automobile plants, Bombardier manages aircraft parts factory, PSA · Peugeot Citroën and Boeing are also proceeding with local production plan [21].

Trade
Morocco's export value is $ 23.8 billion. Items are machinery (15.9%), clothing (14.4%), chemical fertilizer (8.8%), vegetables / fruits (7.9%), fishes and shellfishes (7.6%). (2011) The electric machine here means electrical cable. Phosphorous ore is cheaper in price, so it is fifth place as a percentage of items. The major partner country, exports are Spain, France, Brazil, Italy, India. (2014)

Morocco's import value is $ 11.6 billion. Items are crude oil (12.0%), fiber (11.9%), electric machinery (11.7%). The main partner countries are Spain, France, China, the United States, Britain. (2014)

In trade with Japan, octopus (61.1%), monongowika (7.3%), clothing (5.1%), in turn, Phosphate ore is also in fifth place. Imports are passenger cars (32.4%), trucks (28.6%), tires (5.6%).

Tourism
From the old urban areas of urban areas such as Fez, Casablanca, Marrakesh, World Heritage sites in various settlement areas such as Ait Ben Haddou, nature such as Sahara desert and Todra Valley can be seen [22]. "Moroccan unique accommodation" called Riyado not only tourist facilities but old residence is known [23]. As a government, we have set up a tourism nation and are putting effort into nurturing human resources and sightseeing spots [24]. Although the proportion of overseas Moroccans is increasing in 2015, the number of tourists numbered about 1.108 million [24].

traffic
For details, see "Traffic in Morocco"
The people

Population increase graph of Morocco from 1961 to 2003.

Ethnic map of Morocco (1973).
In 2004 the new family law was established under the leadership of Muhammad VI, the age at which marriage became possible for women was raised to over 18 years old, and strict criteria for polygamy also became required. However, polygamy system is still acceptable if conditions are satisfied. Especially as a famous Moroccan feminist, Fatima · Melnyie who insists to achieve gender equality by feministly reading Islamist may be mentioned. With the establishment of a new family law, women can request that their husband have more than one wife (Muslim man can have a wife up to four) at the time of marriage, can demand divorce from a woman, The responsibilities became equal, and women were able to decide marriage on their own [25].

The microcredit law was established in 1999, and beneficiaries are increasing with the cooperation of government and NGO organizations.

 

歴史的には、アラブ人は主に平野の平地に良好な状態で住み、アトラス山脈の住人の大半はベルベルです。 2/3人はアラブ人、1/3人はベルベル人であるか、あるいはそれらの混合物がほとんどが最も多いと言われていますが、実際には両者の混合が進んでいます。過去に存在していたベルベル人(リーフ共和国)の独立問題もあり、モロッコ人であるという考えのもと、民族グループによる統計を取るという仕事は国家として行われていない。

一部のモロッコ人のアラブ人はイベリア半島のレコンキスタと17世紀にモリコを追放してアンダルシアから移住したが、そのうちいくつかは今でもスペイン風の姓を持っている。

ユダヤ人はMellerと呼ばれる地区の古代からモロッコの旧地区に住んでいたが、イスラエルやカナダなどへの移住に伴い、イスラエルの設立以来、人口は1万人を下回っている。ブラックアフリカに由来する黒人のような少数民族もいる。

言語
アラビア語とベルベル語は公用語です[1]。大多数の市民は学校教育でアラビア語を学びますが、日常生活ではモロッコ固有のアラビア語のモロッコ方言を話しますので、アラビア語圏の他の住民とのコミュニケーションが難しいです。また、かつてはフランスの保護者であったため、フランス語は第二言語として教えられ、政府、教育、メディア、ビジネスなどで広く使われ、すべての世代に渡るような準公用語となった。一方、北部のモロッコでは、スペインの影響力が強く、スペイン語がよく理解されています。公式文書は基本的にアラビア語で書かれており、いくつかの文書はフランス語で書かれています。商品やガイダンスの表記法などは、アラビア語とフランス語でよく書かれています。

山間部では、「玉縁」と総称されるベルベル語が話されており、タシリヒ(モアヤン、オートアトラス地域)、タスシッツ(アガディール地域、アンチアトラス地域)、タリフィトス(リーフ山地)などに大別されます。また、ベルベル人は国内のアラブ人からシルハと呼ばれていますが、ベルベル自身はイマジゲン(自由党の意味)と呼んでいます。ベルベルが話されていないアラブ家庭で生まれ育ち、ベルベルは多くの場合理解できず、どちらも全く異なる言語です。

宗教
イスラム教徒は1961年の国家宗教であり、イスラム教徒は99%を占めています。キリスト教とユダヤ教は禁止されていません。

教育
初等教育期間は7年間から7年間は義務教育期間ですが、入学率は低いです。モロッコの教育は、初等教育を通じて自由で義務的です。それにもかかわらず、多くの子ども、特に農村部の少女たちはまだ学校に通っていません。教育はアラビア語とフランス語で行われます。 2004年の国勢調査によると、15歳以上の識字率は52.3%(男性65.7%、女性39.6%)である[26]。文盲率は約50%ですが、農村部の女子ではほぼ90%に達しています。

主な高等教育機関には、Al-Kara Vienna University(859)とMuhammad V University of England(1957)があります。

 

Historically, the Arab people live mainly on the plains in the plain with good conditions, and the majority of the inhabitants of the Atlas mountains are Berber. 2/3 are Arabs, 1/3 are Berber people, or a mixture of them is mostly said to be most, but in fact the mixture of both is progressing. There are also independence problems of the Berbers who existed in the past (Reef Republic), and as a nation the task of taking statistics by ethnic group has not been carried out under the idea that both are Moroccans.

Some Moroccan Arabs emigrated from Andalusia by Reconquista in the Iberian Peninsula and expulsion of Morrisco in the 17th century and some of them still have Spanish style surname at the moment.

Jews lived in an old district of Morocco from ancient times in the district called Meller, but since the establishment of Israel has continued a declining trend due to emigration to Israel, Canada, etc., the number of people under 10,000 . There are other minorities such as blacks originating in Black Africa.

language
Arabic and Berber are official languages ​​[1]. The majority of citizens learn regular Arabic in school education but they talk about Arabic Moroccan dialect unique to Morocco in daily life so it is difficult to communicate with other residents of Arabic-speaking countries. Also, since it was once a protectorate of France, French was taught as a second language, widely used in government, education, media, business, etc., and became a quasi-official term such as passing to all generations. Meanwhile, in Morocco in the north, Spanish influence is strong and Spanish is well understood. The official document is basically written in Arabic, and some documents are written in French. Commodities and guidance notation etc are often written in both Arabic and French.

In the mountainous region, Berber language which is collectively called "Tamajiguto" is spoken, and these are roughly divided into Tashrihiti (Moayan, Auto Atlas region), Tasushitz (Agadir region, Anti Atlas region), Tarifitos (Reef mountain region) There. Also, the Berber people are called Silha from domestic Arabs, but the Berber himself calls themselves Imagigen (the meaning of free people). Born and raised in an Arab family where Berber is not spoken, Berber can not understand at all in many cases, and both are completely different languages.

religion
Muslim is the state religion in 1961, and the Muslim Sunnis account for 99%. Christianity and Judaism are not banned either.

education
Elementary education period of 7 years from 7 to 13 years is compulsory education period, but enrollment rate is low. Education in Morocco is free and compulsory through primary education. Nevertheless, many children, especially girls in rural areas, have not yet attended school. Education is done in Arabic and French. According to the 2004 census, the literacy rate of people over the age of 15 is 52.3% (male 65.7%, female 39.6%) [26]. The illiteracy rate is about 50%, but for girls in rural areas it reaches nearly 90%.

Major institutions of higher education include Al-Kara Vienna University (859) and Muhammad V University of England (1957).

Spice of Agadir Central Market.
Moroccan cuisine has long been regarded as one of the most diverse cuisines in the world. This is the result of the interaction of Morocco and the outside world for centuries. Moroccan cuisine is a mixture of Berbel, Spanish, Corsican, Portuguese, Moore, Middle Eastern, Mediterranean and African cuisine. Moroccan cuisine is influenced by indigenous Berbel cuisine, Arab and Andalusian cuisine brought by Moriscos exiled from Spain, Turkish cuisine brought by Turkish, Middle Eastern cuisine brought by Arab people, influence of Jewish food Are equivalent.

Spices are widely used in Moroccan cuisine. Spices have been imported into Morocco for thousands of years, but many of the materials such as tiryuni saffron, Meknes mint and olive, fes orange and lemon are native. The most commonly eaten red meat in Morocco is beef and domestic lamb is preferred but relatively expensive. As the main Moroccan cuisine, couscous, Tajin, Harira etc. are cited. I have a habit of drinking a large amount of sugar added to mint green tea called Azzei.

literature
For details, refer to "Arabic literature" and "Moroccan literature (English version)"

Author Ibn Battuta of "Great Travel".
Moroccan literature is written in Arabic, Berber, French. Literature developed in Al-Andalus is also positioned as Moroccan literature. Morocco under Muwahid experienced the age of prosperity, academic flourishes. In the Muwahid morning, Marrakech was built and founded a book shop that will be called 'the first book city in history'. The Muwahid caliph, Abu Yakuubu, likewise preferred to collect books. He founded a great library and the library eventually became Kasba and became a public library. In medieval times, Ibn Battuta from Tangier wrote travel literature "Great Travels" ("The Three Continents Journey", 1355) that described the experiences of a great trip over Africa, Asia and Europe.

Modern Moroccan literature began in the 1930s. The fact that Morocco was a protectorate of France and Spain has left room for the exchange and writing of literary works consisting of other Arab literature and enjoyment of free contact with Europe to Moroccan intellectuals.

From the 1950s to the 1960s Morocco became the center of shelter, art, led authors like Paul Bowles, Tennessee Williams, William S. Burroughs. Moroccan literature was developed by Arabic writers such as Mohamed Zafszf, Muhammad Chokkri and French writers such as Doris Shribi and Tahar Ben-Jaeln. In contemporary literature, Mr. Muhammad Hale-Edinne, Muhammad Sukuri, Laila Abuzeid, Abdelkeeville Hativi as a French literary from Morocco, and Tahar Ben-Jerne who won the Goncourt award in "Holy night" in 1987 And the like. Also, Arabic Moroccan dialect and oral literature made in Amaigu is indispensable for Moroccan culture. Tennis gradually became popular in the country after the Moscow's first ATP tour tournament, Hasan II Grand Prix was held in 1986 with the name of the King Hasan II of the time. In the 1990's, three men's players appeared at the same time, namely Yunes El Inawai, Karim Alami and Hitcham Aradi, and they will leave remarkable success as Morocco's first international professional tennis player. The Moroccan representative of Davis Cup who began participating in 1961 was a weak country for a long time only as one team in the regional zone since participation, but gradually became stronger along with the activities of the three people who became representatives, In the latter half of the 1990s and the first half of 2000 when it reached its heyday, it became one of the tennis powerkinds who played 5th overall in the top category category World Group. Although three people have retired from the latter half of the 2000s, the next generation did not grow up and it is somewhat weak, but since the three players who entered in the 2010s have been sitting in the singles rankings for the first time in a long time, Leda El · Young people like Amurani are beginning to appear.

Women's tennis also holds the WTA Tour Competition SAR La Princess Lara Maryam Grand Prix with the name of Princess Lara Maryam from 2001. On the other hand, training of domestic female athletes has hardly advanced. Athlete who reached the Grand Slam appearance and tour level as of 2011 are not appearing as one person, and the current situation is that the gap with the world level is large. Morocco of the Fed Cup also began participating in the tournament was the earliest among the Middle Eastern countries in 1966, but after participating in this year, he did not enter the international stage for nearly 30 years until participating again in 1995 It was. After that, we continued intermittent participation, and the total number of years of participation until 2010 has remained only 9 years.

Medical
[icon]
Categories of this section are desired.
Transsexual surgery
In a few countries around the world, people who image "sex change" surgery from the name of Morocco, especially in generations before the birth of 1970, are abundant [citation needed].

This is due to the fact that the male-to-female transsexual surgery, the current sex-compatible surgery technique, was developed by French physician Georges Bouroux who lived in Marrakesh, Morocco. Since the late 1950s when Bruou established the method, many "sex change dancers" who belonged to the famous French cabaret "caruzel" became famous because they underwent surgery of Bruou, for a period of time from all over the world , Men who have the desire to "want to be reborn as a woman" have seen a situation in which a large number of men rush to Maruquez 's Bruou.

Japan is not an exception, and the Japanese performance of "Carrousel" dancer (so-called "Blue Boy"), which was held three times in the 1960s, became one of the reasons for the existence of such sexual change to be known, Where the entertainment celebrity musical carousel Maki and actress Mitsuaki Mitsuoka traveled to Morocco and undergo surgery by Bruou's surgery. In fact, in Japan, the influence of various reports on Carousel Maiki since 1973 spread the image of "sex change operation" = "Morocco" and the influence remained for a long time [27].

Furthermore, Bruou died in 1987, and those who wish for sex change today are receiving mainstream in Thailand with abundant hospitals and doctors who operate.

 

アガディール中央市場のスパイス
モロッコ料理は、世界中で最も多様な料理の一つとされてきました。これは何世紀にもわたってモロッコと外界の交流の結果です。モロッコ料理はBerbel、スペイン料理、コルシカ料理、ポルトガル料理、ムーア料理、中東料理、地中海料理、アフリカ料理が混在しています。モロッコ料理はBerbel先住民料理、スペインから追放されたMoriscosによってもたらされたアラブとアンダルシア料理、アラブ人によってもたらされたトルコ料理、中東料理によってもたらされたトルコ料理、ユダヤ料理の影響を受けます。

スパイスはモロッコ料理で広く使われています。スパイスは何千年もの間モロッコに輸入されてきましたが、チリニ・サフラン、メクネス・ミント、オリーブ、フェス・オレンジ、レモンなどの素材の多くは天然のものです。モロッコで最も一般的に食べられる赤肉は牛肉で、家畜の子羊が好まれますが比較的高価です。主要なモロッコ料理として、クスコ、タジン、ハリラなどが挙げられます。私はAzzeiと呼ばれるミントグリーンティーに多量の砂糖を飲む習慣があります。

文献
詳しくは、「アラビア文学」と「モロッコ文学(英語版)」を参照してください。

著者 "Ibn Battuta"の "Great Travel"。
モロッコ文献はアラビア語、ベルベル、フランス語で書かれています。アルアンダルスで開発された文学も、モロッコの文学として位置づけられています。 Muwahidの下のモロッコは、繁栄の時代、学問的な盛り上がりを経験しました。 Muwahidの朝、マラケシュは建てられ、「歴史の中で最初の本都市」と呼ばれる本屋を設立しました。 Muwahid caliph、Abu Yakuubuも同じように本を集めた。彼は素晴らしい図書館を創設し、図書館は最終的にカスバになり、公共図書館になりました。中世になって、タンジールのイブン・バトゥータは、アフリカ、アジア、ヨーロッパの旅行の経験を書いた旅行文学「Great Travels」(「The Three Continents Journey」、1355)を書いた。

現代のモロッコ文学は1930年代に始まった。モロッコがフランスとスペインの保護領だったという事実は、他のアラブ文学とモロッコ知識人との自由な接触を楽しむ文学作品の交換と執筆の余地を残しています。

1950年代から1960年代にかけて、モロッコはシェルター、アート、ポール・ボウルズ、テネシー・ウィリアムス、ウィリアム・S・バローズのような主導的な作家の中心となった。モロッコ文献は、モハメド・ザフシフ、ムハマド・チョククリ、ドリス・シブリ、タハル・ベン・ヤールンなどのフランスの作家などのアラビア人作家によって開発されました。現代文学では、ムハンマド・ハレ・エディンヌ、ムハンマド・スクリー、ライラ・アブゼジ、モロッコのフランス文学のアブデルキーヴィル・ハティヴィ、1987年の「聖夜」でゴンコート賞を受賞したタハル・ベン・ジュールヌなど。また、モロッコのアラビア語の方言や口頭文学は、モロッコ文化にとって不可欠です。モスクワ初のATPツアートーナメントの後、テニスは徐々に国民の人気を得た。ハサンIIグランプリは1986年にハサン2世の名前で開催された。 1990年代には、ユネスヌ・エル・イナワイ、カライ・アラム、ヒッチャム・アラディといった3人の選手が同時に登場し、モロッコ初の国際的なプロテニス選手として注目を集めました。 1961年に参加したモロッコのデイビス・カップの代表は、参加以来、地域圏内では1つのチームとしてのみ長い間弱い国だったが、代表になった3人の活動とともに徐々に強くなった。後半1990年代と2000年前半にかけて、ワールドグループのトップカテゴリーで5位となったテニス界の力士の一人となった。 2000年代後半から3人が退職したものの、次世代は成長せず、やや弱いが、2010年に入った3人の選手は初めてLeda El・Amuraniのような若者たちが現れ始めている。

女子テニスでは、2001年からララ・マリアム(Lara Maryam)王女の称号を得たWTAツアーコンペティションSARラ・プリンセス・ララ・マリアム・グランプリ(Lara Maryam Grand Prix)も開催されている。一方、国内女子選手のトレーニングはほとんど進んでいない。 2011年のグランドスラムの登場とツアーレベルに達した選手は一人として登場することはなく、世界レベルとのギャップが大きいという現状があります。フェドカップのモロッコも1966年に中東諸国の中で最も早くトーナメントに参加し始めたが、今年も参加して以来、1995年に再び参加するまでは30年近く国際舞台に入っていなかった。その後、間欠的な参加を継続し、2010年までの参加年数はわずか9年間しか残っていません。

 

Muhammad Ali was taking agricultural products monopoly system based mainly on cotton, but in 1838 the Soviet Ottoman Empire signed a free trade agreement with the UK. Muhammad Ally started construction of a dam of Delta in 1845, after the death the monopoly system collapsed and the construction term of the dam extended and three ruled change of rulers went through 1861 and finally completed the completion. At the end of 1858 the Egyptian financial situation was in a state that the issue of treasury bonds had to be issued. We decided to borrow from Charles Laffitte and discount bank (currently BNP Paribas) and repay it with Treasury bonds for the shortfall of the investment paid to Suez Canal Company. When Ismail Pasha approved continuation of investment Napoleon III was arrested for contract liability, penalty spurred bicycle operation. In 1869 Egypt opened the Suez Canal with France. Foreign bonds were issued eight times before and after this (1862-73), and the face value gradually became huge. Egypt inevitably sold the Suez Canal company's interest to the UK at 3.98 million pounds but defaulted in April 1876. [2]

British and France fought over the redemption of debt. Egyptian finance minister was expelled. A debt committee was formed with Italy and Austria. In the second re-schedule, all the direct jurisdictions of the Ismail family were transferred. But land tax revenue stagnated. [3]

In 1882, the anti-British movement (Urabie Revolution), which occurred mainly by Ahmad Olavie, was suppressed by the British. Egypt becomes a British protectorate. As a result, educational expenditure by the government was greatly cut, and so on. In 1914 Egypt was separated from the religious authority of the Ottoman Empire as the British opened up with the Ottoman empire, the nominal sacred country of Egypt by the First World War. In addition, arrest of Saad · Zagrul · expulsion of foreign countries caused the anti-British independence movement 1919 Egyptian revolution broke out, became independent from Britain as a prime minister country.

Independence · Egyptian Kingdom
The Egyptian Kingdom was established on February 28, 1922 after the First World War, and the UK granted its independence the following year, but the British indirect control system continued thereafter.

The Kingdom of Egypt establishes a parliament by laying a constitutional monarchy and aims at moderate moderation, but since the beginning of World War II the Palestinian problem became more serious and the Palestinian War of 1948 to 1949 (the First Middle East War ), The deterioration of the economic situation, the rising of social forces advocating political Islamization (Islamism) such as the Muslim Brotherhood and others.

Republic of Egypt
In response to this situation, in 1952, the military internal secret organization freedom officer coup caused a coup d'etat to king Farouk I as exile, overthrowing the Muhammad Ali morning (Egyptian revolution [4]), only half a year of Fard 2 Muhammad Nagyibu, head of the Free Officers Association, took over as prime minister and grabbed power. In 1953 the following year, the King was abolished and moved to the Republic, Nagybb became the first President while concurrently serving as Prime Minister, the Egyptian Republic was established.

Nasser regime

Gamal Abdul-Nasser. He won the Second Middle East War and nationalized the Suez Canal. Under Nacelle Egypt became the center of pan - Arabism.
Under Gamar Abdul-Nessel who took office as the second president in 1956, Egypt proceeded its own policy which pillars neutral diplomacy under the Cold War and pan-Arabism (Arab nationalism), the third world · Rise as the male of Arab countries. In the same year Egypt took control of nationalization of the Suez Canal and won a political victory in the Second Middle East War (Suez war) broke out by this. In 1958, it combined with Syria to establish the Republic of Arab Republic. But in 1961 Syria withdrew from the Union and the Arab Republic as a state coalition virtually collapsed in just three years. In addition, the 1967 Third War of the Middle East ended in a disastrous defeat, by which the authority of Nasser lost its centripetal force.

The Saadht administration
Anwar Ashsadert, who succeeded Nasser, who died suddenly in 1970, advanced the switching of the nacelle regime, such as transformation of socialist economic policy and reconciliation with Israel. In 1971, it renamed the Egypt-Arab Republic to the Egyptian Arab Republic, abandoning the name of the "Arab Republic" that has been used as the Egyptian nation after the collapse of the state coalition. In addition, Saadart partly approved Islamist forces to counter the leftist in steering the opening of the economy and others. But Saadat bought a rebellion against making peace with Israel realized and was assassinated by the Jihad team of Islamic extremists in 1981. Egypt was gradually advancing economic reform by oil shock.

ムハンマド・アリは、主に綿に基づいて農産物の独占体制を取っていたが、1838年にソ連のオスマン帝国は英国との自由貿易協定に調印した。ムハンマド・アリーは1845年にデルタのダムの建設に着手した。死後、独占体制が崩壊し、ダムの建設期間が延長され、支配者の3回の支配的な変更が1861年まで続き、最終的に完了した。 1858年の終わりに、エジプトの財政状況は、国庫債の発行が行われなければならない状態にあった。我々は、チャールズ・ラフィットとディスカウント・バンク(現BNPパリバ)から借り入れ、スエズ・カナル・カンパニーへの投資不足のために国庫債に返済することにした。 Ismail Pashaが投資の継続を承認したとき、ナポレオンⅢは契約責任のために逮捕され、ペナルティは自転車の運転を促した。 1869年、エジプトはフランスとスエズ運河を開いた。この前後(1862-73)には外国債券が8回発行され、額面金額は徐々に大きくなった。エジプトは必然的にスエズ運河の会社の関心を英国に390万ポンドで売却したが、1876年4月に不履行となった[2]

イギリスとフランスは借金の償還を巡って戦った。エジプトの財務相が追放された。イタリアとオーストリアとの債務委員会が結成された。 2番目の再スケジュールでは、Ismailファミリーのすべての直接管轄区域が移転されました。しかし、土地税収は停滞した。 [3]

1882年には、主にアフマド・オラビー(Ahmad Olavie)によって起こった反英運動(Urabie Revolution)がイギリス人によって抑圧された。エジプトは英国の保護領となる。その結果、政府の教育費が大幅に削減された。 1914年、エジプトはオスマン帝国の宗教的権威から分離されました。オスマン帝国は、第一次世界大戦によってエジプトの名目上の神聖な国でした。さらに、サード・ザグルールの逮捕・外国の追放が英国独立運動を引き起こし、1919年にエジプト革命が起こり、首相国として英国から独立した。

独立・エジプト王国
エジプト王国は、第一次世界大戦後、1922年2月28日に設立され、英国は翌年に独立を認められたが、その後英国の間接管理システムは継続した。

エジプト王国は憲法君主制を樹立して議会を樹立し、適度な節制を目指しているが、第二次世界大戦の始まり以来、パレスチナ問題はより深刻になり、1948年から1949年のパレスチナ戦争(第1次中東戦争)ムスリム同胞団などの政治的イスラム化(イスラム教)を主張する社会的勢力の台頭などが挙げられる。

エジプト共和国
このような状況に対応して、1952年に、軍の内部秘密組織の自由裁判官クーデターは、ファルク2世の半分の年である、ムハンマド・アリ朝(エジプト革命[4])を打ち倒してファルク王1世に亡命したフリー・オフィサー協会のムハマド・ナギブ(Muhammad Nagyibu)首相が首相に就任し、権力を握った。翌1953年に王は廃止され、共和国に移り、Nagybbが首相に就任した最初の大統領となり、エジプト共和国が設立されました。

ナセル政権

Gamal Abdul-Nasser。彼は第二中東戦争に勝利し、スエズ運河を国有化した。ナセルのもとでは、エジプトは汎アラビア主義の中心になった。
1956年に第2代大統領に就任したGamar Abdul-Nesselのもとで、エジプトは冷戦時代の中立外交と第3世界のパン・アラブ主義(アラブナショナリズム)を推進する独自の政策を進めた。同年、エジプトはスエズ運河の国有化を支配し、第2次中東戦争(スエズ戦争)の政治的勝利を勝ち取った。 1958年には、シリアと合流してアラブ共和国を設立しました。しかし、シリアは1961年に連立政権がアラブ首長国連邦から撤退したのはわずか3年で崩壊した。さらに、1967年の第3次中東戦争は、ナセルの権威が求心力を失った悲惨な敗北で終わった。

サドット政権
1970年に突然死亡したナッサーを後任したアンワル・アシャサートは、社会主義経済政策の転換やイスラエルとの和解など、ナセル政権の転換を進めた。 1971年、エジプト・アラブ共和国をエジプト・アラブ共和国に改称し、国家連合の崩壊後にエジプト国民として使われた「アラブ共和国」の名を捨てた。さらに、Saadartは、経済の開放などを支える左翼に対抗するため、イスラム主義勢力の一部を部分的に承認した。しかし、サアダットはイスラエルとの平和を実現するための反乱を買い、1981年にジハードのイスラム過激派のチームによって暗殺された。エジプトはオイルショックによって徐々に経済改革を進めていた。

 

 

 

 

モロッコ・エジプトについて。

先史時代、ベルベルは今日モロッコに登場しました。古代港湾都市はカルタゴのフェニキア人によって沿岸地域に建設されたが、内陸部ではモーリタニア王国ベルベル・マウリが栄えた。カルタゴが紀元前146年の第3次Poeni戦争で破壊されたとき、モレタニアはローマ帝国の国になり、1944年にはClaudius皇帝の命令によってローマの地方モーリタニア・ティンギタナになりました。 ローマ帝国が衰退したとき、429年にドイツ人の破壊者がジブラルタル海峡を渡り、アフリカに侵入した。モーリタニアはユダヤ人1世の時代にローマ帝国東部の下に再びあったが、8世紀初めにはイスラム帝国ウマヤが東から侵略され、モロッコを征服し、モロッコのイスラム化とアラブ化が始まったのである。モロッコを拠点とするアラブ人はジブラルタルを越え、イベリア半島の西ヤギ王国を破壊し、アル・アンダルスのイスラム化を促進した。 788年にAbbasidの権力闘争で敗北した亡命アラブ人Idrisis Iは、イスラム教のベルベル人の支持を得て、偶像崇拝の朝を築いた。さらに、Midrar王朝はサハラ貿易で栄えたSyglia Massaに設立されました。その後、チュニジアから始まったイスマイリのファティミード王朝を経て、ウディヤ朝のアルアンダルスの後、985年にイディリセイが破壊された。 しかし、後のウマヤ朝は1031年に崩壊し、その支配的な領土はティファと呼ばれる中小の州のグループに分かれました。空白の領域になったモロッコは、南部のセネガル川流域から来たムラビの朝の領土となり、1070年には新都市マラケシュが建設されました。 Murabitoの朝にはまた、南部1076がCumbi = Surrey(英語版)を引き継ぎ、ガーナ帝国を破壊し、再び北へ飛行し、統一されたAl-AndalusのジブラルタルでRecconista軍と戦った。 アメリカへの大きな航海 Koutoubia・Muwahid朝のYaakuob Mansourの時代に建てられたモスク。 Las Navas de Trozaの戦い。 Muwahid朝は1130年に設立され、1147年にMuwahid朝はMurabit朝を破壊し、またAl-Andalusを支配した。 Muwahid朝の3rd Yaacuve Mansourの時代、東はリビアへの権力を拡大し、Maghrib全体を含む最大のバージョンを確立しましたが、次のMuhammad NassilはLas Navas de Troussaの12年目になります。 Reconquistaの連合軍に、アンダルシアの大部分を失った。 Muwahidの朝はこの戦闘の後も減少を続け、1269年にMarrakeshはMarinの朝に捕らえられ、破壊された。 海洋の朝はフェスティバルに首都を置き、ナスルル王朝に順応するためにアンダルシアに頻繁に飛んだが、14世紀後半には衰え、1415年にはエンリケ・ポルトガル王国エンリケがジブラルタルの反対側でセウタを巡航した。大航海の時代はセウタの祝典で始まりました。海洋の朝は1470年に崩壊したが、「旅行記録」を書いたイブン=バトゥータなどの文化的人々は活発だった。 1472年、1472年、1472年にカトリック王のもとで生まれたスペイン王国がナスル朝を破壊し、ポルトガルに加えてレコンキスタを完成させた1472年にフェス王国が設立されました。スペインの脅威。ワッタスの朝は衰え、アガディールとポルトガルで捕獲されたものを取り戻したサード朝(サディ)が祭りを捕獲し、1550年に崩壊した。 Saadian朝、彼はYayan朝を破壊し、アルジェリアに進んだオスマン帝国を却下し、1578年Alc Serle・Kibiresとの戦いで侵攻したポルトガル軍を破った。戦い。この事件は、1580年にスペインとハプスブルクの朝にポルトガルの統合を引き起こした。さらに南に向かって、1591年に、彼女は内戦のギャップを打ち、Timbuktuを捕獲し、Songhai帝国を破壊した。しかし、17世紀にSaadoの朝は急速に減少し、1659年に破壊された。 1660年に現在まで続いたアラウィ朝が設立されました。 1757年に噛んだMuhammad IIIはヨーロッパ諸国との友好政策を採り、デンマークから各国と貿易協定を結び、1777年には1777年に世界で初めてアメリカを承認した。 In the prehistoric era Berber appeared in Morocco today. In ancient times a port city was built by the Phoenicians of Carthage in the coastal area, but in the inland area the Mauritanian kingdom of Berber Mauri flourished. When Cartago was destroyed in the Third Poeni War in 146 BC, Mauretania became a nation of Roman Empire and in 1944 it became Roman province Mauritania · Tinggitana by the decree of Emperor Claudius. When the Roman Empire declined, in 429 Germanic Vandals crossed the Strait of Gibraltar and entered Africa. Mauritania was again under the eastern Roman Empire in the age of Justinian 1, but in the beginning of the 8th century the Umayya, the Islamic empire, invaded from the east and conquered Morocco, Morocco's Islamization and Arabization began It was. The Arabs, based in Morocco, crossed Gibraltar, destroyed the West Goat Kingdom on the Iberian Peninsula, and promoted Al-Andalus' Islamization. The exile Arab person Idrisis I who was defeated by the power battle in Abbasid in the year 788 gained the support of the Islamized Berber people and founded the idolace morning. In addition, the Midrar Dynasty was established in Syglia Massa which flourished in the Sahara trade. After that, after undergoing Fatimid dynasty of the Ismaili who started from Tunisia, Idrisey was destroyed in 985 after Al-Andalus in the Umayya morning. However in the later Umayya morning was destroyed in 1031, its dominant territory was divided into small and medium state groups called Tifa. Morocco, which became a blank area of ​​power, became Murabit's morning territory that came from the watershed of the Senegal River in the south, and in 1070 the new city Marrakech was built. In the Murabito morning also attacked the southern side 1076 took over Cumbi = Surrey (English version), destroyed the Ghana Empire, flew again north, fought against Recconista army over Gibraltar, unified Al-Andalus. Great voyage to America Koutoubia · Mosque built in the era of Yaakuob Mansour of Muwahid morning. Battle of Las Navas de Troza. When the Muwahid morning was established in 1130, in 1147 the Muwahid morning destroyed the Murabit morning and also dominated Al-Andalus. In the era of the 3rd Yaacuve Mansour in the Muwahid morning the East extended the power to Libya and established the largest version that included the entire Maghrib, but the following Muhammad Nassil will be in the 12th year of Las Navas de Troussa In the battle lost to the Allied Army of Reconquista, lost the majority of Andalusia. Muwahid morning continued to decline after this battle, and in 1269 Marrakesh was captured by the Marin morning and it was destroyed. The Marine Morning put a capital on the festival and frequently flew to Andalusia to comply with the Nasrul dynasty but faded in the latter half of the 14th century and in 1415 Enrique Portuguese Prince Enrique cruised the ceuta on the other side of Gibraltar did. The age of the great voyage began with the celebration of Ceuta. The Marine morning was destroyed in 1470, but cultural people such as Ibn = Batuta who wrote "travel record" were active. After the destruction of the Marine Morning, in 1472 the Fes Kingdom was established in 1472, when the Kingdom of Spain, born under the Catholic kings in 1492, destroyed the Nasr morning and completed the Reconquista, in addition to Portugal, It also received the threat of Spain. Wattus morning declined and festival was captured by Saado morning (Saddy) which regained Agadir and others captured by Portugal, and it was destroyed in 1550. In the Saadian morning, he dismissed the Ottoman Empire which destroyed the Yayan morning and advanced to Algeria, broke the Portuguese army who invaded in 1578 in the battle of Alc Serle · Kibires in the fight against Christians, Sebastian I King of Portugal He died in battle. This incident triggered the consolidation of Portugal in 1580 in Spain and the Hapsburg morning. Turning further to the south, in 1591, she struck the gap of civil war, captured Timbuktu, destroyed the Songhai empire. However, in the seventeenth century Saado morning declined rapidly, it was destroyed in 1659. The Alawi morning which continued to the present in 1660 was established. Muhammad III who chewed in 1757 adopted a friendly policy with European countries, signed a trade agreement with each country starting with Denmark, and in 1777 approved the United States for the first time in the world in 1777.

その後のSlimaneは孤立政策を採択したが、1830年にフランスがアルジェを征服したとき、マグレブの植民地化が始まったとき、モロッコの主権も危機によって脅かされた。 1844年に、Arawyの朝にAlawiyがフランス軍に侵攻している間に、彼はAbdel Cadderの支援を受けて軍隊を送りましたが、Isleighの戦闘で失われました(英語版)。 1856年、我々は英国との不平等条約を締結し、その孤立政策は崩壊した。 1859年、テトゥワンはスペイン軍の侵略によって捕らえられました(スペイン - モロッコ戦争)。

1873年にミュラー・エル・ハッサン(ミュラー・アル・ハッサン1世)が新しいスルタンを務めました。ベルベルなどの勢力を掃討するため、財政支出などでクルップ銃を導入した。後継者の息子(ミュライ・アブド・アル・アジズⅣ)は未成年者を拘束し、ドイツ帝国は政治を助言した。

【プランA↓↓】以下はプランAについての説明 

 

▼特徴 

価格重視で設計しましたーー!!プランAは特別格安プランであり、通常プランはプランBです。 

 

▼参加費(申込金):

上記の通り

(激安!ホテル宿泊代・航空運賃などコミコミ!!たぶん、朝食もコミ) 
(ただし、大阪・東京以外は、1~3万円程度アップになりますので、別途案内次第、ご入金下さい)

 

▼海外ボランティア手配料:0円(自由参加)※0円で済む手配料が高すぎる業者が多いです。ご注意下さい。 

 

 

▼食事:朝食付の予定(交渉中!!つかないこともあります) 

 

▼食事:朝食等付の予定(交渉中!!つかないこともあります) 

 

▼現地ガイド:ありの予定(日本語対応。日本人のガイドも)。大手旅行会社の海外旅行ツアーに含まれるようなサポートは当然あります→送迎、チェックイン、搭乗手続き、緊急帰国、病院紹介、保険請求案内、貴重品紛失時の警察への届出、ツアー観光相談などのサポート体制ありで安心(海外旅行中の一般的なサポート)。※はじめての海外旅行でも安心です。 

 

▼サポート:運営スタッフ等(普通の社会人・学生・院生)も同じように旅費を支払って、同行というか一緒に参加します→可能な限り孤児院訪問中などは通訳など、必要なサポートするように心がけます。幹事らは毎日、何か企画してどっかに行きます!!(自由参加)。特に大きなトラブルが発生したことはないです、ご安心下さい。 

 

▼航空機 

飛行機はエコノミークラスです。経由便の場合あり。 

(格安バス、格安の飛行機なら東京大阪間&福岡大阪間2500円とからしいよ。国内線や電車、格安高速バスなどで来てください!!)。 

 

▼その他 

日数は、申込人数・航空券の空き状況により、多少短縮する場合があります。 

スーツケース宅配も特別価格でできます。自宅までドライバーがスーツケースを預かりに行き、関空で受け取れます!帰りも関空で出して、自宅に届きます。原則、当日か翌日中には自宅に届きます。 

 

以上は、プランAについての説明。合わせてプランBの内容もご確認下さい。 

 

 

【プランB】以下はプランBについての説明 

▼特徴 

安定重視で設計しましたーー!!(団体割引のない、当プロジェクトの通常プランです) 

 

▼参加費(申込金):

398,000円(発着空港・日数にかかわらず)。

 

(激安!ホテル宿泊代・航空運賃などコミコミ!!朝食もコミ) 

 

(記載の金額は、各種割引適用後の金額です。) 

 

 

▼航空機 

飛行機はエコノミークラスです。プランAとは別の便・航空会社になりますので、発着時間が異なります(未定)。 

 

・安定を求める方はこちらでお願いします。ホテルの部屋タイプ取扱いや飛行機の欠航時の対応がスムーズということになります。チェックイン、搭乗手続きもスムーズで待ち時間がプランAより少ないです。 

・キャンセルチャージがプランAより安いことがほとんどです。飛行機の欠航時などの対応も万全です。キャンセルの可能性がある方や安定を求める方は、こちらのプランBで申込をお願いいたします。 

 

・その他は、ホテルも含めプランAと同じです。 

以上は、プランBについての説明。 

以下は短期参加についての案内。

参加費:未定です。申込後、参加費が正式に決定しましたら、ご案内します(相場になります。ホテル、参加人数により変更になることがあります)。 申込金と参加費の差額は判明次第、ただちにご入金頂きます。

 

関西発着旅費(申込金): 各プランの上記の案内をご覧下さい 

成田or羽田発着旅費(申込金):各プランの上記の案内をご覧下さい 

 

その他:プランAと同じです。 

 

※原則として、仕事、学業等の短期参加の理由がある方のみとさせて頂きます。短期参加のすべてのプランは、通常プランではありません。その他の記載にかかわらず、申込後のキャンセル・変更・第三者譲渡はお受けできない場合があります(時期にかかわらず、キャンセル料発生の対象となることがあります)。キャンセル料は、状況・時期により、要支払額の0%〜100%となります。また、その他の記載にかかわらず、幹事等は同行しないことがあります。 

 

このページ記載の途中帰国を含むすべてのプランについて、成田と羽田はどちらに発着になるかは当方に一任して頂きますので、選択できません。成田と羽田のどちらでもよい方のみお申込ください。短期参加や途中帰国の場合は、航空券+エコノミ~スタンダードクラスのホテル代、送迎代の相場の金額になります。特に団体割引とかはない感じです。 

旅行会社の普通のパッケージツアーの方が多少安いことがあります。 旅費総額の要支払額と旅費(申込金)との差額は判明次第、遅滞なくご精算となります。 

 

※申込後、原則各プランの変更はできませんので、慎重にお選びください。今後、他の日程をリリースすることがあるかもしれませんが、基本的に変更はできません。予め了承ください。

(ここまで短期参加の案内でした。)

 

1904年にフランスのフランス特派員でモロッコを目指すイングランドとフランスの間の妥協が成立し、フランスはモロッコで優位を獲得したが、1905年にイギリスのフランスのネクタイに反対するドイツの帝国はタンジールのケースであった。 1911年、ドイツ帝国は再びアガディール事件を起こし、フランスを脅かしたが、最終的にはドイツが傷ついた。 1912年に大部分の土地がフランスの保護区になり、フランス西部条約では北部のサンゴ礁地域がスペインの領土モロッコ(英語版)となった。


フランス領モロッコ(英語版)ファースト・ガバナー、Hubert・Lyothé。
HubertLyothé将軍は、フランスの領土モロッコ(英語版)の初代総裁に就任しました。大将は政治不安のフェスからラバトに首都を移した。 1913年、ドイツのオリエント銀行のモロッコ支店がソシエテジェネラルに売却されました。 1919年、北アフリカ総合社(ONA Group)が設立されました。 1920年、スペインの領土モロッコ(英語版)のリーフ地域でアブドアルアームが反乱し、第3回リーフ戦争が起こった。アルカイムはリーフ共和国の創設を宣言したが、スペイン陸軍とフランス軍に奪われたリーフ共和国は1925年に崩壊した。独立運動は1930年以来栄えた。

1936年にモロッコのスペイン軍隊のエミリオ・モラ・バイダール(Emilio Mora Bidar)が共和国政府に反抗し、カナビス諸島のフランシスコ支部長が対応し、モロッコに拠点を置く反政府勢力と内戦が始まったことが確認された。スペインの内戦では、約7万人のモロッコ人兵士が反政府勢力と戦った。第二次世界大戦中、フリー・フランスはビシー・フランスからモロッコを引き継いだが、1943年にカザブランカ協議は連合国ウィンストン・チャーチルとフランクリン・ルーズベルトによって行われた。

モロッコは1956年にフランスから独立していた。スペインはセタス、メリリャ、エフニの敵の領土、南モロッコの保護領(Tarfaja province)を除いてスペイン領の領土権を放棄した。 1957年、スルタン・ムハマド5世は王になり、スルタンは廃止された。 1957年には、エヴニ戦争がスペインと共に偶然にわたって発生し、紛争の結果、スペインは南部の保護地域であるTarfaja地域をモロッコに戻した。

The subsequent Slimane adopted isolation policy, but as the French conquered Algiers in 1830, when Maghrib's colonization began, the sovereignty of Morocco was also threatened by the crisis. In 1844, during the Alawiy invasion by the French army during the Arawy morning, he sent an army with support of Abdel Cadder, but lost in Isleigh's battle (English version). In 1856, we concluded an inequality treaty with Britain, and its seclusion policy had collapsed. In 1859 Tetuwan was captured by the invasion of the Spanish army (Spain - Morocco war).

In 1873, Muller-el-Hassan (Mulai al-Hassan I.) served as a new sultan. In order to sweep the forces of the Berber and others, we introduced Krupp gun by fiscal expenditure etc. The successor's son (Mulai Abd al-Aziz IV) adhered to minors and the German empire advised politics.

A compromise between England and France aiming for Morocco in the French French correspondent in 1904 was established and France acquired the superiority right in Morocco, but in 1905 the German empire opposing the British French tie was the Tangier case It caused invasion. In 1911 the German Empire again raised the Agadir incident and threatened France, but eventually Germany compromised. In 1912 the majority of the land became a protectorate of France, and in the French West Treaty the northern reef region became Spanish territory Morocco (English version).


French territory Morocco (English version) First governor, Hubert · Lyothé.
General Hubert Lyothé took office as the first governor of French territory Morocco (English version). The general moved the capital from political unsettling Fes to Rabat. In 1913, the Moroccan branch of Orient Bank in Germany was sold to Societe Generale. In 1919, the North Africa General Company (ONA Group) was established. In 1920 Abd Al-Arm revolted in the Reef region of the Spanish territory Morocco (English version), the third reef war broke out. Alkalem declared the founding of the Republic of Reef, but lost to the Spanish Army and the French Army, the Reef Republic collapsed in 1925. Independence movement has flourished since the 1930s.

General Mr. Emilio Mora Bidar of the Moroccan Spanish army in 1936 rebelled against the Republic Government and Commander of Francisco Franco of the Canary Islands responded and it was confirmed that Morocco-based rebels and government forces Civil war began. In the Spanish civil war, nearly 70,000 Moroccans soldiers fought on the insurgent side. During the Second World War free France took over Morocco from Vichy France and in 1943 the Casablanca talks were held by the Allied countries Winston Churchill and Franklin Roosevelt.

Morocco was independent from France in 1956. Spain abandoned the territorial rights of the Spanish territory except Cetus, Melilla, Efni's enemy territory and the southern Moroccan protectorate (Tarfaja province). In 1957, Sultan Muhammad V became the king and the Sultan was abolished. In 1957, the Evni war broke out with Spain over the Eveni, and as a result of the conflict, Spain returned the Tarfaja region, which was the southern protected territory, to Morocco.

In 1961 Prince Hasan served as king with the death of his father. In the following year the Constitution was enacted in 1962, and Morocco moved to a constitutional monarchy state with strong authority of the monarch. In terms of domestic politics, Hasan II represses political parties, relying on the military and the police to domesticate the domestic market while promoting economic development centered on the introduction of foreign capital, externally to cooperate with the Western countries including the United States While emphasizing, the Palestinian issue supported Arab. In 1965 there was a case of a disappearance in the Paris party leader, Mehdi Ben Baruka of the National People's Alliance Forces (UNFP), which had been developing a movement against Hassan II. As a result of the 6-day war with Israel in 1967, he returned to the Arab world. In 1969, Spain transferred Eihni of the territorial territory to Morocco, but Spain's Western Sahara continued its ownership of Spain. In 1972, the confidence of Hasan II was thick Muhammad Ukkir (English version) General of Ukkir and the elite executive (English version) were carried out, the accident of the Boeing 727 passenger aircraft attempted to be killed by the general, occurred (Years of Lead).

In November 1975, he made a marching transboundary march unmarried to Western Sahara (marching green), effectively controlling Western Sahara. In 1976 the reign of Western Sahara began with Morocco and Mauritania, but the same year the Polysario Front supported by Algeria declared independence of the Saharan-Arab Democratic Republic. After the intense guerrilla war, Mauritania abandoned the territorial rights of Western Sahara, but Morocco continued effective control. In 1989 the Arab Maghreb Convention was signed, which aims to integrate within the Magrig region. The Western Sahara ceasefire was established in 1991, but the referendum was not implemented, and the Western Sahara issue has been an unresolved issue until now.

In 1992 the constitution was revised. Because King Hasan II died in 1999, Prince Sidi Muhammad served as Muhammad VI. The amount of direct investment received rapidly in the same year. In 2002, the Perehill island crisis (English version) occurred and tensions increased with Spain, but American arbitration did not lead to war. A suicide bombing incident occurred in Casablanca by Islamist organization on May 16, 2003. Muhammad VI has taken the initiative in establishing the new family law in 2004 and showed a position to advance liberal reform. The real economic growth rate in Morocco will continue to grow steadily until 2015 at the end, with negative growth in 1997.

In October 2008 when the global financial crisis became most evident, Morocco acquired the "Advanced Status" for the first time in neighboring countries of the EU. "Priority position" in the international economy is given based on the outcome of the action plan in the European neighborhood policy. It was granted to Morocco that it will take a step further from the conclusion of the FTA to realize complete free movement of goods, services and capital and free movement of professionals, and that Morocco's domestic law is aiming at the general EU law (Aki Komono Terre) We aim to accept it. [6]

The constitutional amendment was revised in July due to the disturbance affected by Spring of Arab in 2011. In the beginning of the following year Abdel Iraf Ben Keiran cabinet was inaugurated (until April 2017).

July 17, 2016, Muhammad VI announced the return to the African Union [7] [8]. It announced that it applied for accession in September [9].

On January 31, 2017, at the summit meeting in Addis Ababa, the capital of Ethiopia, re-entry to the African Union was approved [10].

On May 1, 2018, Foreign Minister Burita of Morocco announced that it had severed the diplomatic ties with Iran. Hezbollah (Lebanese Muslim Shiite organization) under the influence of Iran and Iran gave support to Polysario Front which develops independence movement in Western Sahara on the ground that it is giving support via Algeria. Iran has been with Iran even between 2009 and 2014

 

1961年、ハサン王子は父親の死を王として務めました。翌年、憲法は1962年に制定され、モロッコは君主制の強い権限を持つ憲法君主国に移った。ハサン2世は国内政治の観点から、軍事や警察に依拠して国内市場を育成し、外資の導入を中心とした経済発展を推進し、米国を含む西側諸国との協力を外部から強く主張しながら、パレスチナ問題はアラブを支持した。 1965年には、ハッサン2世に対する運動を展開していた国民連合軍(UNFP)のパリ党首であるメヒディ・ベン・バルカ(Mehdi Ben Baruka)に失踪事件がありました。 1967年の6日間のイスラエル戦争の結果、彼はアラブ世界に戻りました。 1969年、スペインは領土領のEihniをモロッコに移したが、スペインの西サハラはスペインの所有権を継続した。 1972年、Hasan IIの自信は厚く、Ukkir将軍とエリート幹部(英語版)Muhammad Ukkir(英語版)が実施され、Boeing 727旅客機の事故が一般に殺されようとしたが、のリード)。

1975年11月、彼は西側のサハラ(行進する緑)に未婚の国境を越えて行進し、西サハラを効果的に支配した。 1976年に西サハラの治世はモロッコとモーリタニアで始まりましたが、同年、アルジェリアが支援したポリサリオ・フロントがサハラ・アラブ民主共和国の独立を宣言しました。激しいゲリラ戦争の後、モーリタニアは西サハラの領土権を放棄したが、モロッコは効果的な支配を続けた。 1989年、Magrig地域内での統合を目指すアラブマグレブ条約が締結された。西サハラ停戦は1991年に成立したが、国民投票は実施されておらず、西サハラ問題はこれまで未解決の問題であった。

1992年に憲法が改正された。 1999年にハサン2世が死亡したため、シディ・ムハマド王子はムハンマド6世として奉仕した。同じ年に直接投資額が急上昇した。 2002年、ペレヒル島の危機(英語版)が発生し、スペインとの緊張が高まったが、アメリカの仲裁は戦争につながりませんでした。ムハンマド6世は、2004年に新しい家族法を制定し、リベラルな改革を進める立場を示した。ムハンマド6世はイスラム教組織によってカサブランカで自殺爆弾事件が発生した。モロッコの実質経済成長率は、最終的に2015年まで着実に増加し、1997年のマイナス成長を続けるであろう。

世界的な金融危機が最も顕著になった2008年10月、モロッコはEUの近隣諸国で初めて「先進的地位」を取得しました。国際経済における「優先順位」は、欧州近隣政策における行動計画の成果に基づいて与えられる。モロッコは、商品、サービス、資本の完全な自由な移動と専門家の自由な移動を実現するためにFTA締結からさらに一歩前進し、モロッコの国内法は一般的なEU法を目指しているTerre)私たちはそれを受け入れることを目指しています。 [6]

憲法改正は、2011年にアラブの春の影響を受けて7月に改訂された。翌年の初め、アブデル・イラフ・ベン・ケイランの内閣が発足した(2017年4月まで)。

2016年7月17日、ムハンマド6世はアフリカ連合への復帰を発表した[7] [8]。 9月に加盟申請したと発表した[9]。

2017年1月31日、エチオピアの首都アディスアベバでの首脳会議で、アフリカ連合への再入国が承認された[10]。

モロッコのブリタ外相は2018年5月1日、イランと外交関係を切り離したと発表した。イランとイランの影響を受けて、イスラエルとイスラエルの影響を受けているヒズボラ(レバノンのイスラム教徒団体)は、西サハラで独立運動を展開するポリサリオ・フロントに、アルジェリア経由の支援を行っているとの理由で支援した。イランは2009年から2014年の間でさえもイランと戦った。

モロッコの土地は、アフリカ大陸の北西端に位置しています。海岸の約3/4は北大西洋に面し、残りは地中海に面しています。東西1300km、南北1000kmに及ぶ国土の形状は、約45度傾いた不規則な四角形のようである。モロッコの南西に分布するカナリア諸島はスペイン領であり、本土を除く土地はありません。地中海沿岸のセウタ(Ceuta)とメリリャ(Melilla)は、スペインの母国の飛行場です。土地追跡で西サハラ南西部を効果的に支配しているが、職業の正当性は国際社会で広く受け入れられていない。西サハラはかつてスペインの植民地(スペインのサハラ)でした。

モロッコには4つの大きな山脈があります。リーフ山脈(El Reef)は他の3つの山脈とは独立しており、地中海に沿って北に向かってセウタとメリラを見下ろす。最高点は約2400メートルです。南部の3つの山脈はアトラス山脈に属しています。アトラス山脈自体はチュニジア北部からアルジェリア北部に渡り、モロッコの南西端まで約2000km延びています。アトラス山脈は、複数の山脈が並行して走る褶曲山脈です。モロッコ国内では、北からアトラス山脈(マウァランアトラス山脈)、グレートアトラス山脈(オートアトラス山脈)、旧アトラス山脈(アトラス山脈)などと呼ばれています。アンチアトラス山脈の南斜面が終わる国境があります。アトラス山脈の平均標高は3000mを超え、国の中心部におおよそ登るTubukal(Tubukal山)(4165m)の山が最高点であり、北アフリカでも最高峰です。モロッコの大都市、例えばカサブランカは、大西洋岸の海岸線、またはモロッコの大平原に沿って、リーフ山脈の西部と中央部のアトラス山脈の北斜面から海岸線まで広がっています。

スペインはジブラルタル流域を横切っている[16]。スペインとモロッコの間で、ユーラシアプレートとアフリカプレートの境界線に当たる。アフリカのプレートが毎年0.6cmの速度で北向きになっているため、アトラス山脈が発生したと考えられます。アトラス山脈の南には、山脈の全長に沿って巨大な断層があります。このため、比較的地震が発生しやすい。 1757年11月19日に発生した地震と1757年4月15日の地震で、リスボン地震と同時に発生した地震では、近隣諸国のアルジェリアでは数多くの地震がありましたが、3000人に達しました。 1960年2月29日の地震は大きな被害であり、死者は1万5000人でした。大きさも明らかではありません。

主要な川には、ムロヤ川、地中海に流れ込むスース川、大西洋に流れ込むスース川、テンシフィット川など約10ヵ所があります。ジス川とレスリー川は、サハラ砂漠に向かって流れています。 Dora川もまたSahara Desertに向かって流れていますが、雨量が非常に多い場合、この川がSaharaの向こうの大西洋に注ぐことがあります。エジプトとスーダンを横断するナイル川を除いて、モロッコは北アフリカで最も発展した水系を持っています。このため、降雨量は少ないものの、総発電量の6%が水力で覆われています。

The land of Morocco is located at the northwest end of the continent of Africa. About 3/4 of the coast faces the North Atlantic Ocean and the rest along the Mediterranean. The shape of the national land extending to 1,300 km east to west and 1000 km north and south seems to be an irregular rectangle which is inclined about 45 degrees. The Canary Islands distributed southwest of Morocco are Spanish territories and have no land except for the mainland. The northern part of the country, Ceuta and Melilla on the Mediterranean coast are the flying grounds of Spain's home country. Although it effectively controls South-West Western Sahara in land-tracking, the legitimacy of occupation is not widely accepted in the international community. Western Sahara was once a Spanish colony (Spanish Sahara).

There are four large mountain ranges in Morocco. The Reef Mountain Range (El · Reef) is independent of the other three mountain ranges and looks down Ceuta and Melilla along the Mediterranean toward the north. The highest point is about 2400 m. The three mountain ranges in the south belong to the Atlas mountains. The Atlas Mountains themselves pass from northern Tunisia to northern Algeria, extending almost 2000 km to the southwest end of Morocco. The Atlas mountain range is a fold mountain range in which multiple mountain ranges run in parallel. In Morocco domestically from the north, the Atlas Mountains (Mawayan Atlas Mountains), the Great Atlas Mountains (Auto Atlas Mountains), the former Atlas Mountains (Anti Atlas Mountains) are called. There is a border where the south slope of the Anti Atlas mountains ends. The average altitude of the Atlas mountains exceeds 3000 m, the mountain of Tubukal (Mount Tubukal) (4165 m) rising roughly in the center of the country is the highest point and it is also the highest peak in North Africa. Major cities in Morocco such as Casablanca are scattered around the coastline of the Atlantic coast, or the Morocco Great Plains spreading from the northern slope of the western and central Atlas mountain ranges of the Reef Mountains to the coastline.

It faces Spain across the Gibraltar Channel [16]. Between Spain and Morocco, it hits the boundary between the Eurasian Plate and the African plate. It is thought that the Atlas mountain range was generated because the African plate northwarded at a rate of 0.6 cm per year. To the south of the Atlas mountain range is a huge fault along the entire length of the mountain range. For this reason, relatively earthquakes are prone to occur. Although there were many record earthquakes in Algeria in neighboring countries, the death toll reached 3000 in both earthquakes occurred on November 19, 1755 and the earthquake on April 15, 1757 at the same time as the Lisbon earthquake. The earthquake of February 29, 1960 was great damage, and the dead was 15,000 people. Neither is the magnitude clear.

Major rivers have about 10 such as the Muroya River that flows into the Mediterranean Sea, the Sousse River flowing into the Atlantic Ocean, and the Tensifit River. The Jith River and the Leslie River are flowing down toward the Sahara desert. Although the Dora River also flows towards the Sahara Desert, this river may pour into the Atlantic Ocean across Sahara when the amount of rain is very high. Except for the Nile River that traverses Egypt and Sudan, Morocco has the most developed water system in North Africa. For this reason, despite the low rainfall, 6% of the total electricity generation is covered by hydraulic power.

 

年間を通して、海洋の熱帯大気が大西洋にあり、北東の風(北東の貿易風)は常に吹いています。このため、モロッコの沿岸に沿って北から南へ流れる寒波電流のカナリー電流が流れます。

ケッペンの気候分類によれば、ステップ気候(Bs)は、アトラス山脈の北部の地中海気候(Cs)と混合されています。アトラス山脈の南斜面はサハラ砂漠に直結し、北部はギルの砂漠であり、南部はドラの砂漠です。気候分類は砂漠気候(BW)である。アトラス山脈は冬には雪が降る。

最大都市カサブランカの気候は1月に12.4度、7月に22.3度です。年間降水量は379.7 mmです。冬の降水量は100mm /月に達しますが、夏には1mm未満です。ラバトの気候はカサブランカとほぼ同じです。

植生
植生は、大西洋沿岸のオアシス、地中海沿岸、内陸部を除いてほとんど見られません。特に大西洋沿岸に森林を形成するのはコルクスケープです。アトラス山脈に着くと、常緑樹の森が広がります。植木はオーク、セイヨギ、パインです。アトラスの山々から南へ進むと、ナツメと潅木はまばらです。栽培樹としてのオリーブは、上記の分布には適用されず、全国をカバーします。 ArganaceaeのArgania Spinosaは固有種であり、Argan oilの原料であり(ネイルケアに優れています)、別名モロッコオイルです。しかし、分布域は狭く、スース川流域に限られている。

森林は国土の12%を占め、農地は18%を占め、農地の5%が灌漑されている。

経済
カサブランカは、モロッコ最大の経済都市であり、アフリカの主要都市でもあります。

IMF統計によると、2015年のモロッコの国内総生産(GDP)は約1031億ドルである。一人当たりの一人当たりGDPは3,079ドルであり、アフリカ諸国では比較的高く、アジアなどの新興国に匹敵する。産油国ではないが、鉱業や軽工業などの産業のバランスは良いが、アフリカでは経済基盤も発展している。埋蔵量世界で6番目に大きなオリーブ栽培など、世界一のリン鉱石と農業を中心とした鉱業が経済に貢献しています。大西洋沿岸は漁場として優れており、タコなども日本に輸出されています。観光資源は豊富で、観光収入は22億ドルに達する。先進工業国とは言い難いが、衣料品などの軽工業の他に、石油精製や肥料などの基礎産業が発展している(以下、統計データはFAO Production Yearbook 2002、2001年国連工業統計年鑑中古)。かつて宗教国であったヨーロッパやアメリカのフランスや他の企業は、自動車、鉄道、航空機部品などの工場数を増やしています。モロッコはアフリカの政治情勢や治安が安定しており、インフラが整っているため、50カ国以上の国々と自由貿易協定(FTA)で輸出しやすい背景がある[17]。 EU加盟国に移住移住したモロッコ人によるその他の送金は、外国為替収入源でもあります。

【参加費(申込金)プランA139,000円に含まれるもの(予定)要支払額は為替レートなどのため、多少変動する場合があります。手配後、確定します。以下のもの以外は含まれておりません】 
航空基本運賃相当額のうち120,000円(出発空港から往復)、(参加人数が一定未満となる場合等は、参加費(申込金)が1~2万円程度加算になります。) ホテル宿泊代のうち19,000円 また希望者のみとあるものは基本的に含まれません。
 
【参加費(申込金)プランA139,000円に含まれないもの目安(予定)相場の金額ですので、各自お調べ下さい.要支払額は、判明次第、ご案内しますので、直ちにお支払下さい】 
海外ボランティアに係る交通費(数百円と思いますが...)、お土産代、その他個人的に支出するもの、空港税、寄託手荷物運賃、機内食、座席指定料、その他の航空会社手数料、燃油特別付加運賃相当額、ホテル税サービス料・税、現地での移動・観光費用、一切の日本における宿泊費・交通費、書類送料510円、オリジナルシャツ代、記載以外の食事代、クレジットカード払いの方は別途決済手数料。現地送迎代金、その他別途幹事が指定するもの 本ツアーでは、その他の記載にかかわらず、海外旅行保険、プランAの場合、別途、5千か1万円程度の外貨両替及びスキューバなどのマリンスポーツ等のツアーいくつかを当方の指定するものを全員で申込します(マリンスポーツ等のツアー予算2~3万円程度)。
お申込状況、ホテルの希望状況などにより、一人部屋追加代金(目安3万円程度~)が必要になる場合があります(その場合でも事前確認は行いません)。このツアーでは、希望状況等により、日本国内のご希望の空港以外に発着となる場合がございます(その場合でも事前確認は行いません)。

 

カサブランカ、タンジェ、ケニトラには、加工と取引のためのフリーゾーンがあります。カサブランカには財政的に自由なゾーン(カサブランカ・ファイナンス・シティ)もあります。モロッコ以外のアフリカ諸国に進出する外国企業に対する税制優遇措置も導入され、アフリカ・ビジネスの拠点となっている。

 

Throughout the year, there is a maritime tropical air mass on the Atlantic Ocean, and the northeast wind (northeast trade wind) is always blowing. For this reason, the canary current of the cold current flows from north to south along the coast of Morocco.

According to Köppen's climate classification, the step climate (Bs) is mixed with the Mediterranean climate (Cs) in the north from the Atlas Mountains. The southern slope of the Atlas mountain ranges directly to the Sahara desert, the northern part is the Ghille desert and the south part is the Dora desert. Climate classification is desert climate (BW). The Atlas mountains have snow in winter.

The climate of the biggest city Casablanca is 12.4 degrees in January and 22.3 degrees in July. Annual rainfall is 379.7 mm. Winter precipitation amounts to 100 mm / month, but in summer it is less than 1 mm. Rabat 's climate is almost the same as Casablanca.

Vegetation
Vegetation can hardly be seen, except for the oasis of the Atlantic coast, Mediterranean shore and inland areas. It is the corkscape that forms forests, especially on the Atlantic coast. When reaching the Atlas Mountains, evergreen forest spreads. The vegetation is oak, seiyogi, pine. At the south further steps from the Atlas mountains, jujube and shrubs are sparse. Olives as cultivation trees do not apply to the above distribution, and cover the entire country. There is Argania Spinosa of Acetaceae as an endemic species, and it is a raw material for Argan oil (excellent for nail care) (aka: Moroccan Oil). However, the distribution area is narrow, and it is confined to the Sousse river basin.

Forests account for 12% of the country's land, farmland occupies 18%, 5% of the agricultural lands are irrigated.

Economy
Casablanca is the largest economic city in Morocco and one of Africa's leading world cities.

According to IMF statistics, Morocco's gross domestic product (GDP) in 2015 is about $ 103.1 billion. The per capita GDP per capita is 3,079 dollars, which is relatively high in African countries, comparable to emerging countries such as Asia. Although it is not an oil producing country, the balance of industries such as mining and light industry is good, and in Africa the economic base is also developed. Reserves The mining centering on the world's No. 1 largest phosphorus ore and agriculture such as the world's sixth largest olive growing contribute to the economy. The Atlantic coast is excellent as a fishing ground and octopus etc are also exported to Japan. Tourism resources are abundant, tourism revenue amounts to 2.2 billion dollars. Although it can not be called an advanced industrialized country, basic industries such as oil refining and fertilizer are developing besides light industries such as clothing and the like (hereafter, the statistical data are FAO Production Yearbook 2002, United Nations Industrial Commodity Statistical Yearbook 2001 was used). French and other companies in Europe and the United States, which once used to be religious countries, are increasing the number of factories such as automobiles, railway and aircraft parts. This is because Morocco is stable in political situation and security in Africa, infrastructure is in place, there is a background that it is easy to export with a free trade agreement (FTA) with more than 50 countries / regions [17]. Other remittance by Moroccans who moved to European Union countries and emigrated is also a source of foreign exchange income.

Casablanca, Tanger and Kenitra have free zones for processing and trading. Casablanca also has a financial free zone (Casablanca · Finance · City). Tax incentives for foreign companies entering African countries other than Morocco are also introduced, becoming a hub of Africa · business 

鉱石生産はリン酸鉱石(世界第2位の鉱山)、鉛鉱石(第7位)、コバルト鉱石(第8位)に影響を及ぼしています。銅、亜鉛、金、銀なども採掘し、天然ガスは豊富です。しかし、原油の採掘量は1万トンと非常に少ない。鉱物資源は、アトラス山脈の断層帯に集中しており、アトラス山脈の起原活動に起因すると考えられています。例えば、亜鉛と鉛は、MarrakeshとMelilla近くのUjitaで採掘されます。リンはカサブランカの近くに集めることができます。

農業などには使えない砂漠では、再生可能エネルギーの発電が拡大しています。 2017年には、太陽光発電所、太陽熱発電所、風力発電所が順次建設され、スペイン企業による風力発電機の生産も開始された。再生可能エネルギー(20%超)エネルギー消費量は2030年に52%になる[19]。

農業
大西洋沿岸、地中海沿岸では、雨に依存した農業が可能です。耕地面積は国土の21%を占める。 2005年の農家は429万人(2005年)である。国連食糧農業機関(FAO)(2005年)の統計によると、世界で7番目に大きなオリーブ(50万トン、世界シェア3.5%)とサイザルアスカ(2,200トン)が目立つ。オレンジ(1,240,000トン、1.5%)、トマト(120万トン、1.0%)、デート・ヤシ(69,000トン、1.0%がそこにあります)の1%を上回る作物が世界シェア・シェア・ビート(445万トン、1.9%主な穀物栽培は、乾燥に耐性のある小麦(340万トン)、ジャガイモ(144万トン)、大麦(110万トン)である。

中部と南部の地域で栽培されたバラの水のような花の植え付け農業は、Keaula Muguna(「ローズバレー」)も実施されている[20]。

畜産業は、主に羊(1億7,030万頭)と鶏(1億4000万羽)で構成されています。

業界
業界ではリン酸肥料(世界生産6位)とオリーブオイル(9位)が目立つが、ワインや肉などの食品産業や加工貿易に使われている縫製産業は盛んである。 Renaultは2つの自動車工場を運営し、Bombardierは航空機部品工場を管理し、PSA・PeugeotCitroënとBoeingも現地生産計画を進めている[21]。

トレード
モロッコの輸出額は238億ドルです。項目は機械(15.9%)、衣料品(14.4%)、化学肥料(8.8%)、野菜/果物(7.9%)、魚介類(7.6%)である。 (2011)電気機械とは電気ケーブルを意味します。燐鉱石は価格が安いので、アイテムのパーセンテージとして5位です。主要なパートナー国であるスペイン、フランス、ブラジル、イタリア、インドが輸出しています。 (2014年)

モロッコの輸入額は116億ドルです。品目は原油(12.0%)、繊維(11.9%)、電気機械(11.7%)です。主なパートナー国は、スペイン、フランス、中国、米国、英国です。 (2014年)

日本との貿易では、タコ(61.1%)、モンゴウイカ(7.3%)、衣類(5.1%)、順にリン酸鉱石が5位です。輸入は、乗用車(32.4%)、トラック(28.6%)、タイヤ(5.6%)です。

観光
フェズ、カサブランカ、マラケシュなどの都市部の旧市街地から、Ait Ben Haddou、サハラ砂漠やTodra Valleyなどの様々な解決地域の世界遺産が見て取れる[22]。 "モロッコのユニークな宿泊施設"とは、観光施設だけでなく、古い住居が知られているリヤド(Riyado)[23]です。政府として、観光国を設立し、人材や観光地の育成に努めています[24]。 2015年には海外のモロッコ人の割合は増加していますが、観光客数は約110万人です[24]。

トラフィック
詳細は、「モロッコの交通」を参照してください。
人々

1961年から2003年までのモロッコの人口増加グラフ。

モロッコの民族地図(1973)。
2004年には、女性が結婚が可能となった年齢である18歳以上になった時代であるムハマド6世のリーダーシップの下、新しい家庭法が制定され、一部の多角的な基準も求められました。しかし、条件が満たされていれば、ポリグラティシステムは依然として許容可能である。特に有名なモロッコのフェミニストとして、イスラム教徒を女性主義的に読むことによって男女平等を達成しようとしているファチマ・メニーは言及されるかもしれない。新しい家族法の制定に伴い、女性は結婚時に夫が複数の妻(イスラム教徒の男性は最大4人の妻を持つことができる)を要求し、女性との離婚を要求することができ、責任は同等となり、女性は自分で結婚を決めることができた[25]。

マイクロクレジット法は1999年に制定され、政府とNGO団体の協力を得て受益者が増えています。

Mining production is influential by phosphate ore (the second largest mining amount in the world), lead ore (seventh place) and cobalt ore (eighth place). We also mined copper, zinc, gold, silver, etc., and natural gas is abundant. However, the mining amount of crude oil is extremely small at 10,000 tons. Mineral resources are concentrated in the fault zone of the Atlas Mountains and are thought to be due to the orogenic activity of the Atlas Mountains. For example, zinc and lead are mined in Ujita near Marrakesh and Melilla. Phosphorus can be collected near Casablanca.

In the desert that can not be used for agriculture etc., it is expanding renewable energy generation. Solar power plants, solar thermal power plants, and wind power plants have been built one after another, and the production of wind power generators by Spanish companies also started in 2017. Plan to increase the ratio of renewable energy (more than 20%) to energy consumption to 52% in 2030 [19].

Agriculture
On the Atlantic coast, on the Mediterranean coast, agriculture that relies on rainfall is possible. The arable land area accounts for 21% of the national land. There are 4.29 million farmers in 2005 (2005). According to the statistics of the United Nations Food and Agriculture Organization (FAO) (2005), 7th largest olive in the world (500 thousand tons, world share of 3.5%) and No. 9 sisal asc (2,200 tons) stand out. Crops exceeding 1% of the world market share sugar beet (4.45 million tons, 1.9%), oranges (1,240,000 tons, 1.5%), tomatoes (1.2 million tons, 1.0%), date palms (69,000 tons, 1.0% is there. The main grain cultivation is wheat (3.4 million tons) which is resistant to drying, then potatoes (1.44 million tons), and barley (1.1 million tons).

Flower planting agriculture such as Rose water rose cultivated in the central and southern region Keaula Muguna ("Rose valley") is also performed [20].

The livestock industry mainly consists of sheep (170.3 million heads) and chickens (140 million chickens).

Industry
In the industry, phosphoric acid fertilizer (the world production number 6th) and olive oil (9th place) are conspicuous, but the food industry such as wine and meat and the sewing industry used for processing trade are thriving. Renault operates two automobile plants, Bombardier manages aircraft parts factory, PSA · Peugeot Citroën and Boeing are also proceeding with local production plan [21].

Trade
Morocco's export value is $ 23.8 billion. Items are machinery (15.9%), clothing (14.4%), chemical fertilizer (8.8%), vegetables / fruits (7.9%), fishes and shellfishes (7.6%). (2011) The electric machine here means electrical cable. Phosphorous ore is cheaper in price, so it is fifth place as a percentage of items. The major partner country, exports are Spain, France, Brazil, Italy, India. (2014)

Morocco's import value is $ 11.6 billion. Items are crude oil (12.0%), fiber (11.9%), electric machinery (11.7%). The main partner countries are Spain, France, China, the United States, Britain. (2014)

In trade with Japan, octopus (61.1%), monongowika (7.3%), clothing (5.1%), in turn, Phosphate ore is also in fifth place. Imports are passenger cars (32.4%), trucks (28.6%), tires (5.6%).

Tourism
From the old urban areas of urban areas such as Fez, Casablanca, Marrakesh, World Heritage sites in various settlement areas such as Ait Ben Haddou, nature such as Sahara desert and Todra Valley can be seen [22]. "Moroccan unique accommodation" called Riyado not only tourist facilities but old residence is known [23]. As a government, we have set up a tourism nation and are putting effort into nurturing human resources and sightseeing spots [24]. Although the proportion of overseas Moroccans is increasing in 2015, the number of tourists numbered about 1.108 million [24].

traffic
For details, see "Traffic in Morocco"
The people

Population increase graph of Morocco from 1961 to 2003.

Ethnic map of Morocco (1973).
In 2004 the new family law was established under the leadership of Muhammad VI, the age at which marriage became possible for women was raised to over 18 years old, and strict criteria for polygamy also became required. However, polygamy system is still acceptable if conditions are satisfied. Especially as a famous Moroccan feminist, Fatima · Melnyie who insists to achieve gender equality by feministly reading Islamist may be mentioned. With the establishment of a new family law, women can request that their husband have more than one wife (Muslim man can have a wife up to four) at the time of marriage, can demand divorce from a woman, The responsibilities became equal, and women were able to decide marriage on their own [25].

The microcredit law was established in 1999, and beneficiaries are increasing with the cooperation of government and NGO organizations.

 

歴史的には、アラブ人は主に平野の平地に良好な状態で住み、アトラス山脈の住人の大半はベルベルです。 2/3人はアラブ人、1/3人はベルベル人であるか、あるいはそれらの混合物がほとんどが最も多いと言われていますが、実際には両者の混合が進んでいます。過去に存在していたベルベル人(リーフ共和国)の独立問題もあり、モロッコ人であるという考えのもと、民族グループによる統計を取るという仕事は国家として行われていない。

一部のモロッコ人のアラブ人はイベリア半島のレコンキスタと17世紀にモリコを追放してアンダルシアから移住したが、そのうちいくつかは今でもスペイン風の姓を持っている。

ユダヤ人はMellerと呼ばれる地区の古代からモロッコの旧地区に住んでいたが、イスラエルやカナダなどへの移住に伴い、イスラエルの設立以来、人口は1万人を下回っている。ブラックアフリカに由来する黒人のような少数民族もいる。

言語
アラビア語とベルベル語は公用語です[1]。大多数の市民は学校教育でアラビア語を学びますが、日常生活ではモロッコ固有のアラビア語のモロッコ方言を話しますので、アラビア語圏の他の住民とのコミュニケーションが難しいです。また、かつてはフランスの保護者であったため、フランス語は第二言語として教えられ、政府、教育、メディア、ビジネスなどで広く使われ、すべての世代に渡るような準公用語となった。一方、北部のモロッコでは、スペインの影響力が強く、スペイン語がよく理解されています。公式文書は基本的にアラビア語で書かれており、いくつかの文書はフランス語で書かれています。商品やガイダンスの表記法などは、アラビア語とフランス語でよく書かれています。

山間部では、「玉縁」と総称されるベルベル語が話されており、タシリヒ(モアヤン、オートアトラス地域)、タスシッツ(アガディール地域、アンチアトラス地域)、タリフィトス(リーフ山地)などに大別されます。また、ベルベル人は国内のアラブ人からシルハと呼ばれていますが、ベルベル自身はイマジゲン(自由党の意味)と呼んでいます。ベルベルが話されていないアラブ家庭で生まれ育ち、ベルベルは多くの場合理解できず、どちらも全く異なる言語です。

宗教
イスラム教徒は1961年の国家宗教であり、イスラム教徒は99%を占めています。キリスト教とユダヤ教は禁止されていません。

教育
初等教育期間は7年間から7年間は義務教育期間ですが、入学率は低いです。モロッコの教育は、初等教育を通じて自由で義務的です。それにもかかわらず、多くの子ども、特に農村部の少女たちはまだ学校に通っていません。教育はアラビア語とフランス語で行われます。 2004年の国勢調査によると、15歳以上の識字率は52.3%(男性65.7%、女性39.6%)である[26]。文盲率は約50%ですが、農村部の女子ではほぼ90%に達しています。

主な高等教育機関には、Al-Kara Vienna University(859)とMuhammad V University of England(1957)があります。

 

Historically, the Arab people live mainly on the plains in the plain with good conditions, and the majority of the inhabitants of the Atlas mountains are Berber. 2/3 are Arabs, 1/3 are Berber people, or a mixture of them is mostly said to be most, but in fact the mixture of both is progressing. There are also independence problems of the Berbers who existed in the past (Reef Republic), and as a nation the task of taking statistics by ethnic group has not been carried out under the idea that both are Moroccans.

Some Moroccan Arabs emigrated from Andalusia by Reconquista in the Iberian Peninsula and expulsion of Morrisco in the 17th century and some of them still have Spanish style surname at the moment.

Jews lived in an old district of Morocco from ancient times in the district called Meller, but since the establishment of Israel has continued a declining trend due to emigration to Israel, Canada, etc., the number of people under 10,000 . There are other minorities such as blacks originating in Black Africa.

language
Arabic and Berber are official languages ​​[1]. The majority of citizens learn regular Arabic in school education but they talk about Arabic Moroccan dialect unique to Morocco in daily life so it is difficult to communicate with other residents of Arabic-speaking countries. Also, since it was once a protectorate of France, French was taught as a second language, widely used in government, education, media, business, etc., and became a quasi-official term such as passing to all generations. Meanwhile, in Morocco in the north, Spanish influence is strong and Spanish is well understood. The official document is basically written in Arabic, and some documents are written in French. Commodities and guidance notation etc are often written in both Arabic and French.

In the mountainous region, Berber language which is collectively called "Tamajiguto" is spoken, and these are roughly divided into Tashrihiti (Moayan, Auto Atlas region), Tasushitz (Agadir region, Anti Atlas region), Tarifitos (Reef mountain region) There. Also, the Berber people are called Silha from domestic Arabs, but the Berber himself calls themselves Imagigen (the meaning of free people). Born and raised in an Arab family where Berber is not spoken, Berber can not understand at all in many cases, and both are completely different languages.

religion
Muslim is the state religion in 1961, and the Muslim Sunnis account for 99%. Christianity and Judaism are not banned either.

education
Elementary education period of 7 years from 7 to 13 years is compulsory education period, but enrollment rate is low. Education in Morocco is free and compulsory through primary education. Nevertheless, many children, especially girls in rural areas, have not yet attended school. Education is done in Arabic and French. According to the 2004 census, the literacy rate of people over the age of 15 is 52.3% (male 65.7%, female 39.6%) [26]. The illiteracy rate is about 50%, but for girls in rural areas it reaches nearly 90%.

Major institutions of higher education include Al-Kara Vienna University (859) and Muhammad V University of England (1957).

Spice of Agadir Central Market.
Moroccan cuisine has long been regarded as one of the most diverse cuisines in the world. This is the result of the interaction of Morocco and the outside world for centuries. Moroccan cuisine is a mixture of Berbel, Spanish, Corsican, Portuguese, Moore, Middle Eastern, Mediterranean and African cuisine. Moroccan cuisine is influenced by indigenous Berbel cuisine, Arab and Andalusian cuisine brought by Moriscos exiled from Spain, Turkish cuisine brought by Turkish, Middle Eastern cuisine brought by Arab people, influence of Jewish food Are equivalent.

Spices are widely used in Moroccan cuisine. Spices have been imported into Morocco for thousands of years, but many of the materials such as tiryuni saffron, Meknes mint and olive, fes orange and lemon are native. The most commonly eaten red meat in Morocco is beef and domestic lamb is preferred but relatively expensive. As the main Moroccan cuisine, couscous, Tajin, Harira etc. are cited. I have a habit of drinking a large amount of sugar added to mint green tea called Azzei.

literature
For details, refer to "Arabic literature" and "Moroccan literature (English version)"

Author Ibn Battuta of "Great Travel".
Moroccan literature is written in Arabic, Berber, French. Literature developed in Al-Andalus is also positioned as Moroccan literature. Morocco under Muwahid experienced the age of prosperity, academic flourishes. In the Muwahid morning, Marrakech was built and founded a book shop that will be called 'the first book city in history'. The Muwahid caliph, Abu Yakuubu, likewise preferred to collect books. He founded a great library and the library eventually became Kasba and became a public library. In medieval times, Ibn Battuta from Tangier wrote travel literature "Great Travels" ("The Three Continents Journey", 1355) that described the experiences of a great trip over Africa, Asia and Europe.

Modern Moroccan literature began in the 1930s. The fact that Morocco was a protectorate of France and Spain has left room for the exchange and writing of literary works consisting of other Arab literature and enjoyment of free contact with Europe to Moroccan intellectuals.

From the 1950s to the 1960s Morocco became the center of shelter, art, led authors like Paul Bowles, Tennessee Williams, William S. Burroughs. Moroccan literature was developed by Arabic writers such as Mohamed Zafszf, Muhammad Chokkri and French writers such as Doris Shribi and Tahar Ben-Jaeln. In contemporary literature, Mr. Muhammad Hale-Edinne, Muhammad Sukuri, Laila Abuzeid, Abdelkeeville Hativi as a French literary from Morocco, and Tahar Ben-Jerne who won the Goncourt award in "Holy night" in 1987 And the like. Also, Arabic Moroccan dialect and oral literature made in Amaigu is indispensable for Moroccan culture. Tennis gradually became popular in the country after the Moscow's first ATP tour tournament, Hasan II Grand Prix was held in 1986 with the name of the King Hasan II of the time. In the 1990's, three men's players appeared at the same time, namely Yunes El Inawai, Karim Alami and Hitcham Aradi, and they will leave remarkable success as Morocco's first international professional tennis player. The Moroccan representative of Davis Cup who began participating in 1961 was a weak country for a long time only as one team in the regional zone since participation, but gradually became stronger along with the activities of the three people who became representatives, In the latter half of the 1990s and the first half of 2000 when it reached its heyday, it became one of the tennis powerkinds who played 5th overall in the top category category World Group. Although three people have retired from the latter half of the 2000s, the next generation did not grow up and it is somewhat weak, but since the three players who entered in the 2010s have been sitting in the singles rankings for the first time in a long time, Leda El · Young people like Amurani are beginning to appear.

Women's tennis also holds the WTA Tour Competition SAR La Princess Lara Maryam Grand Prix with the name of Princess Lara Maryam from 2001. On the other hand, training of domestic female athletes has hardly advanced. Athlete who reached the Grand Slam appearance and tour level as of 2011 are not appearing as one person, and the current situation is that the gap with the world level is large. Morocco of the Fed Cup also began participating in the tournament was the earliest among the Middle Eastern countries in 1966, but after participating in this year, he did not enter the international stage for nearly 30 years until participating again in 1995 It was. After that, we continued intermittent participation, and the total number of years of participation until 2010 has remained only 9 years.

Medical
[icon]
Categories of this section are desired.
Transsexual surgery
In a few countries around the world, people who image "sex change" surgery from the name of Morocco, especially in generations before the birth of 1970, are abundant [citation needed].

This is due to the fact that the male-to-female transsexual surgery, the current sex-compatible surgery technique, was developed by French physician Georges Bouroux who lived in Marrakesh, Morocco. Since the late 1950s when Bruou established the method, many "sex change dancers" who belonged to the famous French cabaret "caruzel" became famous because they underwent surgery of Bruou, for a period of time from all over the world , Men who have the desire to "want to be reborn as a woman" have seen a situation in which a large number of men rush to Maruquez 's Bruou.

Japan is not an exception, and the Japanese performance of "Carrousel" dancer (so-called "Blue Boy"), which was held three times in the 1960s, became one of the reasons for the existence of such sexual change to be known, Where the entertainment celebrity musical carousel Maki and actress Mitsuaki Mitsuoka traveled to Morocco and undergo surgery by Bruou's surgery. In fact, in Japan, the influence of various reports on Carousel Maiki since 1973 spread the image of "sex change operation" = "Morocco" and the influence remained for a long time [27].

Furthermore, Bruou died in 1987, and those who wish for sex change today are receiving mainstream in Thailand with abundant hospitals and doctors who operate.

 

アガディール中央市場のスパイス
モロッコ料理は、世界中で最も多様な料理の一つとされてきました。これは何世紀にもわたってモロッコと外界の交流の結果です。モロッコ料理はBerbel、スペイン料理、コルシカ料理、ポルトガル料理、ムーア料理、中東料理、地中海料理、アフリカ料理が混在しています。モロッコ料理はBerbel先住民料理、スペインから追放されたMoriscosによってもたらされたアラブとアンダルシア料理、アラブ人によってもたらされたトルコ料理、中東料理によってもたらされたトルコ料理、ユダヤ料理の影響を受けます。

スパイスはモロッコ料理で広く使われています。スパイスは何千年もの間モロッコに輸入されてきましたが、チリニ・サフラン、メクネス・ミント、オリーブ、フェス・オレンジ、レモンなどの素材の多くは天然のものです。モロッコで最も一般的に食べられる赤肉は牛肉で、家畜の子羊が好まれますが比較的高価です。主要なモロッコ料理として、クスコ、タジン、ハリラなどが挙げられます。私はAzzeiと呼ばれるミントグリーンティーに多量の砂糖を飲む習慣があります。

文献
詳しくは、「アラビア文学」と「モロッコ文学(英語版)」を参照してください。

著者 "Ibn Battuta"の "Great Travel"。
モロッコ文献はアラビア語、ベルベル、フランス語で書かれています。アルアンダルスで開発された文学も、モロッコの文学として位置づけられています。 Muwahidの下のモロッコは、繁栄の時代、学問的な盛り上がりを経験しました。 Muwahidの朝、マラケシュは建てられ、「歴史の中で最初の本都市」と呼ばれる本屋を設立しました。 Muwahid caliph、Abu Yakuubuも同じように本を集めた。彼は素晴らしい図書館を創設し、図書館は最終的にカスバになり、公共図書館になりました。中世になって、タンジールのイブン・バトゥータは、アフリカ、アジア、ヨーロッパの旅行の経験を書いた旅行文学「Great Travels」(「The Three Continents Journey」、1355)を書いた。

現代のモロッコ文学は1930年代に始まった。モロッコがフランスとスペインの保護領だったという事実は、他のアラブ文学とモロッコ知識人との自由な接触を楽しむ文学作品の交換と執筆の余地を残しています。

1950年代から1960年代にかけて、モロッコはシェルター、アート、ポール・ボウルズ、テネシー・ウィリアムス、ウィリアム・S・バローズのような主導的な作家の中心となった。モロッコ文献は、モハメド・ザフシフ、ムハマド・チョククリ、ドリス・シブリ、タハル・ベン・ヤールンなどのフランスの作家などのアラビア人作家によって開発されました。現代文学では、ムハンマド・ハレ・エディンヌ、ムハンマド・スクリー、ライラ・アブゼジ、モロッコのフランス文学のアブデルキーヴィル・ハティヴィ、1987年の「聖夜」でゴンコート賞を受賞したタハル・ベン・ジュールヌなど。また、モロッコのアラビア語の方言や口頭文学は、モロッコ文化にとって不可欠です。モスクワ初のATPツアートーナメントの後、テニスは徐々に国民の人気を得た。ハサンIIグランプリは1986年にハサン2世の名前で開催された。 1990年代には、ユネスヌ・エル・イナワイ、カライ・アラム、ヒッチャム・アラディといった3人の選手が同時に登場し、モロッコ初の国際的なプロテニス選手として注目を集めました。 1961年に参加したモロッコのデイビス・カップの代表は、参加以来、地域圏内では1つのチームとしてのみ長い間弱い国だったが、代表になった3人の活動とともに徐々に強くなった。後半1990年代と2000年前半にかけて、ワールドグループのトップカテゴリーで5位となったテニス界の力士の一人となった。 2000年代後半から3人が退職したものの、次世代は成長せず、やや弱いが、2010年に入った3人の選手は初めてLeda El・Amuraniのような若者たちが現れ始めている。

女子テニスでは、2001年からララ・マリアム(Lara Maryam)王女の称号を得たWTAツアーコンペティションSARラ・プリンセス・ララ・マリアム・グランプリ(Lara Maryam Grand Prix)も開催されている。一方、国内女子選手のトレーニングはほとんど進んでいない。 2011年のグランドスラムの登場とツアーレベルに達した選手は一人として登場することはなく、世界レベルとのギャップが大きいという現状があります。フェドカップのモロッコも1966年に中東諸国の中で最も早くトーナメントに参加し始めたが、今年も参加して以来、1995年に再び参加するまでは30年近く国際舞台に入っていなかった。その後、間欠的な参加を継続し、2010年までの参加年数はわずか9年間しか残っていません。

 

Muhammad Ali was taking agricultural products monopoly system based mainly on cotton, but in 1838 the Soviet Ottoman Empire signed a free trade agreement with the UK. Muhammad Ally started construction of a dam of Delta in 1845, after the death the monopoly system collapsed and the construction term of the dam extended and three ruled change of rulers went through 1861 and finally completed the completion. At the end of 1858 the Egyptian financial situation was in a state that the issue of treasury bonds had to be issued. We decided to borrow from Charles Laffitte and discount bank (currently BNP Paribas) and repay it with Treasury bonds for the shortfall of the investment paid to Suez Canal Company. When Ismail Pasha approved continuation of investment Napoleon III was arrested for contract liability, penalty spurred bicycle operation. In 1869 Egypt opened the Suez Canal with France. Foreign bonds were issued eight times before and after this (1862-73), and the face value gradually became huge. Egypt inevitably sold the Suez Canal company's interest to the UK at 3.98 million pounds but defaulted in April 1876. [2]

British and France fought over the redemption of debt. Egyptian finance minister was expelled. A debt committee was formed with Italy and Austria. In the second re-schedule, all the direct jurisdictions of the Ismail family were transferred. But land tax revenue stagnated. [3]

In 1882, the anti-British movement (Urabie Revolution), which occurred mainly by Ahmad Olavie, was suppressed by the British. Egypt becomes a British protectorate. As a result, educational expenditure by the government was greatly cut, and so on. In 1914 Egypt was separated from the religious authority of the Ottoman Empire as the British opened up with the Ottoman empire, the nominal sacred country of Egypt by the First World War. In addition, arrest of Saad · Zagrul · expulsion of foreign countries caused the anti-British independence movement 1919 Egyptian revolution broke out, became independent from Britain as a prime minister country.

Independence · Egyptian Kingdom
The Egyptian Kingdom was established on February 28, 1922 after the First World War, and the UK granted its independence the following year, but the British indirect control system continued thereafter.

The Kingdom of Egypt establishes a parliament by laying a constitutional monarchy and aims at moderate moderation, but since the beginning of World War II the Palestinian problem became more serious and the Palestinian War of 1948 to 1949 (the First Middle East War ), The deterioration of the economic situation, the rising of social forces advocating political Islamization (Islamism) such as the Muslim Brotherhood and others.

Republic of Egypt
In response to this situation, in 1952, the military internal secret organization freedom officer coup caused a coup d'etat to king Farouk I as exile, overthrowing the Muhammad Ali morning (Egyptian revolution [4]), only half a year of Fard 2 Muhammad Nagyibu, head of the Free Officers Association, took over as prime minister and grabbed power. In 1953 the following year, the King was abolished and moved to the Republic, Nagybb became the first President while concurrently serving as Prime Minister, the Egyptian Republic was established.

Nasser regime

Gamal Abdul-Nasser. He won the Second Middle East War and nationalized the Suez Canal. Under Nacelle Egypt became the center of pan - Arabism.
Under Gamar Abdul-Nessel who took office as the second president in 1956, Egypt proceeded its own policy which pillars neutral diplomacy under the Cold War and pan-Arabism (Arab nationalism), the third world · Rise as the male of Arab countries. In the same year Egypt took control of nationalization of the Suez Canal and won a political victory in the Second Middle East War (Suez war) broke out by this. In 1958, it combined with Syria to establish the Republic of Arab Republic. But in 1961 Syria withdrew from the Union and the Arab Republic as a state coalition virtually collapsed in just three years. In addition, the 1967 Third War of the Middle East ended in a disastrous defeat, by which the authority of Nasser lost its centripetal force.

The Saadht administration
Anwar Ashsadert, who succeeded Nasser, who died suddenly in 1970, advanced the switching of the nacelle regime, such as transformation of socialist economic policy and reconciliation with Israel. In 1971, it renamed the Egypt-Arab Republic to the Egyptian Arab Republic, abandoning the name of the "Arab Republic" that has been used as the Egyptian nation after the collapse of the state coalition. In addition, Saadart partly approved Islamist forces to counter the leftist in steering the opening of the economy and others. But Saadat bought a rebellion against making peace with Israel realized and was assassinated by the Jihad team of Islamic extremists in 1981. Egypt was gradually advancing economic reform by oil shock.

ムハンマド・アリは、主に綿に基づいて農産物の独占体制を取っていたが、1838年にソ連のオスマン帝国は英国との自由貿易協定に調印した。ムハンマド・アリーは1845年にデルタのダムの建設に着手した。死後、独占体制が崩壊し、ダムの建設期間が延長され、支配者の3回の支配的な変更が1861年まで続き、最終的に完了した。 1858年の終わりに、エジプトの財政状況は、国庫債の発行が行われなければならない状態にあった。我々は、チャールズ・ラフィットとディスカウント・バンク(現BNPパリバ)から借り入れ、スエズ・カナル・カンパニーへの投資不足のために国庫債に返済することにした。 Ismail Pashaが投資の継続を承認したとき、ナポレオンⅢは契約責任のために逮捕され、ペナルティは自転車の運転を促した。 1869年、エジプトはフランスとスエズ運河を開いた。この前後(1862-73)には外国債券が8回発行され、額面金額は徐々に大きくなった。エジプトは必然的にスエズ運河の会社の関心を英国に390万ポンドで売却したが、1876年4月に不履行となった[2]

イギリスとフランスは借金の償還を巡って戦った。エジプトの財務相が追放された。イタリアとオーストリアとの債務委員会が結成された。 2番目の再スケジュールでは、Ismailファミリーのすべての直接管轄区域が移転されました。しかし、土地税収は停滞した。 [3]

1882年には、主にアフマド・オラビー(Ahmad Olavie)によって起こった反英運動(Urabie Revolution)がイギリス人によって抑圧された。エジプトは英国の保護領となる。その結果、政府の教育費が大幅に削減された。 1914年、エジプトはオスマン帝国の宗教的権威から分離されました。オスマン帝国は、第一次世界大戦によってエジプトの名目上の神聖な国でした。さらに、サード・ザグルールの逮捕・外国の追放が英国独立運動を引き起こし、1919年にエジプト革命が起こり、首相国として英国から独立した。

独立・エジプト王国
エジプト王国は、第一次世界大戦後、1922年2月28日に設立され、英国は翌年に独立を認められたが、その後英国の間接管理システムは継続した。

エジプト王国は憲法君主制を樹立して議会を樹立し、適度な節制を目指しているが、第二次世界大戦の始まり以来、パレスチナ問題はより深刻になり、1948年から1949年のパレスチナ戦争(第1次中東戦争)ムスリム同胞団などの政治的イスラム化(イスラム教)を主張する社会的勢力の台頭などが挙げられる。

エジプト共和国
このような状況に対応して、1952年に、軍の内部秘密組織の自由裁判官クーデターは、ファルク2世の半分の年である、ムハンマド・アリ朝(エジプト革命[4])を打ち倒してファルク王1世に亡命したフリー・オフィサー協会のムハマド・ナギブ(Muhammad Nagyibu)首相が首相に就任し、権力を握った。翌1953年に王は廃止され、共和国に移り、Nagybbが首相に就任した最初の大統領となり、エジプト共和国が設立されました。

ナセル政権

Gamal Abdul-Nasser。彼は第二中東戦争に勝利し、スエズ運河を国有化した。ナセルのもとでは、エジプトは汎アラビア主義の中心になった。
1956年に第2代大統領に就任したGamar Abdul-Nesselのもとで、エジプトは冷戦時代の中立外交と第3世界のパン・アラブ主義(アラブナショナリズム)を推進する独自の政策を進めた。同年、エジプトはスエズ運河の国有化を支配し、第2次中東戦争(スエズ戦争)の政治的勝利を勝ち取った。 1958年には、シリアと合流してアラブ共和国を設立しました。しかし、シリアは1961年に連立政権がアラブ首長国連邦から撤退したのはわずか3年で崩壊した。さらに、1967年の第3次中東戦争は、ナセルの権威が求心力を失った悲惨な敗北で終わった。

 

【※あくまで予定です。内容は大幅に変更することがあります。変更が必要と幹事が認める場合は、変更する場合があります。その場合の変更を幹事に一任いただける方のみ申込してください。手作りツアーのため予めご了承下さい。当方が大幅に変更したと認めるとき(例えば、参加費の基本代金部分が3万円超高くなった場合等)は、振込手数料を差引いて、返金します。また、申込人数により、やむなく日程を短縮ないし変更する場合がございます。短縮の場合でも金額は変わらないと思います。】 

 

【キャンセル等について】 

キャンセルは受け付けます普通のツアーではないので、キャンセル料が発生するかは別の人の追加参加があるかどうか等によって決まります。当方の定める必要なキャンセル料を差し引いて2019年6月下旬以降に返金する形になります。申込頂いても、手配不能等の問題が生じる場合があります。キャンセル・手配不能等その他全ての事情で返金が必要となれば、当方の定める必要なキャンセル料を差し引いて(満席による手配不能時は原則キャンセル料不要)返金する形になります。 入金額よりキャンセル料が高い場合は追加でご入金頂くことになります。 

旅行中のトラブルや申込に起因したその他の損害は自己責任でお願いします。この日記の情報その他当方が提供した情報の最終確認は各自で行ってください。日記の内容は更新していきますので、マメに確認してください。プロジェクトの内容は予告なく変更することがあります。 

 

【外貨両替を当方に依頼の場合】 

レターパックプラスで発送予定です。当方では、郵送事故の保証が一切できません(発送後の事故について参加者の責任で解決して頂きます)。こちらの手元で外貨を保管する際には十分注意しますが、火災、盗難、自然災害などの事故時の責を当方は追いかねます。 

 

サドット政権
1970年に突然死亡したナッサーを後任したアンワル・アシャサートは、社会主義経済政策の転換やイスラエルとの和解など、ナセル政権の転換を進めた。 1971年、エジプト・アラブ共和国をエジプト・アラブ共和国に改称し、国家連合の崩壊後にエジプト国民として使われた「アラブ共和国」の名を捨てた。さらに、Saadartは、経済の開放などを支える左翼に対抗するため、イスラム主義勢力の一部を部分的に承認した。しかし、サアダットはイスラエルとの平和を実現するための反乱を買い、1981年にジハードのイスラム過激派のチームによって暗殺された。エジプトはオイルショックによって徐々に経済改革を進めていた。

 


参加メンバー、旅仲間募集、サークルメンバー募集の案内でした。 

(このページはここまでです。) 

モバイルサイト

若者がたくさん集まって海外旅行/海外ボランティア/ダスマホサイトQRコード

若者がたくさん集まって海外旅行/海外ボランティア/ダモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

■あなたも大学生+社会人+若者で海外旅行/海外ボランティア/スタディツアーに行きませんか??【メンバー募集中!】
サイトマップ3



▼Facebookページに「いいね!」をお願いします。
Facebookの一番古い投稿は3年ぐらい前です。抜群の実績と信頼があります!約1万人がいいね!
https://www.facebook.com/海外旅行-1991419397783107/




 









このエントリーをはてなブックマークに追加



→当会の連絡先詳細:http://lockesdistillery.com/about


旅のコラム(オーストラリアとニューヨーク)
旅のコラム(海外旅行にクレジットカードが必須です!)
海外ボランティアコラム(ネパール山村でのボランティア体験より)
旅のコラム(アメリカ旅行で便利な持ち物!)
旅のコラム(コスパと街の雰囲気が決め手!~行ってよかったアジアの街5選~)
旅のコラム(ありきたりな旅はもうおしまい!~日本人観光客の少ない穴場な国を紹介します!~)
旅のコラム(留学経験者が教える! 旅行初心者さんお勧めしたい、ボストンのお勧めポイント5つ)
旅のコラム(海外ではそれ犯罪!○○を拾ったら罰金25万円、トイレで○○で罰金)
旅のコラム(手作り&オーガニックの宝庫!シドニーのオススメマーケット4選)



-8/7-






※※リンクフリー。サイト、ブログをお持ちの方は、このサイトにリンクを貼ってください。http://lockesdistillery.com/※※


TOPへ|無料の短期海外ボランティアツアーに行きませんか?大学生の学生旅行も社会人も|若者125名で海外旅行







ルームシェア大阪東京!
関西学院大学サークル

大阪でダイビングライセンス取得!
┗大阪でダイビングライセンス、ダイビング免許を取ろう!ダイビングツアーを企画していきます!ダイバーデビューしませんか??


東京・神奈川横浜でダイビングライセンス取得!
┗東京・神奈川横浜でダイビングライセンス、ダイビング免許を取ろう!ダイビングツアーを企画していきます!ダイバーデビューしませんか??


神戸大学サークル一覧/新歓飲み会情報
┗神戸大生、神戸大学生にお奨めの情報です!


福岡大学サークル一覧/新歓飲み会一覧
┗福岡大学のお奨めサークル一覧、福岡大学のお勧め新歓飲み会一覧です!


日本大学サークル一覧/新歓飲み会一覧
┗日本大学のお奨めサークル一覧、日本大学のお勧め新歓飲み会一覧です!

近畿大学サークル一覧/新歓飲み会情報

ダイビングインストラクター求人/募集!東京・大阪
┗東京・大阪でダイビングショップの求人/ダイビングインストラクターの募集をお探しの方へ

ダイビングショップ求人/募集!東京・大阪
┗東京・大阪でダイビングインストラクター求人・募集/ダイビングショップの求人をお探しの方へ

龍谷大学サークル一覧/新歓飲み会情報
甲南大学サークル一覧/新歓飲み会情報


旅仲間募集中です!
┗旅仲間募集掲示板。旅仲間を増やそう!

アメリカ横断ツアー
┗アメリカ横断ツアーByキャンピングカーの参加メンバー/旅仲間を募集しております!


ウユニ塩湖ツアー/ウユニ塩湖行き方
┗ウユニ塩湖ツアーを開催します!ウユニ塩湖の情報を載せていきます




プライバシーポリシー


沖縄でダイビングライセンス!


社会人サークル


海外スタディツアー・インターンシップ・国際協力のご案内







ウユニ塩湖の案内





スタディツアー!inアフリカ=ケニア