海外旅行 国際海外ボランティア ダイビング!大学生&社会人

海外旅行/国際・海外ボランティア/ダイビングに行く!学生旅行+社会人旅行って感じです

0000470512.jpg

TOP ≫ セブ島ダイビングor海外ボランティア ≫

フィリピン=セブ島でダイビングライセンス取得or海外ボランティアをするツアー!


▼旅の動画!本当はもっと楽しいです!


▼当ツアーの実際の写真です↓↓(セブの海で)
 

▼語学能力不問の海外ボランティア!孤児院に訪問!(当ツアーの実際の写真↓↓)


旅仲間・ツアーメイト募集中!格安のアフリカ=モロッコ・エジプトへ行こう!


当ツアーを初めて見つけた方へ・・・
重要】まずは〔無料〕資料請求+LINE友達追加↓
<<資料請求&LINE@友達追加はこちら>>
TOPページでも詳しくご案内しております!
 全ては資料請求からはじまります


★このページが今回のプロジェクトの正式な資料になります。
このページにすべての情報が含まれますので、これ以外に資料等は作成しておりません。
★このページの内容が最新情報です。現在、記載の金額で受付けております。価格変動または受付終了次第、このページでお知らせしますので、「まだ大丈夫ですか?」みたいな個別のお問い合わせは必要ありません。


#お申込はこちら
#当会の所在地・連絡先
#当ツアーの素敵さ
#Q&Aコーナー
#ご自身で直接ホテル・航空券の手配が可能です
#参加したら…VS参加しなかったら…


■お申込はこちら
※お申込前のすべてのお問い合わせはこちらの掲示板からに限定させて頂いております。

▼現地外貨を含め、クレジットカード(分割/リボ払いOK!)ビットコインBitcoinもご利用頂けますクレジットカードは家族名義/友達名義などでOK!クレジットカード払いの場合は、一部、現金での入金が必要ですクレジットカードのご利用についてはこちら (Bitcoinは一部入金不要)
クレジットカード決済OK

★★こちらのツアーは受付終了しました。現在募集中のツアーはLINEまたは資料請求して下さい★★

【まとめ】




1.セブ島でダイビングライセンス取得&観光ツアー!【6名程度の完全少人数グループ制!大人数苦手な方もバッチリ!】
2019年2月11日~21日(うちの旅はあっという間よ?)
参加費:59,000円(ホテル宿泊代+航空券運賃などコミコミ)★★ライセンス指導料無料★★
特徴:講習そのものが実際にきれいな海でダイビングを楽しみながらやるスタイルの講習を目指します!安全第一/毎日違うところを潜水予定!日本人インストラクター&日本語指導 初心者、ダイビングしたことない方向け、オープンウォーターライセンス(Cカード)取得を目指すツアーです(PADI国際ライセンス)、まず足の着く深さから練習します!OWDお持ちの方のPADIアドバンス取得ツアー!
スケジュール(目安):2/12セブ島観光スポット巡り(自由参加)、2/13~15海洋講習(アドバンスの方は14-15)、15夜打ち上げ!(自由参加)、16ボホール島のめっちゃきれいなポイントでライセンス記念ダイブ?(自由参加)、17・18・19・20ド定番を効率よく!カワサン滝やボホール島のチョコレートヒルズ観光(自由参加)など。希望者は語学能力不問の孤児院訪問して子供と遊ぶ海外ボランティアなど下記2.ツアーのボランティア/スタディツアーにも参加OK(自由参加)。
#当ツアーの魅力はこちら
発着:東京・大阪・福岡・中部・札幌・沖縄・仙台です(原則同じ発着メンバーでグルーピングします)。
(福岡・中部は4千~1万程度、札幌・沖縄・仙台は1万円~2万円程度アップになる場合がありますので、別途案内次第、ご入金下さい)
【備考】事前に教材をお送りして、十分に勉強して頂きますので、安心して参加できます。事前に日本人インストラクターにメールや電話で質問することができます。
 
2.セブ島で海外ボランティアツアー!【6名程度の完全少人数グループ制】
2019年2月16日~21日(うちの旅はあっという間よ?)
参加費:54,000円(ホテル宿泊代+航空券運賃などコミコミ)
内容:語学能力不問の孤児院訪問して子供と遊ぶ海外ボランティア、ゴミ山ダンピングサイト訪問などのスタディツアー、ストレートチルドレンを探して話を聞いたり一緒にご飯したり(フィールドワーク)、ド定番を効率よく!カワサン滝やボホール島のチョコレートヒルズ観光にもご参加頂けます(自由参加)。日々幹事が企画する観光ツアーに参加するかorスタディツアーにでかけるかor自由行動/別行動されるかをご選択ください(自由選択)。
発着:東京・大阪・福岡・中部・札幌・沖縄・仙台です(原則同じ発着メンバーでグルーピングします)。
(福岡・中部は4千~1万程度、札幌・沖縄・仙台は1万円~2万円程度アップになる場合がありますので、別途案内次第、ご入金下さい)
 
3.セブ島でダイビングライセンス取得のみツアー!【6名程度の完全少人数グループ制】
2019年2月11日~17日(うちの旅はあっという間よ?)
参加費:54,000円(ホテル宿泊代+航空券運賃などコミコミ)
内容:上記1のスケジュールなどをご覧ください。
発着:東京・大阪・福岡・中部・札幌・沖縄・仙台です(原則同じ発着メンバーでグルーピングします)。
(福岡・中部は4千~1万程度、札幌・沖縄・仙台は1万円~2万円程度アップになる場合がありますので、別途案内次第、ご入金下さい)

★上記日程は日本出発&日本到着日です。上記2と3の旅は短期参加となります。

 
 
【特別割引中!】【期間限定】現在2万円OFFキャンペーン中です。上記は2万円OFF後の金額です。他の割引などとの併用はできません。

★上記は、期間限定早割20,000円OFF後の金額です。その他の割引との併用はできませんが、有効期限内のリツイートクーポンなどをお持ちの方は、500円のみ割引致しますので、上記より500円引いてご入金ください。
★近日中の申込人数等により日程を短縮する場合があります。


★朝食等もコミコミの予定です★

対象:全国の男女。大学生もその他学生も社会人も。
(職業・国籍・お住まいなどによる制限はありません)

【お申込み方法】

 


このページ及び下記の各URLを一番下の「このページはここまでです」と書かれた場所まで、よくご確認、ご同意の上、お申込頂きます。

(1)お申込みフォームを入力(最終の申込)
申込=当日または翌日の入金を決めたら、お申込フォームを https://goo.gl/TrrtyM よりご入力下さい。
★クレジットカードでのお支払いをご希望の方はこちらをご覧ください
(一部、現金入金が必要です)
★分割払い等を希望の方はまずはこちらでローン等をお申込下さい。

★リピーターの方はこちらのフォームではなく、LINEまたはFacebookでご連絡ください。
ご入力の当日または翌日にご入金をお願いします(ご入金確認まで手配などは行いません)。
また、無駄な個人情報をお預かりしたくありませんので、翌日中にご入金されない方はご入力されないようお願いします。

■【お願い】確認メールが1分以内に届かない場合は、迷惑メールフォルダなどをご確認ください。完了画面(=入力後、表示される画面)でも同じ内容が表示されます(ので、確認メールが届かない!みたいなお問い合わせは必要ありません)。完了画面の内容は保存してください。

(2)翌日までにご入金をお願いします。


(3)ご入金報告をお願いします(専用のLINEまたはメールで)。
(詳しい入金報告の方法はお申込フォームの完了画面、確認メールをご確認下さい)

 
 
Q.入金後の手続きを詳しく教えてください。
A.普通に旅行会社とかに海外旅行ツアーを申込された場合と基本的には同じです。
 
海外旅行はじめて&初心者の方は・・・・(旅行会社もこんなこといちいち書いてない気がしますが、我々は丁寧なので↓笑)

1・入金確認が取れ次第、お伺い書(申込書みたいな感じ)ホームページ上で入力頂きます。
2・必要な場合は、お伺い書(申込書みたいな感じ)・自己紹介シートなどをご提出いただく場合があります。その他、諸手続きがある場合は、メールでご案内します(出発3週間までにメールで案内します)。
3・航空チケットなど、出発に必要な資料のお届け(出発1週間前を目安、一部航空会社は2日前となる場合があります)

【クレジットカード決済をご希望の場合】

・不正利用防止のため、一部を現金にてご入金頂いております。

・まずは、4万円を現金でご入金頂きます。4万円以外をカード決済させて頂きます。※なるべく、全額の現金支払をお奨めしております(なお、上記の金額以上であれば、いくらでもOKです。残額をカード決済させて頂きます)。

・全額のクレジットカード決済を希望の場合は、クレジットカードでのキャッシング(コンビニATM等からお金を引出し、分割払い等ができます。詳しくはカード裏面記載のカード会社にお問合せ下さい)またはローンで現金を引き出して頂いた上でお申込頂き、現金でご入金下さい。

お申込フォームをご入力頂き、上記金額を現金でご入金頂きます。入金確認後、カード情報を入力して頂くURLフォームをお送りします。

・VISA、master、JCB、americanexpress、dinersがご利用頂けます。極力、VISAまたはmasterでお願いします。
・リボ,分割(3,5,6,10,12,15,18,20,24 回),ボーナス払いもリクエストして頂けます。その場合でも、一回払いになる場合もありますので、その場合は、分割・リボ払いは決済後にクレジットカード会社にお申込みください。ほとんどのカード会社で決済後、分割やリボ払いに変更できます。
・家族や友人名義のカードなどでもOKです。複数名でお申込の場合も1名あたり上記の金額の現金入金が必要となります。

#お申込はこちら
#このページのTOPへ

 

【商品券】

 

VISA,JCBの商品券がご利用いただけます。書留等でご送付頂きます。まずは、利用できるか確認致しますので、写メを添えて、ご連絡ください。

#お申込はこちら
#このページのTOPへ

【本ツアーの魅力】



■今回のコンセプト:誰もがうらやむ旅
(誰もがうらやむ旅を作りました~!!)

 


 

 
・ダイビングの国際ライセンスが取得できる(指導料無料!!)(自由参加)
・ルームシェア風のスティが選べるかも!(数日間ルームシェア体験)(自由参加)
・海外ボランティア体験ができる!孤児院訪問!(自由参加)
・世界の今を知るスタディツアー!スラム街訪問、刑務所訪問、ゴミ山訪問(自由参加)※安全対策を十分講じるものです。マネしないでください。
・効率よく観光スポットを巡ります!マリンスポーツ三昧dayを作ります(自由参加)。
・世界遺産にいける!(自由参加)

【ここが違う!】
・センスのいいゴージャスなホテル!



ホテル:安全で快適で素敵でゴージャスなホテル!せっかく行くならいいホテルに行きたい!
(お部屋でWIFIできる5つ星MAXで4つ星、5つ星クラスを利用したいと考えております)

▼センスのいい素敵なホテル(イメージ)

マカオ
こんなホテル泊まってみたいよね!
出典://sys.amsstudio.jp/region/baggage_leo/tokyo/0000010219/usersimages/0000377056.jpg

海外ホテル
誰もが憧れるホテルへ行こう!
出典:http://www.vogue.co.jp/uploads/media/2013/03/25/15-1599-themulia-1.jpg?1364195515

セブ島
プールサイトバーはほしいよね?
出典:http://appleworld.com/apl/recommend/topics2/imgs2/201410_3p_hotel2_main4.jpg


・全国に素敵すぎる仲間ができる!



(当ツアーの実際の写真↓)
バリ島ビーチ


・1人初参加で100%楽しい!100%初日に仲良し!独自ノウハウ、独自プログラム!

 



ただの旅行じゃない!
ココでしかできない旅!ココでしかない夏!


1人初参加で100%楽しい宣言!100%初日に仲良し宣言!
その秘密はこちらのコラムをお読みください。

もちろん友達との参加も歓迎!

(当ツアーの実際の写真↓)
キャンドルナイト

(当ツアーの実際の写真↓)
花火

・ルームシェア風ステイが選べるかも!(自由参加/数日程度)

 



当ツアーメンバーで素敵なマンション一室/貸別荘一棟を借りきりたい!
数日間はホテル泊じゃなくて、ルームシェア風のスティが選べるようハウスオーナーと交渉中!


 素敵なお家で素敵な想い出を作ろう!っていう企画。
ルームシェアをイメージしながら、想い出を作ろう企画!先着優先、お早めにね!

▼素敵なお家!(実際に当ツアーで利用したマンション写真です↓)
モルディブ 貸し別荘 マンション アパート
(実際に当ツアーで利用したマンション写真です↓)
ビーチリゾート 貸別荘 マンション アパート ホテル


▼今回は海の見えるハウスがいいね!素敵なお家に一緒に住みませんか??
別荘
https://www.kanucha.jp/up_img/detail/89ddbd7b55fb899ef83ab02cff45d50b.jpg
velassaru_maldives4
http://www.hotels55.net/blog/2013/velassaru_maldives4.jpg

 

 



■世界遺産に訪問できる!(自由参加)

 

 



マニラ
↑きれいね。こんなところに行きたくないですか??
出典:http://img.4travel.jp/img/tcs/t/album/500/10/90/51/500_10905144.jpg?1405922554


■世界の今を知る!スタディツアー(自由参加)
刑務所・スラム街に訪問!ディープな旅

 



貧困 フィリピン マニラ
出典:http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/h/hiroshisj/20110603/20110603172449.jpg

「世界の今がわかる価値のあるスタディツアーです。」
※現地人ガイド、住人/行政/地元警察の理解など安全対策はバッチリします。よい子も悪い子もマネしないでね笑※

 

 

 

ここでしかできないディープな旅企画です!

 

 

普通の旅にはもう飽きた??そんな方は、ぜひ!!


このスラム街、刑務所訪問は人気番組クレージージャニーにインスパイアされた企画です(笑)

 

クレージージャニー:https://www.youtube.com/watch?v=4ZxIIANbxcU

 

松本人志&設楽統&小池栄子


4.セブ島の魅力!

■超絶きれいなビーチをみんなで見よう!(自由参加/セブ島)

セブ島のビーチでカクテル

 

■孤児院訪問ボランティア!(自由参加/セブ島)



(当ツアーの実際の写真↓)
海外ボランティアバリ島孤児院

・1日~参加できます!他の日には普通に旅行、観光、イベント、マリンスポーツなどをできます。

・子供たちと遊ぶ。「気にかける誰か」がいることを伝えて勇気づけられればGood!

・数日以上訪問する場合は、おむつ交換などお手伝いできることがあるかもしれません。

・日本料理を教えるセッションなどをもつのもいいかもしれません。

・孤児院などに物資の支援をしましょう。
食料品/文房具などを届けましょう。

(当ツアーの実際の写真↓)
孤児院に物資を届ける大学生、社会人孤児院に物資を届ける大学生、社会人
孤児院に物資を届ける大学生、社会人孤児院に物資を届ける大学生、社会人

関連ページ:フィリピンセブ島孤児院訪問<活動報告>

 


■ダンピングサイト(ゴミ山)訪問(セブ島/自由参加)
(世界の今を知り発信するスタディツアー)

 



(当ツアーの実際の写真↓)
フィリピンセブ島段ビングサイト、ゴミ山

・特に訪問するだけでやれることはないですね。

・でも、きっと学ぶことがあるはずです。

関連ページ:フィリピン=セブ島での海外ボランティア<活動報告>※下部


■マリンスポーツ三昧
(セブ島)

 



Tr00100420110113114629432 (1)
http://activities.his-j.com/images/tour//SPN0053/Tr00100420110113114629432.jpg

 

 


■ジェットスキーしよう!!(免許不要で運転できる!)(自由参加)
(セブ島)

 

 



a741c75c5a154830b04c24b405439ca3

免許なしで運転させてもらえるみたいですよ~~(海況などによる)


■ダイビング(インストラクターと一緒だから安心/ライセンス不要)
(セブ島)

 

 



47af9dd08ce64002843ef638e29b2b97

 

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/46/d3/47af9dd08ce64002843ef638e29b2b97.jpg


image
出典:https://img2.mypl.net/image.php?id=192795&p=shopi&s=490_740&op=

20140904-3

http://www.mscsaipan.com/blog/wp-content/uploads/2014/09/20140904-3.jpg


diver-549380_1280

 


■国際ダイビングライセンスが取得できます!
(自由参加/セブ島)

 

 


 


ダイビング ニモ 
 ⇒新しい世界にチャレンジしよう!指導料は0円。


 ⇒みんなで”ワイワイ楽しく”ライセンスを取ろう!はじめての方もライセンスお持ちの方のグレードアップも。

 一緒にダイバーになろうではありませんかー??
normal_s
Cカード(オープンウォーターダイバー)

 ※希望人数などにより、ご希望に添えない場合があります。

★すでにライセンスをお待ちの方は、アドバンスやスペシャルティもOK!!


■のんびり優雅でエレガントな旅をモットーに!



エレガントな旅

エレガントな高級レストラン

 

▼ご確認事項
 
下記の各URLを一番下の「このページはここまでです」と書かれた場所まで、よくご確認、ご同意の上、お申込をお願いします。
 
▼ご案内(このページをご確認ください。
 
▼総合案内: 
 
▼Q&Aコーナー:
 
▼参加条件等:
 
 
※申込前のすべての当方への連絡は フォーム:http://urx.nu/8g22 へお願いします。それ以外の方法でのご連絡には対応できません。
(毎日100件とか問合せがあるので、個別返信できておりません。お問い合わせの95%以上は、webに書いてあることです。まずは、webをお確かめください。ほとんどの場合個別返信は行いませんが、重要なものは、2~3週間を目安にHPに反映したいと思います。
HPに書いてある・公開していない内容・未定の内容・重要でないものにはご回答差し上げておりません。ほとんどの場合個別返信は行いませんので、返信がなくてもお気になさらないで下さい。またmixi・FB・お問い合わせフォームの2つ以上に連絡するのは辞めて下さい。どれか1つでお願いします。) 
※このページに含まれるリンク先の入金時点の記載内容はよくご確認・ご理解・ご同意の上申込下さい(このメール/ページ及び各リンク先をPCから印刷し、かつ電磁的記録を保存して下さい。
※入金時にATMから出てくるレシート(利用明細)やインターネット振込時の画面の記録など、振込みを確認できる資料を必ず保管してください。ご提出をお願いする場合があります。


 

【【当プロジェクトの素敵さ”まとめ”】】

 

 
■70%以上が一人初参加になるように調整(もちろん友達との参加も大歓迎!)

 ⇒一人初参加で安心!一人参加もお友達と参加も大歓迎♪

[[無料の資料請求はこちら]]※すべては資料請求からはじまる!
 
■自由行動もOK!

 ⇒せっかくの旅行ですので、最低限必要以上に行動を制限することは基本的にありません。強制的な毎日のミーティングなどは基本的にありません。

 
■毎日楽しすぎるイベント・観光・ディナーを企画するので安心(自由参加)

 ⇒一人初参加でもご心配なく。みんなが仲良しになれるように独自ノウハウ、独自プログラムがあります!!国際海外ボランティア、世界一周、素敵な仲間ができる!などココでしかできない旅があります。
※イベントなどへの参加はご希望に添えない場合があります。

 

[[無料の資料請求はこちら]]※すべては資料請求からはじまる!
 
■募集人数が108名と大人数!だから、気の合う仲間がすぐにできる!

 ⇒はっちゃけたい人も、しっとりいきたい人もバッチリ♪気の合う友達がすぐにできる!

 
■全国の10代20代~35歳の同年代限定!

 ⇒だから、すぐに打ち解けられる!!無礼講ポリシー。年齢関係なく、仲良くしましょう。
 
[[無料の資料請求はこちら]]※すべては資料請求からはじまる!
 
■団体割引+独自ノウハウで格安・激安!宇宙最安値を宣言中!(インド人もビックリの安さ!笑)

 ⇒安く海外旅行/国際・海外ボランティアをしちゃいましょう♪学生の方は、春休みや夏休みを最高にしましょう♪格安・激安・最安値・安いをモットーに。
 

 
■全国に素敵すぎる仲間ができます!
 ⇒仕事などで新しい地に行く方は、新しい土地に先に友達ができちゃいます。引っ越し先で仲良しな仲間がいれば素敵だよね!
 
■独自ノウハウ・独自プログラム実施!一人初参加で初日にみんな仲良し!(自由参加)

 ⇒初日にみんな仲良し!!5年以上の伝統と実績があります。2009年発足、2010年が第一回目のプロジェクトです。一人初参加も友達との参加も大歓迎!

[[無料の資料請求はこちら]]※すべては資料請求からはじまる!


■短期の海外ボランティアツアー、短期の国際ボランティアツアーも体験できる!!(自由参加)
0000277848
 ⇒単なる旅行じゃない、それ以上の経験を!一生もんの想い出を。スタディツアー、国際ボランティアツアー、海外ボランティアツアーは、1日だけとか気軽に参加できます(自由参加)。春休み、夏休みの短期のスタディツアー、国際ボランティアツアー、短期海外ボランティアツアーの募集を探している大学生は、コレに決まりです!もちろん学生だけじゃなくて、社会人も毎回多数が短期海外ボランティア、短期国際ボランティアに参加します!!2017年春休み・2016年夏休みの海外ボランティア/スタディツアーをお探しなら!


■帰国後も仲良し!(自由参加)
0000280491000032149767984_373590399423387_1511167737_n
(写真はカラーラン、水掛け合うイベント、ディズニーランド)
 ⇒(自由参加ですけど)福岡、大阪、東京、名古屋、北海道とかいろいろな場所で飲み会(同窓会?)や旅行が行われています。旅行が好きなアクティブなメンバーが多いので、国内旅行や海外旅行も頻繁に行われています。沖縄、ダイビング、スノボ、ディズニーランド、USJとかもいいね♡

 
[[無料の資料請求はこちら]]※すべては資料請求からはじまる!


■日本の空港で集合して⇒みんなで行く!だから安心!楽しい!
 ⇒海外旅行はじめてでもバッチリOK心配無用!日本の空港で同じ便に乗るメンバーで集合できます。でも、免税店に早く行きたいとかいう人は集合しなくてもOKです!旅行は楽しくなくちゃ!自由を重んじております! さらに多くのツアーで、前泊をしたり、安心して楽しく参加して頂けます!
 
 
■現地では、普通に友達と旅行に行くのと同じ感覚で!!
 ⇒特別なことはありません!ただ、みんなで海外旅行に行き、希望者は自由に海外ボランティア/国際ボランティア/スタディツアーしたり、ダイビングしたり、遊んだり、朝まで飲んだり、のんびりしたり、観光したりする!ただ、それだけの素敵すぎるプロジェクトです。


■ダイビングライセンス講習費が0円!
 ⇒ダイバーデビューしたい方はこの機会に是非!!みんなでワイワイ、ダイビングしましょー!!(自由参加)(ビーチリゾートに行くほとんどのプログラムで実施します!)ちなみにスキューバダイビング(=海に潜る方ね!笑)。

[[無料の資料請求はこちら]]※すべては資料請求からはじまる!


■「また参加したい!」98%以上の抜群の実績(アンケートより)

0000305340


■企画会議で飲まれたコーヒー1000杯以上(笑)
image (22)image (21)
 ⇒秘密の企画会議では、独自ノウハウをもとに、洗練された・卓越したツアーになるように、ものすごく研究・調査を重ねています!”ここでしかできない旅”&世界一楽しい&高い品質&宇宙最安値&コスパ世界一!になるように企画しています。

 これらの検討項目は、多岐に渡ります。大人数のため小規模なホテルが使えないなどの制約条件を考慮することはもちろんですが、ホテルの立地、ホテルの防音性能、プールやプライベートビーチの開放時間、航空会社の安全性に関する評判、運行される機体(例えば、ウユニ塩湖のツアーでは、ボーイングの最新機種787ドリームライナーに乗れます!!そうした安全性と快適性が深く考慮されている卓越したツアーなのです)など多くの一般の旅行者が見落としがちの点も海外経験豊富なプロデューサーたちにより、考慮されております。安全・安心を第一に検討しております。複数の大手旅行会社のパッケージツアーを分析し、そのいいところを総取りして、さらに深度のある検討を行っております。独自ノウハウがあります!そして、大切なポリシー=安ければいいのではなくて、品質を優先しています!例えばホテルは、5つ星が最高の評価で、4つ星5つ星ホテルを中心に検討(大学生にも社会人にも満足いく旅です!)。それでも、粗悪なボロホテルに泊まる一般のツアーより安い格安旅行を目指します。自由行動もOK!そのような卓越した高品質なツアー/プログラムに団体割り+独自ノウハウで安く!格安で!激安で!最安値で!参加できるチャンスなのです!!”ここでしかできない旅”なのです。心から満足できて、「また参加したい」と言われる最高の旅を目指します!

 ∴全国に友達ができる等、既存の旅行会社のツアーや既存の国際・海外ボランティア団体の一般的な国際・海外ボランティアツアー/スタディツアーとは全く比較できない卓越したプロジェクトなのです!

[[無料の資料請求はこちら]]※すべては資料請求からはじまる!
 
■楽しすぎるプロデューサーたち↓↓

 ⇒楽しいプロデューサーを募集しております。みんなで楽しい旅を作り上げましょう♪

0000276549.jpg
↑帰国後、ディズニーランドに行った時の写真です

 

【Q&Aコーナー】

Q.まだ先のことなので、参加できるかわかりません…。 or とりあえずの申込でもいいですか?
A.とりあえず、申込してください。みんないろいろあるのでわかりませんょ。よほどのことがない限り日程を空けておくということで申し込みされることをお奨めします。団体のため飛行機等に空きが少なくなってきているようです。状況・条件等にもよりますが、キャンセル料も出発31日前までかかりません(通常プランの場合)。いろいろあるでしょうけど、とりあえず申込されることをお奨めします。キャンセルはできても、あとで追加参加はできないかもしれないので…急いでください。安い航空券が売切れますので、参加費は遅くなれば高くなることが多いです。


Q.パスポート持ってないけど… 
A.現在持っていなくても、申込できます。旅行にお申込み後、パスポートを申請してください。パスポートはほとんどの場合、1~2週間ぐらいで取得できます。なるべく、早めに取得しておいた方がよいでしょう。


Q.入金後の手続きを詳しく教えてください。

A.普通に旅行会社とかに海外旅行ツアーを申込された場合と同じです。

海外旅行はじめて&初心者の方は・・・・(旅行会社もこんなこといちいち書いてない気がしますが、我々は丁寧なので↓笑)

1・お伺い書(申込書みたいなやつ?)提出(出発1ヶ月前までにメールで案内します。ホームページ上で入力頂く場合もあります)
2・自己紹介シートなどをご提出いただく場合があります。その他、諸手続きがある場合は、メールでご案内します。
3・航空チケットなど、出発に必要な資料のお届け(出発1週間前を目安、一部航空会社は2日前となる場合があります)

 


Q.ちょっと心配です… 不安です。。。
A.みんな不安はあると思います。あなたも大丈夫ですよ。本当に普通の人が参加しています。参加する人は少ないので、参加できなくても大丈夫ですが、事前に飲み会・短期の国内旅行ともやります(一部まだ申込検討中の方も参加できます)。毎回みんな楽しい&いい人ばかりですぐに友達ができます。帰ってきてからも交流しています☆ 
 またSNSで見つけたので、ちょっと心配って方もいるみたいなんですけど、サークルって掲示板みたり、ビラみたりして知るもんだと思いますよ!
 ★Facebookやツイッターの一番古い投稿は3年以上前です。伝統と実績が確認できます!
 http://lockesdistillery.com/aboutus.html よりご確認ください。

 それでも不安って方は、参加されずに、またそのうちってことで大丈夫ですよ(不安やからと申込後いっぱい連絡されたりしてもお互いイイ事ないです・・・)。
 ■参加を勇気を出して、ご決断頂いた普通の人は問題ないです⇒ぜひ、ご参加下さい!(必要性がよくわからない質問をいっぱいしてきて参加しない斬新な方にウンザリしているだけです・・・笑 大半の普通の人は全く問題ないでーす)

Q.人見知りですが、大丈夫ですか?
A.大丈夫です。人見知りという方も多いですし、どんな人でもすぐに友達ができるように独自プログラムを実施しています。独自ノウハウで、初日には驚くほど、みんな仲良しです!!

Q.【その他、常識的に考えて、こちらに対して、失礼なこと、不快なこと、無礼なことを質問、言ってくる方・・・】
A.もちろん参加できません!!
常識に反するような方は、一緒に旅行にいくのは固く遠慮させて頂きます。「信用して大丈夫ですか?」みたいなことわざわざ言ってくる方は、不快なだけでなく、うまくやっていけませんので、申込なさらないでください。大半の人には、関係がなく、無駄に記載になり、申し訳ございません。
(信じられないことにたまにいますので、書いてます!笑) ※そういう”常識に反する、ふてぶてしい”人がいない、いい人ばっかりの楽しい旅ですので、普通の方は安心してご参加ください!!


全般についてのQ&Aコーナーもお読みください。

【その他、有用な質問があれば追加していきます。】
【Goodな質問をお寄せください。他の方にも有益な質問をお待ちしております。】
 

 


【ご自身で直接ホテル・航空券の手配が可能です】

お好きな旅行会社などで、ご自身でホテル・航空券を手配して頂き、ホテル・航空券の予約を確認できる書類等の写メと合わせて、ご連絡ください。ホテルを合わせたい場合は、航空券のみご手配の上、ご連絡くださいませ。
いいホテルだと、相当かかってくるかと思いますけど。

 


【参加した方は・・・】

楽しかった想い出、一生もんの経験、素敵すぎる想い出(参加したから!)

全国に素敵すぎる友達ができる(参加したから!)

帰国後も仲良しのメンバーと遊んだり、ディズニーやUSJいったり、旅行したり、お花見したり、スノボしたり、ハロウィーンしたり、イベントしたり(参加したから!)


【参加しなかった方は・・・】

×平凡な毎日、ありきたりの日々(参加しなかったから…)

×全国に友達が増えなかった!!(参加しなかったから…)

×指をくわえて、「ただいま」系の投稿を見つめるだけ!笑 (参加しなかったから…)



実際の「ただいま」系の投稿・・・


 

少しの「勇気」で人生変えられるかもしれません!勇気を出して、今すぐ!申込しましょう!!
 
 お留守番して、「ただいま」投稿を眺める…それはかわいそう。ダメ。

【さぁ、一緒に最高の旅行に行きましょう!!】


++++++


【”つぶやき”+コメント欄+質問掲示板】
★足跡残していってください★


・「行きたい!とか」「行きたいところ」「やりたいこと」「感想」「今後企画してほしいこと」とかなんでも”つぶやき”OKです。

当方に企画してほしいツアーのリクエストなどOK!お気軽に”つぶやき”して下さい。Facebook等へのログインは不要です。

・皆さまのコメント・ご意見・フィードバックがいい旅を作ります!!

・質問もOKです。当ツアーに関すること、海外旅行に関する一般的な質問、海外ボランティア・国際ボランティアに関する一般的な質問などなんでもOK!(当方の海外経験豊富なエキスパートから返信があるかも)

返信機能があります。誰か答えてあげてください(公式と書かれているもの以外は当方からの正式な回答ではありません)。※混乱しないように「正式じゃない」的なこと書いてあげてくださいね。


【みんなに役立つグッド・クエスションをお待ちしております!】

当ツアーに関する質問で重要なもの/みんなに役立つGoodQuestionは、1~2週間以内に返信またはQ&A更新などホームページ上で反映させて頂きます(ほとんどの質問に当方から個別返信は致しませんので、お気になさらないでください)。でも、誰かから返信があるかもしれません!当ツアーに関する質問には、1.対象のツアー(行き先)、2.ご質問内容、3.その質問の意図、意義、意味、効果(なぜ、その質問をするのか)、4.常識で考えて予想される回答、5.どういう回答であれば、ご参加されるかを明記してください(質問された後に申込された方は、Facebookメッセージなどでお知らせくだされば幸いです)。

次の場合には、ご回答の対象としておりませんので、Q&Aなどもよくご確認下さい。・記載していること(は記載の通りですので)・未定のこと(聞かれても困る!笑)・記載していないことは原則非公開としています・重要かどうか判然としないこと。


(大半の質問してくる方は、必要性がよくわからない質問をいっぱいしてきて参加しないという斬新な方が多いので、イイ質問をしてくださって参加してくださる方には、申し訳ございませんが、ご協力をお願いします)。申込前のすべてのご質問は基本的にこちらのコメント欄からして頂くようお願いします↓Q&Aコーナーもご確認下さい。

★★うらやましいのか、既存の海外ボランティアツアー業者なのか、なんなのかわからないのですが、たまに荒らし・中傷書き込みする人がいます。荒らしが発生しても、相手にせず無視してもらって、当方に通報してください。システムにより荒らしと判定された場合は、直ちにHP上で反映されない場合があります★★

上が名前(ニックネーム)で下がコメント欄になります。

★あなたの簡単な自己紹介を入れるとよいかもしれません!!「一言足跡を残そう」

掲示板はこちらです。


 

 

セブ島について

詳細(英語:Cebu Island)は、フィリピンの中部ビサヤ諸島の島で、南北に225kmに渡って広がる細く大きな島である。面積は4422km2。周囲はマクタン島、半タヤン島、マラージャンパースカート島、オランダと島など小さな島々に囲まれている。

東に鴨川テス海とカモテスト制度を挟んでレイテ島、ボホール海峡を挟んでボホール島の西側にタノン海峡を挟んでネグロス島の南にしホール島の北にビサヤしを行う。

島全体とその付属島が詳細に島の東海岸中部に位置し、人口72万主導の詳細、マンダウエ市をはじめとする6つの都市があり、マニラ首都圏(メトロマニラ)に続き、首都圏の地下鉄・詳細を形成している。州全体の人口は3,356,137人(2000年調査)で、そのうち300万人がセブ島に住んでいる。ほとんどの人は、セブアノ語を話し、これはビサヤ諸島の共通言語となっている[1]。

マクタン島は景色が風通しが良く、一般的に言ってセブリゾートはここマクタン島を指している場合が多く、外国人移住者も多い。 1521年マゼラン上陸スペインの統治が開始とともに、フィリピンを世界史の舞台に導くきっかけとなった。支配者たちは宗教、食文化をはじめとする生活スタイルや建築様式に至るまで大きな影響を及ぼして、フィリピン全域に浸透させていった。セブ市は、まず、スペインの植民地となった植民都市であり、その名残である建築物と遺跡があちこちに残っている。セブ市は現在、フィリピンの起源でもある。また、昔の大きな市場カルボン市場があるほか、観光客相手の巨大ショッピングモールやリゾートホテルセブ市とマクタン島に多くのものがある。

Cebu Island is an island in the central Bissay Islands in the Philippines and is a large and elongated island stretching for 225 km north and south. The area is 4422km2. The surrounding area is surrounded by small islands such as Mactan Island, Van Thanh Island, Marapasuka Island, and Orang Island.

To the east, along the Kamothese Sea and the Kamothese Islands, the Leyte Island and the Bohol Channel, between the Strait of Tachen on the west of Bohol Island, and the north of the island of Shikihoru on the south of Negros Island.

The entire island and its islands are located in central Cebu on the east coast of Cebu Island, with a population of 720,000, including six cities including Cebu and Mandaue, and the metropolitan subway, Cebu, following the Manila metropolitan area (Metro Manila) . The province has a total population of 3,356,137 (surveyed in 2000), of which 3 million live on Cebu Island. Most people speak Cebuano, which has become the common language of the Viseya system [1].

Mactan Island is well-ventilated, and generally speaking, Cebu is often referred to here as Mactan Island. Landing of Magellan in 1521 With the beginning of Spanish rule, it became the opportunity to lead the Philippines to the stage of world history. The rulers have had a profound impact on religion, food culture, lifestyle and architecture, and have penetrated throughout the Philippines. Cebu City is a colonial city that first became a colony of Spain, and its remains of architecture and heritage remain in many places. Cebu City is also the current Philippines origin. In addition to the old market market, there is a huge shopping mall and resort hotel in Cebu and Mactan Island.

 

詳細本島は長細い島で両側を海峡に囲まれている。島の中部東海岸に面した小さな島がリゾート・マクタン島であり、国際空港と経済特区、ホテル、ショッピングセンターがある一方、美しいビーチやダイビングもある。島の北に半分タヤン島、多アンバンタヤン島がある。その他の無数の小さな美しい島に囲まれており、そのうちのオランと環礁などの無人島冒険を求めて観光客の目的地となっている。

詳細大理石の高原地帯と海岸平野に分かれて、典型的な熱帯の島の風景を成している。また、蛇行丘の群れと険しい山脈が島を南北に縦断している。山の高さ1,000mに達するが、これらを覆う森は不十分である。大きな平地は島の北とセブ市周辺に見られる。

より観光客と産業への投資を誘致するために、州政府は、インフラ整備に余念がない。特にマクタン島はセブとマクタンマンダウエ橋とマルセロフェルナン橋両足に接続されているが、このような簡単な行動で、さらに第三の足を掛けるか、または海底トンネルを作成したり、議論が起きている。しかし、すべての財政裏付けが不足している。

歴史
「詳細#歴史」と「フィリピンの歴史」も参照して
スペインの到来以前より詳細(当時はびしょ濡れZubuまたはビサヤ語でス駆け足Sugboと呼ばれた)は、明シャムアラビア、マレーシアなどの交易の拠点として栄えた。

マゼランの航海

スペイン人が描いたのアボリジニ
「フェルディナンドマゼラン」を参照
1521年3月16日、ポルトガルの航海士フェルディナンドマゼランはセブ島に到着した。彼はスペイン王の命を受けて探索途中ヨーロッパでも有名なモルッカ諸島に西回り航路を開拓島の実態を調査し、東方、スペインの領土を広げることができるか調査する旅行の目的だった。マゼランのマレー奴隷エンリケは着陸後言葉ようやく通じると述べた。マゼランは一時船員に訪問したマライ語圏に帰ってきたのは、世界を一周したことに気づいた。

マゼランは、詳細の大名ラジャ夫馬本を説得、スペイン王カール5世への忠誠を誓った。スペインドミニコ会修道士が同乗していたもので、この航海は、フィリピンのクリスチャン宣教の最初の波となった。 4月14日マゼランは、大きな木製の十字架を詳細海岸に立て400人の詳細人が洗礼を受けた。詳細の王と王妃も洗礼、スペイン王夫婦に敬意を表し、それぞれカルロスとジュニという洗礼名を受けた。後の詳細の守護聖人になる若いイエスの上サント・ニーニョ賞、スペイン側と詳細側平和の証拠として王妃に伝達された。

詳細のミッションと同盟の成功に勇気をマゼランは横のマクタン島と海峡を渡った。マクタンにはイスラム教徒永住(争い)ラプラプイていた。 4月27日、両者の間に戦闘が行われマゼランは戦死負荷は島の住民に追い出された。歴史年表作家アントニオ血がペタウン負荷が香料と宝石を島に差し出そもマゼランの遺体は取り戻すことができなかった書く。後ラプラプは、フィリピンの侵略に対する抵抗の象徴が、現在は、マクタン島にマゼランの布教を帯びた記念碑とラプラプの戦いを称えた記念碑が並んで建っている。

マゼランの部下の一人フアン・セバスティアンエルカノが指揮を受け継いで損傷が激しいコンセプシオン号を焼き捨て2隻が残存艦隊を率いてスペインに戻った。彼らは詳細に来たときの西向き航路とは反対方向の東に航路をとったので、彼らは最初に世界を一周した人になった。

スペインの征服と植民地時代

19世紀のセブ市
マゼラン艦隊の生存者は、スペイン帰国後の東にある楽園の価値を報告した。しばらくして継続探検家が航海に発送したが、いずれも失敗に終わった。

マゼランの詳細到着後44年後、1565年の征服者(征服者)ミゲル・ロペス・デレガスピは500人の武装した兵士と性オーガスタチノ会とフランシスコの修道士を連れてマリアナ諸島とビサヤ諸島の各島を経て詳細に到着、スペイン王の王冠の下の島の支配を進めると宣言した。レガスピはラジャ夫馬本王の息子ラジャトゥパス王の要塞を砲撃ス久保村を破壊した。彼らは後に村を再建し、名前を変更ヴィラデルサンティ下・ノンブレデヘスス(Villa del Santisimo Nombre deJesúsイエスの最も聖なる名の村)で、教会や大学を建設した。 1569年この町は、スペイン議会(SpanishCortés)によって、フィリピンに設立された最初の集落となった。レガスピの負荷はさらに兵士を率いてマニラを強打し、これを征服した。

1571年8月14日の詳細(ヴィラデルサンティ下・ノンブレデヘスス)はマニラの教区から脱し、独立した司教となった。レガスピが同年マニラに新たに設立した集落に本社を移した後も、彼は詳細を無視して守備隊と支社を採用して村を管理し、兵士の半分は、詳細に残した。以降の詳細、スペインの植民都市として繁栄が続いた。

3世紀後、1898年6月12日、スペインの支配は倒れ独立宣言されたが、ずっと米国の侵入によって再び植民地支配が続いた。 1901年の詳細村(municipality)に1937年2月24日都市(chartered city)となった。

15〜19世紀のフィリピン貿易
「マニラガレオン」を参照
スペインの統治下に、メキシコから輸入したシルバーと東南アジア各地と中国の産物を中南米に運ぶ拠点に貿易が盛んに行われた。

フィリピンのマニラガレオンというフィリピン製の大型帆船が多く、乾燥されていた。

第二次世界大戦
太平洋戦争中の1942年4月、日本軍が詳細に上陸した。日本軍占領時代、フィリピンで最も人口が密集した詳細は、重要な物資補給ポイント・軍事拠点となっていた。 1945年3月に占領3年後に米軍が上陸。日本軍はレイテ島で後退してきた部隊を含む従事したが、兵力と武装に落ち、セブ市は、米軍に奪還された。制海権を握った日本軍は、他の島に退去を放棄山岳部にこもって、住民によるゲリラ軍の間でゲリラ戦を続けて終戦を迎え多数が降伏した。

第二次世界大戦後、
前後セブ島は観光地としてアメリカ人と日本人でにぎわった。また、フィリピンで多くの外資系企業が進出した。 1970年代から1980年代にかけての政治不安と共産ゲリラ活動の時代ゲリラが隠れている山少し詳細は比較的安全な場所に進出対象に選定した。人口は増加の一途を辿っていたが、一方で貧困層も周辺の島で流入している。


詳細最大の都市セブ市
詳細の経済は、伝統的な海辺のリゾートと遊戯(カジノプロボクシング)のショッピングなどの観光中小産業の様々なカスタマイズや小規模商業が中心だが、最近[いつ?]家具の製造の高まりによって、セブ市はフィリピン家具産業の首都と呼ばれるまでになった。詳細の通商産業省は、輸出に耐え製品を作る家具など、中小企業の育成に力を注いでいる。詳細森が失われた山の表面が露出しているので、家具の原料となる木材ではなく、他の島や海外での輸入に依存している。また、マクタン島は、輸出の経済特区が二つの産業誘致に余念がない。

家具製造のほか高まっているのは、情報通信・ソフトウェア業界で、セブ市は、フィリピン中部のIT都市となっている。ソフトウェア制作やアウトソーシングをする企業が詳細に本社を置き、米国などの企業でのコールセンター業務を担当している。詳細しい情報通信分野での成長を目指して東南アジアのソフトウェアと電子サービスのハブになろう政策を実施している。

Cebu Island is surrounded by a strait on both sides of a shallow island. The small island facing the eastern coast of the island is the Resort Mactan Island, with international airports, economic zones, hotels, shopping centers, and beautiful beaches and diving. On the north side of the island is the island of Van Tayan, and the island of Danvan Tayan. Surrounded by a myriad of beautiful and beautiful islands, among which are the destinations of tourists seeking uninhabited adventures such as the Orango Atoll.

Detail The marble plateau and coastal plains form a typical tropical island landscape. Also, a crowd of steep hills and steep mountain ranges end the island from north to south. The mountains are 1,000 meters high, but the forests covering them are inadequate. The large plains are visible in the north of the island and around Cebu City.

In order to attract more tourist and industrial investment, the state has no intention of improving infrastructure. In particular, the island of Mactan is connected by two bridges to Cebu and Mactan Mandau Bridge and Marcelo Fernan Bridge, but in this simple action, the third bridge is being built or a submarine tunnel is being created or discussed. But they all lack financial support.

history
See also "Cebu # History" and "Philippine History"
Before its arrival in Spain, Cebu (called Zubu or Sugai in the Bisaya at the time) flourished as a base of trade with Ming, Sharm Arabia and Malaysia.

Magellan's Voyage

Spanish native Aboriginal
See "Ferdinand Magellan"
On March 16, 1521, Portuguese navigator Ferdinand Magellan arrived at Cebu Island. He was named after the king of Spain, and during the expedition he traveled to the Maluku Islands, famous in Europe, for the purpose of exploring whether it could expand the territory of eastern Spain by investigating the actual conditions of the island. Magellan's Malay slave Enrique said he could barely speak after landing. Magellan once visited as a sailor and realized that returning to the Malay language had rounded the world.

Magellan persuaded Raja Humabon, Lord of Cebu, and vowed allegiance to the Spanish king Charles V. It was the first Dominican mission of the Spanish mission, which was the first wave of Christian missions in the Philippines. On April 14, Magellan built a large wooden cross on the shore of Cebu, where more than 400 people were baptized. The king and queen of Cebu also baptized and paid homage to the Spanish kings and received the baptism of Carlos and Junhei respectively. The son of Santo Nino, the young son of Hussite, who was to be the patron saint of Hussite, was delivered to the queen by the Spanish side and the evidence of Cebu side peace.

Courage to success in missions and alliances in Cebu Magellan crossed the Straits of Mactan Island by the side. There was a Muslim lord (Dauntu) Lapurafu in Mactan. On April 27, a battle took place between the two, and Magellan was fired by the islanders. Historian Chronicle writer Antonio Pigapeta writes that his men could not retrieve Magellan's remains even if they had spilled spices and jewels on the island. Furapurapu is a symbol of resistance to the invasion of the Philippines, and now stands on the island of Mactan alongside a monument to the Magellanic monument and a battle of Lapurafu.

One of Magellan's men, Juan Sebastián El Kano, took command and burned down the damaged Concepcion, two of which returned to Spain. They were the first to travel around the world for the first time as they took the route eastbound to the westbound route when they came to Cebu.

Spanish conquest and colonial period

Cebu City in the 19th century
The survivors of the Magellan fleet reported the value of paradise in the east after returning to Spain. After a while, the explorer sent on the voyage, but all failed.

Forty-four years after the arrival of Magellan's details, the conqueror (conqueror) Miguel Lopez de Legaspi took 500 armed soldiers, the Order of Augustus and Franciscan monks to arrive at Cebu through the islands of the Mariana Islands and the Visayas Islands , Proclaiming the reign of the island under the crown of the Spanish king. The legazines bombarded the fortress of Raja Tupas, son of King Rajahumabong, and destroyed the town of Sugo. They later rebuilt and renovated the town and built churches and universities in Villa del Santissimo Nombre de Jesús, the most holy name of Jesus. In 1569 the town became the first settlement established in the Philippines by the Spanish Council (Spanish Cortés). Legaspi's men led the soldiers further and struck Manila and conquered them.

August 14, 1571 Cebu (Villa del Santissimo, Nonbred Heus) became an independent bishop from the diocese of Manila. After Legaspi moved headquarters to a new settlement in Manila that same year, he turned his back on Cebu, hired a garrison and a branch, managed the town, and half of the soldiers left it in Cebu. Since then, prosperity has continued as a colonial city in Spain.

Three centuries later, on June 12, 1898, Spain's domination collapsed and independence was proclaimed, but colonial rule followed again by the invasion of the United States. It became a chartered city on February 24, 1937, as municipality in 1901.

Philippine Trade between the 15th and 19th Century
See "Manila Galleon"
Under the Spanish rule, trade was prevalent as a transportation base for silver and Southeast Asia imported from Mexico and products from China to Latin America.

Philippine Manila Galleon, a large Philippine-made sailing boat, was being built a lot.

World War II
In April 1942 during the Pacific War, the Japanese army landed in Cebu. During the Japanese occupation, Cebu, which is the most populous in the Philippines, became an important supply point and military base. US Army landed three years after occupation in March 1945. The Japanese army, including the troops that had retreated from the Leyte Island, fell into force and armament, and Cebu City was recaptured by the US Army. The Japanese army retained the right of interdiction, leaving the retreat to the other islands. The guerrilla war was continued among the guerrilla troops by the inhabitants.

After World War II
After the war, Cebu Island became a tourist destination with American and Japanese people. In addition, many foreign companies have entered the Philippines. Political anxiety from the 1970s to the 1980s and the days when guerrillas were hiding in the days of communist guerrillas were selected for entry into a relatively safe place. The population is on the rise, but on the other hand, the poor are coming from the surrounding islands.


Cebu City of Cebu
Cebu's economy is centered on a variety of customized and small-scale commerce in the tourism industry, such as traditional beach resorts and entertainment (casinos professional boxing) shopping, but recently [when?] Cebu City is the capital of the Philippine furniture industry Respectively. The Ministry of Trade and Industry of Cebu is concentrating on fostering SMEs such as furniture making products that can withstand exports. Because the forest is exposed to the surface of the lost mountain, it relies on imports from other islands and overseas, rather than wood, which is the raw material of the furniture. In addition, the MTR has no intention of attracting two industries.

In addition to furniture manufacturing, Cebu City is becoming an IT city in the central part of the Philippines in the IT / software industry. The company is headquartered in Cebu, with software production and outsourcing, and serves as a call center for businesses in the US and elsewhere. Cebu City is implementing policies to become a hub of software and electronic services in Southeast Asia with the goal of growth in the field of information and communications.

 

中国香港特別行政区の人民共和国(ちゅうかじんみんきょうわこく香港とくべつぎょうせいく)、通称香港(香港:中国:香港、ピン音:Xiānggǎng;ウェード式:Hsiang¹-kang³。粤拼:Hoeng¹gong²;エールスタイルの広東語:Hēunggóng、英語:香港)は中華人民共和国(一国二制度)の南部の特別行政区です。私は、70キロ離れた南西同じ特別行政区のマカオからだ[2]。私は、150年以上の英国のコロニーの歴史のために世界に知られています。それは非常に大規模なスカイラインとの自由貿易ゾーンと深い天然の良港であり、世界の有数の人口群衆面積は1104平方キロメートル(426平方マイル)の面積に人口を700万人以上を持つことです。

 

 

香港、中国の移民の人口については、6.4%がその他の人種93.6パーセントです。 [4]隣接する広東省は、[5]主に起源であり、香港の広東語話者の大多数は、[英国の植民地だった香港で1960を介して1930年代から中国本土における戦争と共産主義から脱出人々であります6] [7] [8]、1842年を通じて1839年からアヘン戦争後、香港に設立されました[9]大英帝国の植民地として。香港島はイギリスによって最初の永遠の譲渡を行い、新界は、1860年に割譲で9龍半島、1898年をリースしました。

 

 

太平天国の乱(1851年から1864年まで)、(1900年から1901年まで)義和団の乱、(1911年から1912年まで)新貝革命、日中戦争のために、難民が次々香港1に急増しました。コロニーの人口の約半数は、香港島に住んでいた、残りは9龍半島や船に住んでいました。水が島に岩肌に浸透していなかったので、新鮮な水の供給は、施設のない困難でした。 1885年香港で提供されていた水は一人あたり一日あたり18リットルでした。それは1918年だったときに私は確立することができる土地はほとんどリザーバとそこに水路に葬られた、そしてそれは、島の面積の3分の1にしていたが、さらに人口による水需要の増加に追いつきませんでした成長。状況は同様であった、と新界は1936年に大規模なジュビリーダムを完成しているが、配給水は1939年に24にだけ雨季に可能であった一日あたりの水消費量は、その後、当たり全体香港で75リットルと推定されます人。 [10]

イギリス軍が追い出され、それは第二次世界大戦(1941から1945)との間で、日本に占領されたが、英国内のルールは、中国の共和国で、その後返されることなく、1997年まで再び開かれます。香港は、この戦後[11]から現在までに慢性的に水の不足です。一方、コロニー時代のイギリスの混合物と中国の文化は、現在の香港の文化を形成しました。例えば、2009年までは、教育制度はイギリス英語のモデルに従いました。

中国人民共和国、英国と内側英国の共同コミュニケ間の交渉の結果、香港、英国、中国の人民共和国に戻り、一国二制度の原則の下で最初の特別行政区となりました7月1日に、ポルトガル12月、1999年に転送され、1997年マカオ特別行政区です。香港は現在、中国本土とは異なり、政治システムを持っています。一般的な法律の枠に応じ香港関数の法則の独立した機械[12]。 [13]。正式に共同コミュニケにダウン書かれた記事に基づいて復帰する前に、香港の政治は中国側の人民共和国によって起草関連の記事[14]であり、私が持っていることを規定香港特別行政区基本法で行われています国際関係と軍事防衛を除くすべての事項で高い自律性[15]。

香港の政治的多元ですが、いくつかの有権者が立法化社会の70議席のうち30議席に影響を与え、先進経済国で天底で政治的権利の欠陥の民主主義に分類されている[16]。 [17] [18]。

これは、世界の都市で、香港はアルファ+の都市の一つです。ロンドン、ニューヨーク、東京に加えて、私は低税率と自由貿易によって特徴付けられる重要な資本サービス経済を持つ、世界的に重要な国際金融センターによって評価され、午前、通貨の香港ドルはの売上高を持っています世界8位[19]。香港人の所得当たり世界有数のを持っていますが、著名な先進経済国の所得格差も存在している[20]。高密度の建物の需要は[20]スペース不足が原因で発生し、市は近代建築における垂直中核都市と世界に開発されました。高密度空間が高度に発達した交通ネットワークをもたらし、そして公共交通機関の利用可能性は90%を超え、世界第一位です。香港では、様々な側面、例えば、経済的自由と金融と経済競争力[21]で高い国際ランキングの多数を持っています。人間開発指数は非常に完全にのための請求アカウントを行っています。しかし、大気汚染やスモッグのためとして、それは中国の隣接人民共和国の先進経済国に比べて緩い排水基準と癌の原因となる高レベルのPM2.5に香港の深刻な問題である[22] ; [23]。

名前[編集]

 

ビクトリア港の風景

名前香港(香港)は、湾と珠江デルタの東莞各地から集めた香りの木材の蓄積場所となった海岸の村の名前から来ています。私は深午前湾と現在の香港島の南部の黄色の竹のピット。広東(私は密接に疍の市民の疍、言葉の人の話を)によると、英語と日本語で名前香港が行われます。中国の標準言語である正常な被験者では、私が香港「Xiānggǎng」(シャン癌)の発音します。

中国のもう一つの名前は、香江を持っています。略称はポートです。英文での略称はHKです。

行政正式名称

1997年6月30日「香港」になるまで

繁体字中国語:香港

简ボディ文字:香港

英語:香港

1997年7月1日「中華人民共和国香港特別行政区」から

繁体字中国語:中華人民共和國香港特別行政區(HKSAR.oggCantonese発音[ヘルプ/ファイル])

简ボディ文字:中東华人民共和国香港特别行政区画

英語:中華人民共和国の香港特別行政区

歴史[編集]

詳細は、「香港の歴史」を参照してください。

 

香港のフラグは正式に1959年から1997年の香港復帰まで上げました。これは、復帰後の抗議デモによって上昇させることができます。7

 

西から進出してくる欧州列強に東南アジア順番植民地化される中、スペイン艦隊は太平洋を渡ってメキシコで到来する。 1521年の詳細に、ポルトガルの航海者、マルコリャンス(マゼラン)が率いるスペイン艦隊がヨーロッパ人として初めて、フィリピンに到達した。マルコリャンスイスイと、マクタン島の酋長ラプ・ラプの攻撃戦死した。 1494年、スペインとポルトガルが結んだ小山デシリャス条約でブラジルを除く新大陸(インディア)が、スペイン領で1529年サラゴサ条約でフィリピンをスペインの領有した。スペインはフィリピンをアジア進出の拠点となった。結局、スペインなどの操縦士が来航に1565年にスペインの領ヌエバ・エスパーニャ副王領(メキシコ)を出港した征服者ミゲル・ロペス・デレガスピ(初代総督)が詳細を領有したのを皮切りに、19世紀末までに、スペインのフィリピンの支配が始まる徐々に植民地の範囲を広げて1571年にはマニラ市の植民地所在地で、フィリピンのほとんどが征服され、スペインの領土となった。以後約250年間マニラとアカプルコ(メキシコ)を接続ガレオン貿易が続いた。 1762年に一時的にマニラがイギリス軍に占領されたが、1763年にパリ条約が結ばれて再びスペインの管轄に戻ってきた。 18世紀にスペイン南部侵攻を開始したが、西南ミンダナオ、スールー諸島南部パラワン島でスールー王国をはじめとするイスラム勢力の抵抗を受け、最後まで征服することができなかった。

【プランA↓↓】以下はプランAについての説明 

 

▼特徴 

価格重視で設計しましたーー!!プランAは特別格安プランであり、通常プランはプランBです。 

 

▼参加費(申込金):

上記の通り

(激安!ホテル宿泊代・航空運賃などコミコミ!!たぶん、朝食もコミ) 
(ただし、大阪・東京以外は、1~3万円程度アップになりますので、別途案内次第、ご入金下さい)

 

▼海外ボランティア手配料:0円(自由参加)※0円で済む手配料が高すぎる業者が多いです。ご注意下さい。 

 

 

▼食事:朝食付の予定(交渉中!!つかないこともあります) 

 

▼食事:朝食等付の予定(交渉中!!つかないこともあります) 

 

▼現地ガイド:ありの予定(日本語対応。日本人のガイドも)。大手旅行会社の海外旅行ツアーに含まれるようなサポートは当然あります→送迎、チェックイン、搭乗手続き、緊急帰国、病院紹介、保険請求案内、貴重品紛失時の警察への届出、ツアー観光相談などのサポート体制ありで安心(海外旅行中の一般的なサポート)。※はじめての海外旅行でも安心です。 

 

▼サポート:運営スタッフ等(普通の社会人・学生・院生)も同じように旅費を支払って、同行というか一緒に参加します→可能な限り孤児院訪問中などは通訳など、必要なサポートするように心がけます。幹事らは毎日、何か企画してどっかに行きます!!(自由参加)。特に大きなトラブルが発生したことはないです、ご安心下さい。 

 

▼航空機 

飛行機はエコノミークラスです。経由便の場合あり。 

(格安バス、格安の飛行機なら東京大阪間&福岡大阪間2500円とからしいよ。国内線や電車、格安高速バスなどで来てください!!)。 

 

▼その他 

日数は、申込人数・航空券の空き状況により、多少短縮する場合があります。 

スーツケース宅配も特別価格でできます。自宅までドライバーがスーツケースを預かりに行き、関空で受け取れます!帰りも関空で出して、自宅に届きます。原則、当日か翌日中には自宅に届きます。 

 

以上は、プランAについての説明。合わせてプランBの内容もご確認下さい。 

 

 

【プランB】以下はプランBについての説明 

▼特徴 

安定重視で設計しましたーー!!(団体割引のない、当プロジェクトの通常プランです) 

 

▼参加費(申込金):

198,000円(発着空港・日数にかかわらず)。

 

(激安!ホテル宿泊代・航空運賃などコミコミ!!朝食もコミ) 

 

(記載の金額は、各種割引適用後の金額です。) 

 

 

▼航空機 

飛行機はエコノミークラスです。プランAとは別の便・航空会社になりますので、発着時間が異なります(未定)。 

 

・安定を求める方はこちらでお願いします。ホテルの部屋タイプ取扱いや飛行機の欠航時の対応がスムーズということになります。チェックイン、搭乗手続きもスムーズで待ち時間がプランAより少ないです。 

・キャンセルチャージがプランAより安いことがほとんどです。飛行機の欠航時などの対応も万全です。キャンセルの可能性がある方や安定を求める方は、こちらのプランBで申込をお願いいたします。 

 

・その他は、ホテルも含めプランAと同じです。 

以上は、プランBについての説明。 

以下は短期参加についての案内。

参加費:未定です。申込後、参加費が正式に決定しましたら、ご案内します(相場になります。ホテル、参加人数により変更になることがあります)。 申込金と参加費の差額は判明次第、ただちにご入金頂きます。

 

関西発着旅費(申込金): 各プランの上記の案内をご覧下さい 

成田or羽田発着旅費(申込金):各プランの上記の案内をご覧下さい 

 

その他:プランAと同じです。 

 

※原則として、仕事、学業等の短期参加の理由がある方のみとさせて頂きます。短期参加のすべてのプランは、通常プランではありません。その他の記載にかかわらず、申込後のキャンセル・変更・第三者譲渡はお受けできない場合があります(時期にかかわらず、キャンセル料発生の対象となることがあります)。キャンセル料は、状況・時期により、要支払額の0%〜100%となります。また、その他の記載にかかわらず、幹事等は同行しないことがあります。 

 

このページ記載の途中帰国を含むすべてのプランについて、成田と羽田はどちらに発着になるかは当方に一任して頂きますので、選択できません。成田と羽田のどちらでもよい方のみお申込ください。短期参加や途中帰国の場合は、航空券+エコノミ~スタンダードクラスのホテル代、送迎代の相場の金額になります。特に団体割引とかはない感じです。 

旅行会社の普通のパッケージツアーの方が多少安いことがあります。 旅費総額の要支払額と旅費(申込金)との差額は判明次第、遅滞なくご精算となります。 

 

※申込後、原則各プランの変更はできませんので、慎重にお選びください。今後、他の日程をリリースすることがあるかもしれませんが、基本的に変更はできません。予め了承ください。

(ここまで短期参加の案内でした。)

スペインの統治下で、メキシコ、ペルー、ボリビアから輸入したシルバーと東南アジア各地と中国(清)の産物をラテンアメリカに運ぶ拠点にガレオン貿易が盛んに行われた。フィリピンのマニラガレオンというフィリピン製の大型帆船が多く建設された、メキシコアカプルコグァアジアを結んでいた。

ヌエバ・エスパーニャ副王領の一部となった植民地時代に宣教を目的の一つだったスペインは、ローマカトリックの布教を行った。スペインは支配ラテンアメリカだけでなく、フィリピンでの輸出農産物を生産する農場の開発にヨンミンを労役に使用大地主が地位を確立して、民衆の多くは、その労働者となった。

支配者であるスペインの反抗は、何度も繰り返していたが、すべての規模が小さい局地的なものであり、簡単に鎮圧された。独立運動が本格的になるのは19世紀末、フィリピン独立の父となるホセリサールの活躍に負うところが大きい。リサールは1896年12月30日銃殺された。 1898年、アメリカの戦争勃発、アメリカはエミリオアギナルド[7]の独立運動を利用するためのサポート(しかし実際には、後で発見する米国がスペインからフィリピンを奪って自国の植民地にすることが目的だった)した。

1899年6月12日初代大統領エミリオアギナルド下の独立宣言が行われ、フィリピン第1共和国が成立した。フィリピンの革命は、通常、1896年8月から1899年1月までを指す。

また、征服者レガスピの1567年の書簡に、当時すでに日本人がミンドロ島とルソン島に毎年交易に訪問していたことが記録されており、亀裂の交流は、スペインが占領する以前からあったことを知っている。

 

The Spanish fleet crosses the Pacific Ocean and arrives in Mexico, while the European powers that advance from the west are colonized in Southeast Asia in turn. In 1521, the Spanish fleet, led by the Portuguese navigator Magallanes (Magellan), reached Europe for the first time in Europe. During Magaryan Isai, the chief of Mactan Island was attacked by Raf Raph. In 1494 Spain and Portugal signed the Treaty of Torre Desirías, excluding Brazil. The New Continent (India) was the Spanish army. In 1529, the Treaty of Zaragoza governed the Philippines. Spain became the base for the advancement of the Philippines into Asia. After the conquest of Miguel Lopez de Legaspi (the governor-general of the emirate) who sailed out of Spain's navigators to Spain's Nueva Espana in 1565 (Mexico), the Spanish domination of the Philippines began until the end of the nineteenth century Gradually expanded the scope of the colony, and in 1571 the city of Manila became a colony, with most of the Philippines conquered and became the territory of Spain. After about 250 years, the Galeon trade was followed by Manila and Acapulco (Mexico). Manila was temporarily occupied by British troops in 1762, but a treaty of Paris was signed in 1763 and returned to the Spanish jurisdiction. In the 18th century, the invasion of southern Spain began, but Muslim forces, including the Sulu kingdom, were attacked in Palawan, southern Mindanao and southern Sulu, and could not be conquered to the end.

Under the Spanish rule, the Galeon trade became popular as a transportation base for Latin America, imported from Mexico, Peru and Bolivia, and the products of China (Qing Dynasty) and Southeast Asia. Philippine Manila Galleon, Asia, was built in Mexico with Acapulco, a large Philippine-made sailing ship.

Nueva was one of the missions in Spain during the colonial period, which was part of the Spanish bishopric, and the Roman Catholic mission was carried forward. Spain is not only dominated by Latin America, but also by the development of farms producing export crops in the Philippines, the landlords have established their status and most of the people have become workers.

The rebellion against Spain, the ruler, was repeated several times, but all were local, small and easily repressed. The independence movement becomes full-fledged by the work of Jose Rizal, the father of Philippine independence in the late 19th century. Rizal was shot on December 30, 1896. The outbreak of the American War in 1898, the United States, helped to take advantage of the independence movement of the Emilio Babylon [7] (but in fact it was the intention of the United States to take the Philippines from Spain and colonize it to find it later).

On June 12, 1899, the first declaration of independence was made under the first President Emilio Babylon and the first Republic of the Philippines was established. The Philippine revolution usually refers to August 1896 to January 1899.

It is also recorded in the 1567 letter of the conqueror Legaspi that the Japanese had already visited the Mindoro and Luzon Islands each year for trade, and that the exchange of cracks had existed before the Spanish occupation

 

スペイン人が描いたネイティブ

「フェルディナンド・マゼランも指し」

1521年3月16日に、ポルトガルのチームメイトフェルディナンド・マゼランがセブ島に到着しました。私はヨーロッパで有名なモルッカに時計回りのルートを埋め立て、彼はスペイン国王の命令に応じて、探査の真ん中に島の実際の状況をチェックし、私はスペインの領土の東を開くことができますか調べ目的でした旅の。マゼランのマレー諸島スレーブエンリケからの人は言葉がやっと着陸後に行ったと述べました。マゼランは、私の周りの事、バックかつて船乗りとして訪れたマレーエリアに来た世界を行ったことに気づきました。

マゼランがセブ島の藩主を説得し、ラジャフマボンとスペイン国王への忠誠心が五宣誓をカールさせます。スペインの修道士説教師が乗っているので、この航海はフィリピンにキリスト教伝播の最初の波となりました。 4月14日、マゼランがセブ島の海岸に大きな木の十字架を入れ、約400セブの人がバプテスマを受けました。王とセブの女王も、バプテスマを受け夫妻スペイン国王それぞれの名誉でカルロスとフアナと呼ばれる洗礼名を受けました。 、後でサントニーニョ画像セブの守護聖人となった若いイエスの画像は、スペイン側の平和とセブ側の証拠として女王を手渡しました。

私は、セブ島での伝播と提携の成功によって励まされ、マゼランは、隣接するマクタン島との海峡を渡りました。 (ダトゥ)ラプ=ラプマクタンにおけるイスラム教徒の藩主がありました。 4月27日に、戦いは両方の間で発生した、とマゼランは戦死し、部下は、島の住民ではじかれました。私はマゼランの死体は、部下が島民のスパイスや歴史におけるクロニクル作家のアントニオ・ピガフェッタのような宝石を提供しようとしている場合でも、それを取り戻すことができなかったことを書きます。ラプ=ラプは、後のフィリピン人侵略者のための抵抗の象徴、と記念碑のフル記念碑とラプ=ラの戦いプ現時点での側でマクタン島側に内蔵されたマゼランの伝播の一杯になります。

マゼランの部下の一つは、ファン・セバスティアンはエルカーノ行動を成功し、損傷の激しいコンセプシオンを焼失し、彼らはそれが2つにあったと戻ってスペインに来た生存艦隊を取りました。彼らは彼らのためとして、セブに来たとき、彼らは時計回りのルートとして反対方向の反時計回りのルートを見なすので、初めて世界中に行ってきました人でした。

スペインの征服と植民地時代[編集]

 

19世紀のセブ市

マゼラン艦隊の生存者は、スペインに帰国した後、東の楽園の値を報告しました。その後のパスファインダーはすぐに航海のために送られたが、すべて失敗に終わりました。

とき征服者(コンキスタドール)ミゲル・ロペスデレガスピ前方に押さ到着、マリアナ諸島の各島を経由して武装した兵士とサンアウグスチノ修道会とフランシスコ会から500人の僧侶とセブでのスペイン国王の王冠の原因島のルールと1565年におけるビサヤ諸島は44年マゼランのセブ島に到着した後、私はそれを宣言しました。レガスピラジャフマボン王の息子、ラジャつま先パス王の砦を砲撃し、スグボの町を破壊しました。彼らは町の後に再建され、私は名前を変更し、ヴィラデルサンティ志茂が非デヘスさん(ヴィラデルSantisimoノンブレ・デ・ヘスス、イエスの最も神聖な皇帝の名前の村)をぼかしてそれをやったし、教会や大学を建てました。これは、より多くの兵士を率いてこの町はレガスピの1569.部下にスペインアセンブリ(スペインのコルテス)によりフィリピンで形成された最初の決済にあった、彼らはマニラを攻撃し、これを征服しました。

リサール逮捕し、フィリピンの同盟に参加したアンドレス・ボニファシオは改革運動に放棄をし流刑の日1892年7月6日にフィリピンの独立を要求する秘密結社カティプナンをマニラ市内トンもの地域で結成した。彼らは1896年3月の会議の機関紙である「独立」(Kalayaan)を創刊(弾圧を避けるために、この雑誌の発行地域は、日本の横浜と偽装された)一方、フィリピンに寄港した日本海軍の練習艦「こんごう」に乗船してていた日本軍との接触を必要とする、5月4日にはボニファシオなど幹部が世良田料艦長と会談革命助けを求めた。

しかし、カティプナンの存在はすぐにスペインの当局に知られるようになり、同年8月19日官憲による弾圧が始まった。進退窮まったボニファシオは8月30日に武装蜂起を開始(産後デルモンテの戦い)し、これにより、独立革命が始まった。当初マニラ市内の戦いでカティプナンは苦戦したが、マニラ近郊カビテ州に革命が波及する独立派勢力を挽回、10月には、この地方のカティプナン組織をまとめたエミリオアギナルド不明でカビテ州東部の支配が確立されてボニパシオウル中心とするカチオンプナン組織から分離して、独自の勢力を形成した。これを見たスペインの当局は、流刑地でマニラに召喚したリサールを反乱扇動の出発12月30日に処刑し、独立派の反発をさらに混乱された。

リサール処刑前後で独立派内部の抗争が顕在化して独立派の上流層を代表する赤ちゃんなる徒過し下層階級を代表するボニファシオと独立革命の指導権を巡って激しく対立した。赤ちゃんなるも、元スペインによってカビテ町長に任命された人物で、地域社会で力を持つプリント時パリア(町役人・地方)の層の出身である。資産・大土地所有者もマンアトダイ社会階層は、通常、自分たちの既得権を維持拡大することに関心を持って(したがってカビテ州​​など南部タガログ地方で最大の地主であった修道会の解体を望んでいた)、ボニファシオ波による社会改革要求にも自らの社会基盤を脅かすことができもので冷淡な態度を取った。 1897年3月22日カティプナン指導部による縁ルーラ会議で両者の対決だったが、スペイン植民地軍との戦闘で勝利を収めていたため、政治的に優位に立っていた赤ちゃんなるも波が会議で優勢となり、アルテ・リカルーテ波の支持獲得会議では、赤ちゃんのオリジナルワールドを革命政府の大統領に選出された。ジーンボニファシオ兄弟は会議場で退出赤ちゃんなる助け決別し、自分の革命を目指すことになった。しかし、ボニファシオ波のイワンを恐れ赤ちゃんなるも、それらを保持する1897年5月10日の兄弟すべて処刑独立派の全権を掌握した。

一方、1896年10月から1897年初めにかけて、スペイン本国で兵力を補充して態勢を立て直した植民地軍は反撃を開始、一時はルソン島全体南部を掌握していた独立派がボニファシオ処刑の翌日根拠地カービテウル放棄し、産地のブラカン州非アク・や・バートに追い込まれた。ここで赤ちゃんなるもは、11月1日、自分の憲法(非アク・や・バトー憲法)を制定、「フィリピンの」(非アク・や・バトー共和国)の成立を宣言したが、劣勢はおおい難しく、11月18、日本で12月15日まで、スペイン総督との平和協定を結んで、スペインの改革の実行の約束と引き換えに、赤ちゃんなるもは一度香港に退去、ここに亡命指導部を設けた(12月25日)。しかし一方ボニファシオの流れを汲む人々はまた、独立のための闘争を各地で続けた。

 

Rizal was arrested and took part in the Philippine alliance. Andres Bonifacio gave up on the Reform Movement and on July 6, 1892, on the day of exile, Katipunan, a secret detachment demanding Philippine independence, was formed in the Manila city of Tondo. They embarked on the practice of the Japanese Navy, "Kongo", who visited the Philippines in March of 1896, and also launched Kalayaan (the issue of this magazine's Yokohama and camouflaged it to avoid repression) On April 4, Bonifacio and other senior officials called for help with Captain Ryo Yoritta and the revolution in the talks.

However, the presence of Katipunan soon became known to the Spanish authorities, and on August 19 of the same year, suppression by the government began. The fateful Bonifacios began their armed uprising on Aug. 30 (the fighting of San Juan del Monte) and the Independence Revolution began. At the beginning of the battle of the city of Manila, Katipunan was struggling, but it recovered the independence paradigm that revolutionized the Kavite state near Manila, and organized the Katipunan organization of this region in October. Was established and separated from the Cartipunan organization centered on Bonifacio, forming a unique force. The Spanish authorities saw Rizal, who had summoned Manila in the exile, to be executed on December 30, the beginning of the rebellion, and the rebellion of the independence forces became more confused.

Before and after the execution of Rizal, the opposition within the independence wave surfaced and fiercely opposed the leadership of the independence revolution, Bonnepisio, representing Baby Narodo and the lower class who represent the upper class of the independent wave. Baby Narudo was originally appointed by the Spanish mayor to the mayor of Kabite, and is from Purinshippariah (town, office, local) who has power in the community. The social class was usually interested in expanding and retaining their vested interests (hence the largest landholder in southern Tagalog province, such as Cavite, hoping for the dissolution of the Order), social reforms by Bonifacio I took a cool attitude as to being able to threaten my own society base on demands. On March 22, 1897, at the Teeros meeting by the Katipunan leadership, he stood in a political advantage because he had won the battle against the Spanish colonial army. At the meeting of acquiring support from the Par, she elected Baby Narodo as the president of the revolutionary government. Brother Jean Bonifacio broke up with Naruto, the exiled baby, and aimed for his revolution. But fearing Ivan of Bonifacio, Baby Naru also caught them, and on May 10, 1897, all the brothers took control of the whole execution band.

On the other hand, the colonial army, which replenished its troops from its home country in October 1896 to the beginning of 1897 and settled its posture, began to counterattack. The independence party, which had dominated the entire southern region of Luzon Island, abandoned the base campit Of Mt. Fuji in Mt. Here, the Baby Narodos declared their Constitution (the Constitution of Biaku and Nabato) on November 1, and declared the establishment of the "Philippines" (Baki, Nabato Republic) Until the 15th of December, when a peace treaty was signed with the Spanish governor and the promise of Spain's reforms was exchanged, the baby Narudo retreated to Hong Kong and set up an asylum leadership (December 25). However, those who took over the flow of the Bonifacio also continued their struggle for independence.

 

翌年1898年4月25日、キューバの独立革命を契機とした米国の戦争が勃発する。その直前、香港から米国の間に独立の援助の密約をインストールした赤ちゃんなるもの亡命指導部は、マニラ湾の戦い(4月30日〜5月1日)から米艦隊大勝を経て、5月19日、米軍を後盾、フィリピンに帰還した。

5月24日の赤ちゃんなる度は本拠地であるカビテで「独裁政権」の樹立を宣言6月12日に独立宣言を発表し、「独裁政府」大統領に就任した(現在のフィリピン「独立記念日」)。しばらくして6月中に独裁政府は「革命政府」に改編された地方政府の組織化が開始され、7月15日ああポーリーナリオ麻痺なんての首相とする革命政府の内閣が発足した。一方、これまで外国からの武器購入の交渉を担当していた在外維持による、香港委員会(1896年11月に結成)は、革命政府の外交活動や武器調達に対応する、香港駐在「革命委員会」で公式機関に改編された(6月23日)。以上のような行政機構の整備と独立派米軍と連携し、各地に侵入して、8月末までにルソン中部・南部タガログ地域をスペインの支配から解放させて革命政府の支配下に置かれた。ところがこの前後に立って米軍との協力関係は徐々に微妙なものであり、8月13日、植民地支配の中心地であるマニラを占領スペイン軍を降伏させた米軍は、これまで軍事的貢献きた独立派の入力時に許可しなかった。

9月10日、マニラ近郊のブラカン州マローすい臨時首都が9月15日には、フィリピンの代表で構成され、議会は、この地で発足より翌年1899年1月には、麻痺ニウル首班とする内閣が発足して1月21日、自分の憲法(マロロス憲法)を制定し、1月23日、「フィリピン(1次)共和国」(マローロス共和国)の樹立宣言に至るまで独立国家としての整備を進めていますした。この時点で、共和国政府はミンダナオ除く、フィリピンのほぼ全域を掌握していた。しかし、前年の1898年12月10日、米国西部の間、パリ講和条約で2000万ドルとの交換にスペインで、フィリピンの主権を獲得した米国は、12月21日マッキンリー大統領が「友愛的同化宣言」を発表し、独立を否定麻痺君首相が進められて対米交渉も座礁1899年2月4日には、両国間の戦争(米国比戦争)が始まった。

対米戦争

米国以外の戦争中の「パセオ戦闘」を描いた絵

ゲリラ戦をテーマにした「ニューヨーク・ジャーナル」の風刺画/フィリピンを銃殺する米軍の背後には、「10歳以上の者は、全滅させる」との
詳細については、「米比戦争」を参照して
しかし、1899年3月31日に既に可能性がありマロすい陥落後、共和国政府は、中部ルソン地方のデジタルラク州ヌエバエシハ州を転々と移動することを余儀なくされた。そして11月12日の赤ちゃんなるも、大統領はパンガシナン州バヤンパンで正規軍の解体と遊撃隊によるゲリラ戦を宣言しルソン北部の山岳地帯に撤退した。

しかし、独立派が圧倒的に優勢な米軍を相手に粘りを見せるのは、その後だった。赤ちゃんなるも政権下でサブカルチャーに横に押されていたボニファシオ派革命の宗教結社などは激しいゲリラ戦を展開して、長期間に渡って米軍を苦しめていた。 1901年3月23日、イザベラ州で米軍に捕らわれた赤ちゃんなるドウン4月1日、米国の支配への忠誠を誓いと一緒に同じ独立派のいくつかの部隊に停電と降伏をコマンド(同様に捕虜になった麻痺ニーナリカルテが絶対的に服従を拒否した態度に比べて、これらの赤ちゃんなるもの人気を大きく減少させる結果となった)後、各地で独立派幹部のツハンガ相次いだことから、同年7月に米国軍政より民政に移行し早目に米国に忠誠を誓った親米派フィリピン(以前宣伝運動を支持していた新興有 - 日曜日層が多かった)を行政機関に登用、有力者をキャプチャして、米国統治体制の安定を図った。

ところが、赤ちゃんなる度によらず、「革命軍総司令官」を呼んだミゲル床バル将軍などの抵抗を続ける勢力もあり、床バル投降(1902年4月)後1902年7月4日になってセオドア・ローズベルト大統領は、最終的に独立勢力の「平定」を宣言した。しかし、その後も、農民など下層民の支持を受けて「タガログ共和国 "を呼んだマカリオ・酒井率いるゲリラ部隊(1904年〜1906年)など反米ゲリラはやまず、米軍が投降推奨ポリシーと徹底した弾圧政策(この時、米軍がゲリラと農民の関係を壊すために採用した「戦略村」は、ベトナム戦争に至るまで米軍の大ゲリラ戦争の主な戦術になった)を併用しながら、これらの独立派勢力は完全に鎮圧し、植民地支配体制を確立したのは1910年頃のことであった。

そしてフィリピン(および東南アジア)最初の植民地独立革命は挫折に終わっ真の独立の実現は、第二次世界大戦後、1946年までに持ち越されることになった。

 

The following year, on April 25, 1898, an American war broke out in the wake of the Cuban Independence Revolution. Immediately before that, Hong Kong set up an independent aid agreement between the United States and the United States. The Asahi leadership of Asahi was sent to the US Army on May 19, after a battle of US troops in the Manila Bay battle (April 30 - May 1) .

On May 24, Baby Narodo announced the establishment of a "dictatorship" in his home Cabinet. On June 12, he announced the declaration of independence. He took office as president of the "dictatorial government" (now the Philippine "independence day"). During the month, the dictatorial government began organizing local governments that had been reorganized as "revolutionary governments," and a cabinet of revolutionary governments with Apolinario Mavini as prime minister was launched on July 15. Meanwhile, The Hong Kong Committee (formed in November 1896), which was under the control of the foreign minister, was in charge of diplomatic activities and arms procurement of the revolutionary government and was reorganized as a "Revolution Commission" in Hong Kong (June 23). Along with the maintenance of the administrative organization, it invaded various places in cooperation with the independent PFU and liberated the central and southern Tagalog regions of Luzon from the Spanish domination until the end of August, under the control of the revolutionary government. Cooperative relations with the West American army are increasingly subtle, and the US troops surrendering the occupied Spanish troops to Manila, the center of colonial rule on August 13, have not been allowed to enter military ties that have contributed so far.

On September 10, the temporary capital of Malacca province in Fulaca, the capital of Manila, on September 10, launched a parliament of the Philippine delegation on September 15. The following year, in January 1899, (Marroos Constitution), which is under the administration of the Republic of Korea, to the declaration of the establishment of the "Republic of the Republic of the Philippines" (Republic of Maro Ross) on January 23. At this point, The United States, which acquired the Philippine sovereignty in Spain in exchange for $ 20 million in the US-West Paris Treaty between December 10, 1898, last year, except for Mindanao, On December 4, 1899, the United States announced the declaration of "fraternal assimilation" The War of War began.

The American War

Painting depicting 'Battle of Paceo' in US non-war

"The New York Journal" with the theme of guerrilla warfare / Behind the US military that shoots the Philippines "
For more information, see "War to War"
However, on March 31, 1899, after the fall of the capital, the DPRK government was forced to move to Taru Rakuju Nueva Eshi Province in Central Luzon Province. On Nov. 12, President Abdullah Naoud declared guerrilla warfare by the disbandment of the regular army and the guerrillas at Pangasinan Jubayan Pang and withdrew to the mountainous region of northern Luzon.

However, it was later that the independence forces were persevering against the overwhelmingly dominant US forces. Bonnepati and revolutionary religious associations, which had been pushed side by side under the regime of the baby Naru, had been fiercely guerrilla and had been plagued by US forces for a long time. On March 23, 1901, in the state of Isabella, the US Army captured the US Army and pledged allegiance to US domination on April 1, commanding several units of the same independent forces to power and surrender (similarly, In contrast to the attitude of Rikaruta's refusal to obey absolutely, they resulted in a great downfall of Narudo's popularity.) Since then, And pledged allegiance to the United States in the early days of the pledge to the United States, the Philippine (many emerging - Sun had supported the previous propaganda campaign) to the administrative organization to capture the enemy, to secure the stability of the US government system.

However, he did not follow the baby Narudo, but called the "commander in chief of the Revolutionary Army." There was also a force to continue the resistance, such as General Miguel Marubaru, and Marubaru Toubang (April 1902) and July 4, 1902, Finally declared the "calm" of the independent forces. However, after that, they were supported by farmers and other lower classes, and they called the "Tagalog Republic." Anti-American guerrillas, including the guerrilla forces led by Makario Sakai (1904-1906) And the "Strategic Village" adopted to break up the farmers' relations was the main tactic of the American guerrilla war to the Vietnam War), it was not until 1910 that it completely suppressed such independence forces and established colonial rule. Respectively.

Thus, the first colonial independence revolution of the Philippines (and Southeast Asia) ended in frustration and the realization of true independence was postponed until 1946 after the Second World War.

 

詳細(英語:Cebu Island)は、フィリピンの中部ビサヤ諸島の島で、南北に225kmに渡って広がる細く大きな島である。面積は4422km2。周囲はマクタン島、半タヤン島、マラージャンパースカート島、オランダと島など小さな島々に囲まれている。

東に鴨川テス海とカモテスト制度を挟んでレイテ島、ボホール海峡を挟んでボホール島の西側にタノン海峡を挟んでネグロス島の南にしホール島の北にビサヤしを行う。

島全体とその付属島が詳細に島の東海岸中部に位置し、人口72万主導の詳細、マンダウエ市をはじめとする6つの都市があり、マニラ首都圏(メトロマニラ)に続き、首都圏の地下鉄・詳細を形成している。州全体の人口は3,356,137人(2000年調査)で、そのうち300万人がセブ島に住んでいる。ほとんどの人は、セブアノ語を話し、これはビサヤ諸島の共通言語となっている[1]。

マクタン島は景色が風通しが良く、一般的に言ってセブリゾートはここマクタン島を指している場合が多く、外国人移住者も多い。 1521年マゼラン上陸スペインの統治が開始とともに、フィリピンを世界史の舞台に導くきっかけとなった。支配者たちは宗教、食文化をはじめとする生活スタイルや建築様式に至るまで大きな影響を及ぼして、フィリピン全域に浸透させていった。セブ市は、まず、スペインの植民地となった植民都市であり、その名残である建築物と遺跡があちこちに残っている。セブ市は現在、フィリピンの起源でもある。また、昔の大きな市場カルボン市場があるほか、観光客相手の巨大ショッピングモールやリゾートホテルセブ市とマクタン島に多くのものがある。

Cebu Island is an island in the central Bissay Islands in the Philippines and is a large and elongated island stretching for 225 km north and south. The area is 4422km2. The surrounding area is surrounded by small islands such as Mactan Island, Van Thanh Island, Marapasuka Island, and Orang Island.

To the east, along the Kamothese Sea and the Kamothese Islands, the Leyte Island and the Bohol Channel, between the Strait of Tachen on the west of Bohol Island, and the north of the island of Shikihoru on the south of Negros Island.

The entire island and its islands are located in central Cebu on the east coast of Cebu Island, with a population of 720,000, including six cities including Cebu and Mandaue, and the metropolitan subway, Cebu, following the Manila metropolitan area (Metro Manila) . The province has a total population of 3,356,137 (surveyed in 2000), of which 3 million live on Cebu Island. Most people speak Cebuano, which has become the common language of the Viseya system [1].

Mactan Island is well-ventilated, and generally speaking, Cebu is often referred to here as Mactan Island. Landing of Magellan in 1521 With the beginning of Spanish rule, it became the opportunity to lead the Philippines to the stage of world history. The rulers have had a profound impact on religion, food culture, lifestyle and architecture, and have penetrated throughout the Philippines. Cebu City is a colonial city that first became a colony of Spain, and its remains of architecture and heritage remain in many places. Cebu City is also the current Philippines origin. In addition to the old market market, there is a huge shopping mall and resort hotel in Cebu and Mactan Island.

 

詳細本島は長細い島で両側を海峡に囲まれている。島の中部東海岸に面した小さな島がリゾート・マクタン島であり、国際空港と経済特区、ホテル、ショッピングセンターがある一方、美しいビーチやダイビングもある。島の北に半分タヤン島、多アンバンタヤン島がある。その他の無数の小さな美しい島に囲まれており、そのうちのオランと環礁などの無人島冒険を求めて観光客の目的地となっている。

詳細大理石の高原地帯と海岸平野に分かれて、典型的な熱帯の島の風景を成している。また、蛇行丘の群れと険しい山脈が島を南北に縦断している。山の高さ1,000mに達するが、これらを覆う森は不十分である。大きな平地は島の北とセブ市周辺に見られる。

より観光客と産業への投資を誘致するために、州政府は、インフラ整備に余念がない。特にマクタン島はセブとマクタンマンダウエ橋とマルセロフェルナン橋両足に接続されているが、このような簡単な行動で、さらに第三の足を掛けるか、または海底トンネルを作成したり、議論が起きている。しかし、すべての財政裏付けが不足している。

歴史
「詳細#歴史」と「フィリピンの歴史」も参照して
スペインの到来以前より詳細(当時はびしょ濡れZubuまたはビサヤ語でス駆け足Sugboと呼ばれた)は、明シャムアラビア、マレーシアなどの交易の拠点として栄えた。

マゼランの航海

スペイン人が描いたのアボリジニ
「フェルディナンドマゼラン」を参照
1521年3月16日、ポルトガルの航海士フェルディナンドマゼランはセブ島に到着した。彼はスペイン王の命を受けて探索途中ヨーロッパでも有名なモルッカ諸島に西回り航路を開拓島の実態を調査し、東方、スペインの領土を広げることができるか調査する旅行の目的だった。マゼランのマレー奴隷エンリケは着陸後言葉ようやく通じると述べた。マゼランは一時船員に訪問したマライ語圏に帰ってきたのは、世界を一周したことに気づいた。

マゼランは、詳細の大名ラジャ夫馬本を説得、スペイン王カール5世への忠誠を誓った。スペインドミニコ会修道士が同乗していたもので、この航海は、フィリピンのクリスチャン宣教の最初の波となった。 4月14日マゼランは、大きな木製の十字架を詳細海岸に立て400人の詳細人が洗礼を受けた。詳細の王と王妃も洗礼、スペイン王夫婦に敬意を表し、それぞれカルロスとジュニという洗礼名を受けた。後の詳細の守護聖人になる若いイエスの上サント・ニーニョ賞、スペイン側と詳細側平和の証拠として王妃に伝達された。

【参加費(申込金)プランA59,000円に含まれるもの(予定)要支払額は為替レートなどのため、多少変動する場合があります。手配後、確定します。以下のもの以外は含まれておりません】 
航空基本運賃相当額のうち50,000円(出発空港から往復)、(参加人数が一定未満となる場合等は、参加費(申込金)が1~2万円程度加算になります。) ホテル宿泊代のうち9,000円 また希望者のみとあるものは基本的に含まれません。
 
【参加費(申込金)プランA59,000円に含まれないもの目安(予定)相場の金額ですので、各自お調べ下さい.要支払額は、判明次第、ご案内しますので、直ちにお支払下さい】 
海外ボランティアに係る交通費(数百円と思いますが...)、お土産代、その他個人的に支出するもの、空港税、寄託手荷物運賃、機内食、座席指定料、その他の航空会社手数料、燃油特別付加運賃相当額、ホテル税サービス料・税、現地での移動・観光費用、一切の日本における宿泊費・交通費、書類送料510円、オリジナルシャツ代、記載以外の食事代、クレジットカード払いの方は別途決済手数料。現地送迎代金、その他別途幹事が指定するもの 本ツアーでは、その他の記載にかかわらず、海外旅行保険、プランAの場合、別途、5千か1万円程度の外貨両替及びスキューバなどのマリンスポーツ等のツアーいくつかを当方の指定するものを全員で申込します(マリンスポーツ等のツアー予算2~3万円程度)。
お申込状況、ホテルの希望状況などにより、一人部屋追加代金(目安3万円程度~)が必要になる場合があります(その場合でも事前確認は行いません)。このツアーでは、希望状況等により、日本国内のご希望の空港以外に発着となる場合がございます(その場合でも事前確認は行いません)。

 

詳細のミッションと同盟の成功に勇気をマゼランは横のマクタン島と海峡を渡った。マクタンにはイスラム教徒永住(争い)ラプラプイていた。 4月27日、両者の間に戦闘が行われマゼランは戦死負荷は島の住民に追い出された。歴史年表作家アントニオ血がペタウン負荷が香料と宝石を島に差し出そもマゼランの遺体は取り戻すことができなかった書く。後ラプラプは、フィリピンの侵略に対する抵抗の象徴が、現在は、マクタン島にマゼランの布教を帯びた記念碑とラプラプの戦いを称えた記念碑が並んで建っている。

マゼランの部下の一人フアン・セバスティアンエルカノが指揮を受け継いで損傷が激しいコンセプシオン号を焼き捨て2隻が残存艦隊を率いてスペインに戻った。彼らは詳細に来たときの西向き航路とは反対方向の東に航路をとったので、彼らは最初に世界を一周した人になった。

スペインの征服と植民地時代

19世紀のセブ市
マゼラン艦隊の生存者は、スペイン帰国後の東にある楽園の価値を報告した。しばらくして継続探検家が航海に発送したが、いずれも失敗に終わった。

マゼランの詳細到着後44年後、1565年の征服者(征服者)ミゲル・ロペス・デレガスピは500人の武装した兵士と性オーガスタチノ会とフランシスコの修道士を連れてマリアナ諸島とビサヤ諸島の各島を経て詳細に到着、スペイン王の王冠の下の島の支配を進めると宣言した。レガスピはラジャ夫馬本王の息子ラジャトゥパス王の要塞を砲撃ス久保村を破壊した。彼らは後に村を再建し、名前を変更ヴィラデルサンティ下・ノンブレデヘスス(Villa del Santisimo Nombre deJesúsイエスの最も聖なる名の村)で、教会や大学を建設した。 1569年この町は、スペイン議会(SpanishCortés)によって、フィリピンに設立された最初の集落となった。レガスピの負荷はさらに兵士を率いてマニラを強打し、これを征服した。

1571年8月14日の詳細(ヴィラデルサンティ下・ノンブレデヘスス)はマニラの教区から脱し、独立した司教となった。レガスピが同年マニラに新たに設立した集落に本社を移した後も、彼は詳細を無視して守備隊と支社を採用して村を管理し、兵士の半分は、詳細に残した。以降の詳細、スペインの植民都市として繁栄が続いた。

3世紀後、1898年6月12日、スペインの支配は倒れ独立宣言されたが、ずっと米国の侵入によって再び植民地支配が続いた。 1901年の詳細村(municipality)に1937年2月24日都市(chartered city)となった。

15〜19世紀のフィリピン貿易
「マニラガレオン」を参照
スペインの統治下に、メキシコから輸入したシルバーと東南アジア各地と中国の産物を中南米に運ぶ拠点に貿易が盛んに行われた。

フィリピンのマニラガレオンというフィリピン製の大型帆船が多く、乾燥されていた。

第二次世界大戦
太平洋戦争中の1942年4月、日本軍が詳細に上陸した。日本軍占領時代、フィリピンで最も人口が密集した詳細は、重要な物資補給ポイント・軍事拠点となっていた。 1945年3月に占領3年後に米軍が上陸。日本軍はレイテ島で後退してきた部隊を含む従事したが、兵力と武装に落ち、セブ市は、米軍に奪還された。制海権を握った日本軍は、他の島に退去を放棄山岳部にこもって、住民によるゲリラ軍の間でゲリラ戦を続けて終戦を迎え多数が降伏した。

第二次世界大戦後、
前後セブ島は観光地としてアメリカ人と日本人でにぎわった。また、フィリピンで多くの外資系企業が進出した。 1970年代から1980年代にかけての政治不安と共産ゲリラ活動の時代ゲリラが隠れている山少し詳細は比較的安全な場所に進出対象に選定した。人口は増加の一途を辿っていたが、一方で貧困層も周辺の島で流入している。


詳細最大の都市セブ市
詳細の経済は、伝統的な海辺のリゾートと遊戯(カジノプロボクシング)のショッピングなどの観光中小産業の様々なカスタマイズや小規模商業が中心だが、最近[いつ?]家具の製造の高まりによって、セブ市はフィリピン家具産業の首都と呼ばれるまでになった。詳細の通商産業省は、輸出に耐え製品を作る家具など、中小企業の育成に力を注いでいる。詳細森が失われた山の表面が露出しているので、家具の原料となる木材ではなく、他の島や海外での輸入に依存している。また、マクタン島は、輸出の経済特区が二つの産業誘致に余念がない。

家具製造のほか高まっているのは、情報通信・ソフトウェア業界で、セブ市は、フィリピン中部のIT都市となっている。ソフトウェア制作やアウトソーシングをする企業が詳細に本社を置き、米国などの企業でのコールセンター業務を担当している。詳細しい情報通信分野での成長を目指して東南アジアのソフトウェアと電子サービスのハブになろう政策を実施している。

Cebu Island is surrounded by a strait on both sides of a shallow island. The small island facing the eastern coast of the island is the Resort Mactan Island, with international airports, economic zones, hotels, shopping centers, and beautiful beaches and diving. On the north side of the island is the island of Van Tayan, and the island of Danvan Tayan. Surrounded by a myriad of beautiful and beautiful islands, among which are the destinations of tourists seeking uninhabited adventures such as the Orango Atoll.

Detail The marble plateau and coastal plains form a typical tropical island landscape. Also, a crowd of steep hills and steep mountain ranges end the island from north to south. The mountains are 1,000 meters high, but the forests covering them are inadequate. The large plains are visible in the north of the island and around Cebu City.

In order to attract more tourist and industrial investment, the state has no intention of improving infrastructure. In particular, the island of Mactan is connected by two bridges to Cebu and Mactan Mandau Bridge and Marcelo Fernan Bridge, but in this simple action, the third bridge is being built or a submarine tunnel is being created or discussed. But they all lack financial support.

history
See also "Cebu # History" and "Philippine History"
Before its arrival in Spain, Cebu (called Zubu or Sugai in the Bisaya at the time) flourished as a base of trade with Ming, Sharm Arabia and Malaysia.

Magellan's Voyage

Spanish native Aboriginal
See "Ferdinand Magellan"
On March 16, 1521, Portuguese navigator Ferdinand Magellan arrived at Cebu Island. He was named after the king of Spain, and during the expedition he traveled to the Maluku Islands, famous in Europe, for the purpose of exploring whether it could expand the territory of eastern Spain by investigating the actual conditions of the island. Magellan's Malay slave Enrique said he could barely speak after landing. Magellan once visited as a sailor and realized that returning to the Malay language had rounded the world.

Magellan persuaded Raja Humabon, Lord of Cebu, and vowed allegiance to the Spanish king Charles V. It was the first Dominican mission of the Spanish mission, which was the first wave of Christian missions in the Philippines. On April 14, Magellan built a large wooden cross on the shore of Cebu, where more than 400 people were baptized. The king and queen of Cebu also baptized and paid homage to the Spanish kings and received the baptism of Carlos and Junhei respectively. The son of Santo Nino, the young son of Hussite, who was to be the patron saint of Hussite, was delivered to the queen by the Spanish side and the evidence of Cebu side peace.

Courage to success in missions and alliances in Cebu Magellan crossed the Straits of Mactan Island by the side. There was a Muslim lord (Dauntu) Lapurafu in Mactan. On April 27, a battle took place between the two, and Magellan was fired by the islanders. Historian Chronicle writer Antonio Pigapeta writes that his men could not retrieve Magellan's remains even if they had spilled spices and jewels on the island. Furapurapu is a symbol of resistance to the invasion of the Philippines, and now stands on the island of Mactan alongside a monument to the Magellanic monument and a battle of Lapurafu.

One of Magellan's men, Juan Sebastián El Kano, took command and burned down the damaged Concepcion, two of which returned to Spain. They were the first to travel around the world for the first time as they took the route eastbound to the westbound route when they came to Cebu.

Spanish conquest and colonial period

Cebu City in the 19th century
The survivors of the Magellan fleet reported the value of paradise in the east after returning to Spain. After a while, the explorer sent on the voyage, but all failed.

Forty-four years after the arrival of Magellan's details, the conqueror (conqueror) Miguel Lopez de Legaspi took 500 armed soldiers, the Order of Augustus and Franciscan monks to arrive at Cebu through the islands of the Mariana Islands and the Visayas Islands , Proclaiming the reign of the island under the crown of the Spanish king. The legazines bombarded the fortress of Raja Tupas, son of King Rajahumabong, and destroyed the town of Sugo. They later rebuilt and renovated the town and built churches and universities in Villa del Santissimo Nombre de Jesús, the most holy name of Jesus. In 1569 the town became the first settlement established in the Philippines by the Spanish Council (Spanish Cortés). Legaspi's men led the soldiers further and struck Manila and conquered them.

August 14, 1571 Cebu (Villa del Santissimo, Nonbred Heus) became an independent bishop from the diocese of Manila. After Legaspi moved headquarters to a new settlement in Manila that same year, he turned his back on Cebu, hired a garrison and a branch, managed the town, and half of the soldiers left it in Cebu. Since then, prosperity has continued as a colonial city in Spain.

Three centuries later, on June 12, 1898, Spain's domination collapsed and independence was proclaimed, but colonial rule followed again by the invasion of the United States. It became a chartered city on February 24, 1937, as municipality in 1901.

Philippine Trade between the 15th and 19th Century
See "Manila Galleon"
Under the Spanish rule, trade was prevalent as a transportation base for silver and Southeast Asia imported from Mexico and products from China to Latin America.

Philippine Manila Galleon, a large Philippine-made sailing boat, was being built a lot.

World War II
In April 1942 during the Pacific War, the Japanese army landed in Cebu. During the Japanese occupation, Cebu, which is the most populous in the Philippines, became an important supply point and military base. US Army landed three years after occupation in March 1945. The Japanese army, including the troops that had retreated from the Leyte Island, fell into force and armament, and Cebu City was recaptured by the US Army. The Japanese army retained the right of interdiction, leaving the retreat to the other islands. The guerrilla war was continued among the guerrilla troops by the inhabitants.

After World War II
After the war, Cebu Island became a tourist destination with American and Japanese people. In addition, many foreign companies have entered the Philippines. Political anxiety from the 1970s to the 1980s and the days when guerrillas were hiding in the days of communist guerrillas were selected for entry into a relatively safe place. The population is on the rise, but on the other hand, the poor are coming from the surrounding islands.


Cebu City of Cebu
Cebu's economy is centered on a variety of customized and small-scale commerce in the tourism industry, such as traditional beach resorts and entertainment (casinos professional boxing) shopping, but recently [when?] Cebu City is the capital of the Philippine furniture industry Respectively. The Ministry of Trade and Industry of Cebu is concentrating on fostering SMEs such as furniture making products that can withstand exports. Because the forest is exposed to the surface of the lost mountain, it relies on imports from other islands and overseas, rather than wood, which is the raw material of the furniture. In addition, the MTR has no intention of attracting two industries.

In addition to furniture manufacturing, Cebu City is becoming an IT city in the central part of the Philippines in the IT / software industry. The company is headquartered in Cebu, with software production and outsourcing, and serves as a call center for businesses in the US and elsewhere. Cebu City is implementing policies to become a hub of software and electronic services in Southeast Asia with the goal of growth in the field of information and communications.

 

中国香港特別行政区の人民共和国(ちゅうかじんみんきょうわこく香港とくべつぎょうせいく)、通称香港(香港:中国:香港、ピン音:Xiānggǎng;ウェード式:Hsiang¹-kang³。粤拼:Hoeng¹gong²;エールスタイルの広東語:Hēunggóng、英語:香港)は中華人民共和国(一国二制度)の南部の特別行政区です。私は、70キロ離れた南西同じ特別行政区のマカオからだ[2]。私は、150年以上の英国のコロニーの歴史のために世界に知られています。それは非常に大規模なスカイラインとの自由貿易ゾーンと深い天然の良港であり、世界の有数の人口群衆面積は1104平方キロメートル(426平方マイル)の面積に人口を700万人以上を持つことです。

 

 

香港、中国の移民の人口については、6.4%がその他の人種93.6パーセントです。 [4]隣接する広東省は、[5]主に起源であり、香港の広東語話者の大多数は、[英国の植民地だった香港で1960を介して1930年代から中国本土における戦争と共産主義から脱出人々であります6] [7] [8]、1842年を通じて1839年からアヘン戦争後、香港に設立されました[9]大英帝国の植民地として。香港島はイギリスによって最初の永遠の譲渡を行い、新界は、1860年に割譲で9龍半島、1898年をリースしました。

 

 

太平天国の乱(1851年から1864年まで)、(1900年から1901年まで)義和団の乱、(1911年から1912年まで)新貝革命、日中戦争のために、難民が次々香港1に急増しました。コロニーの人口の約半数は、香港島に住んでいた、残りは9龍半島や船に住んでいました。水が島に岩肌に浸透していなかったので、新鮮な水の供給は、施設のない困難でした。 1885年香港で提供されていた水は一人あたり一日あたり18リットルでした。それは1918年だったときに私は確立することができる土地はほとんどリザーバとそこに水路に葬られた、そしてそれは、島の面積の3分の1にしていたが、さらに人口による水需要の増加に追いつきませんでした成長。状況は同様であった、と新界は1936年に大規模なジュビリーダムを完成しているが、配給水は1939年に24にだけ雨季に可能であった一日あたりの水消費量は、その後、当たり全体香港で75リットルと推定されます人。 [10]

イギリス軍が追い出され、それは第二次世界大戦(1941から1945)との間で、日本に占領されたが、英国内のルールは、中国の共和国で、その後返されることなく、1997年まで再び開かれます。香港は、この戦後[11]から現在までに慢性的に水の不足です。一方、コロニー時代のイギリスの混合物と中国の文化は、現在の香港の文化を形成しました。例えば、2009年までは、教育制度はイギリス英語のモデルに従いました。

中国人民共和国、英国と内側英国の共同コミュニケ間の交渉の結果、香港、英国、中国の人民共和国に戻り、一国二制度の原則の下で最初の特別行政区となりました7月1日に、ポルトガル12月、1999年に転送され、1997年マカオ特別行政区です。香港は現在、中国本土とは異なり、政治システムを持っています。一般的な法律の枠に応じ香港関数の法則の独立した機械[12]。 [13]。正式に共同コミュニケにダウン書かれた記事に基づいて復帰する前に、香港の政治は中国側の人民共和国によって起草関連の記事[14]であり、私が持っていることを規定香港特別行政区基本法で行われています国際関係と軍事防衛を除くすべての事項で高い自律性[15]。

香港の政治的多元ですが、いくつかの有権者が立法化社会の70議席のうち30議席に影響を与え、先進経済国で天底で政治的権利の欠陥の民主主義に分類されている[16]。 [17] [18]。

これは、世界の都市で、香港はアルファ+の都市の一つです。ロンドン、ニューヨーク、東京に加えて、私は低税率と自由貿易によって特徴付けられる重要な資本サービス経済を持つ、世界的に重要な国際金融センターによって評価され、午前、通貨の香港ドルはの売上高を持っています世界8位[19]。香港人の所得当たり世界有数のを持っていますが、著名な先進経済国の所得格差も存在している[20]。高密度の建物の需要は[20]スペース不足が原因で発生し、市は近代建築における垂直中核都市と世界に開発されました。高密度空間が高度に発達した交通ネットワークをもたらし、そして公共交通機関の利用可能性は90%を超え、世界第一位です。香港では、様々な側面、例えば、経済的自由と金融と経済競争力[21]で高い国際ランキングの多数を持っています。人間開発指数は非常に完全にのための請求アカウントを行っています。しかし、大気汚染やスモッグのためとして、それは中国の隣接人民共和国の先進経済国に比べて緩い排水基準と癌の原因となる高レベルのPM2.5に香港の深刻な問題である[22] ; [23]。

名前[編集]

 

ビクトリア港の風景

名前香港(香港)は、湾と珠江デルタの東莞各地から集めた香りの木材の蓄積場所となった海岸の村の名前から来ています。私は深午前湾と現在の香港島の南部の黄色の竹のピット。広東(私は密接に疍の市民の疍、言葉の人の話を)によると、英語と日本語で名前香港が行われます。中国の標準言語である正常な被験者では、私が香港「Xiānggǎng」(シャン癌)の発音します。

中国のもう一つの名前は、香江を持っています。略称はポートです。英文での略称はHKです。

行政正式名称

1997年6月30日「香港」になるまで

繁体字中国語:香港

简ボディ文字:香港

英語:香港

1997年7月1日「中華人民共和国香港特別行政区」から

繁体字中国語:中華人民共和國香港特別行政區(HKSAR.oggCantonese発音[ヘルプ/ファイル])

简ボディ文字:中東华人民共和国香港特别行政区画

英語:中華人民共和国の香港特別行政区

歴史[編集]

詳細は、「香港の歴史」を参照してください。

 

香港のフラグは正式に1959年から1997年の香港復帰まで上げました。これは、復帰後の抗議デモによって上昇させることができます。7

【※あくまで予定です。内容は大幅に変更することがあります。変更が必要と幹事が認める場合は、変更する場合があります。その場合の変更を幹事に一任いただける方のみ申込してください。手作りツアーのため予めご了承下さい。当方が大幅に変更したと認めるとき(例えば、参加費の基本代金部分が3万円超高くなった場合等)は、振込手数料を差引いて、返金します。また、申込人数により、やむなく日程を短縮ないし変更する場合がございます。短縮の場合でも金額は変わらないと思います。】 

 

【キャンセル等について】 

キャンセルは受け付けます普通のツアーではないので、キャンセル料が発生するかは別の人の追加参加があるかどうか等によって決まります。当方の定める必要なキャンセル料を差し引いて2019年6月下旬以降に返金する形になります。申込頂いても、手配不能等の問題が生じる場合があります。キャンセル・手配不能等その他全ての事情で返金が必要となれば、当方の定める必要なキャンセル料を差し引いて(満席による手配不能時は原則キャンセル料不要)返金する形になります。 入金額よりキャンセル料が高い場合は追加でご入金頂くことになります。 

旅行中のトラブルや申込に起因したその他の損害は自己責任でお願いします。この日記の情報その他当方が提供した情報の最終確認は各自で行ってください。日記の内容は更新していきますので、マメに確認してください。プロジェクトの内容は予告なく変更することがあります。 

 

【外貨両替を当方に依頼の場合】 

レターパックプラスで発送予定です。当方では、郵送事故の保証が一切できません(発送後の事故について参加者の責任で解決して頂きます)。こちらの手元で外貨を保管する際には十分注意しますが、火災、盗難、自然災害などの事故時の責を当方は追いかねます。 

 

西から進出してくる欧州列強に東南アジア順番植民地化される中、スペイン艦隊は太平洋を渡ってメキシコで到来する。 1521年の詳細に、ポルトガルの航海者、マルコリャンス(マゼラン)が率いるスペイン艦隊がヨーロッパ人として初めて、フィリピンに到達した。マルコリャンスイスイと、マクタン島の酋長ラプ・ラプの攻撃戦死した。 1494年、スペインとポルトガルが結んだ小山デシリャス条約でブラジルを除く新大陸(インディア)が、スペイン領で1529年サラゴサ条約でフィリピンをスペインの領有した。スペインはフィリピンをアジア進出の拠点となった。結局、スペインなどの操縦士が来航に1565年にスペインの領ヌエバ・エスパーニャ副王領(メキシコ)を出港した征服者ミゲル・ロペス・デレガスピ(初代総督)が詳細を領有したのを皮切りに、19世紀末までに、スペインのフィリピンの支配が始まる徐々に植民地の範囲を広げて1571年にはマニラ市の植民地所在地で、フィリピンのほとんどが征服され、スペインの領土となった。以後約250年間マニラとアカプルコ(メキシコ)を接続ガレオン貿易が続いた。 1762年に一時的にマニラがイギリス軍に占領されたが、1763年にパリ条約が結ばれて再びスペインの管轄に戻ってきた。 18世紀にスペイン南部侵攻を開始したが、西南ミンダナオ、スールー諸島南部パラワン島でスールー王国をはじめとするイスラム勢力の抵抗を受け、最後まで征服することができなかった。

スペインの統治下で、メキシコ、ペルー、ボリビアから輸入したシルバーと東南アジア各地と中国(清)の産物をラテンアメリカに運ぶ拠点にガレオン貿易が盛んに行われた。フィリピンのマニラガレオンというフィリピン製の大型帆船が多く建設された、メキシコアカプルコグァアジアを結んでいた。

ヌエバ・エスパーニャ副王領の一部となった植民地時代に宣教を目的の一つだったスペインは、ローマカトリックの布教を行った。スペインは支配ラテンアメリカだけでなく、フィリピンでの輸出農産物を生産する農場の開発にヨンミンを労役に使用大地主が地位を確立して、民衆の多くは、その労働者となった。

支配者であるスペインの反抗は、何度も繰り返していたが、すべての規模が小さい局地的なものであり、簡単に鎮圧された。独立運動が本格的になるのは19世紀末、フィリピン独立の父となるホセリサールの活躍に負うところが大きい。リサールは1896年12月30日銃殺された。 1898年、アメリカの戦争勃発、アメリカはエミリオアギナルド[7]の独立運動を利用するためのサポート(しかし実際には、後で発見する米国がスペインからフィリピンを奪って自国の植民地にすることが目的だった)した。

1899年6月12日初代大統領エミリオアギナルド下の独立宣言が行われ、フィリピン第1共和国が成立した。フィリピンの革命は、通常、1896年8月から1899年1月までを指す。

また、征服者レガスピの1567年の書簡に、当時すでに日本人がミンドロ島とルソン島に毎年交易に訪問していたことが記録されており、亀裂の交流は、スペインが占領する以前からあったことを知っている。

 

The Spanish fleet crosses the Pacific Ocean and arrives in Mexico, while the European powers that advance from the west are colonized in Southeast Asia in turn. In 1521, the Spanish fleet, led by the Portuguese navigator Magallanes (Magellan), reached Europe for the first time in Europe. During Magaryan Isai, the chief of Mactan Island was attacked by Raf Raph. In 1494 Spain and Portugal signed the Treaty of Torre Desirías, excluding Brazil. The New Continent (India) was the Spanish army. In 1529, the Treaty of Zaragoza governed the Philippines. Spain became the base for the advancement of the Philippines into Asia. After the conquest of Miguel Lopez de Legaspi (the governor-general of the emirate) who sailed out of Spain's navigators to Spain's Nueva Espana in 1565 (Mexico), the Spanish domination of the Philippines began until the end of the nineteenth century Gradually expanded the scope of the colony, and in 1571 the city of Manila became a colony, with most of the Philippines conquered and became the territory of Spain. After about 250 years, the Galeon trade was followed by Manila and Acapulco (Mexico). Manila was temporarily occupied by British troops in 1762, but a treaty of Paris was signed in 1763 and returned to the Spanish jurisdiction. In the 18th century, the invasion of southern Spain began, but Muslim forces, including the Sulu kingdom, were attacked in Palawan, southern Mindanao and southern Sulu, and could not be conquered to the end.

Under the Spanish rule, the Galeon trade became popular as a transportation base for Latin America, imported from Mexico, Peru and Bolivia, and the products of China (Qing Dynasty) and Southeast Asia. Philippine Manila Galleon, Asia, was built in Mexico with Acapulco, a large Philippine-made sailing ship.

Nueva was one of the missions in Spain during the colonial period, which was part of the Spanish bishopric, and the Roman Catholic mission was carried forward. Spain is not only dominated by Latin America, but also by the development of farms producing export crops in the Philippines, the landlords have established their status and most of the people have become workers.

The rebellion against Spain, the ruler, was repeated several times, but all were local, small and easily repressed. The independence movement becomes full-fledged by the work of Jose Rizal, the father of Philippine independence in the late 19th century. Rizal was shot on December 30, 1896. The outbreak of the American War in 1898, the United States, helped to take advantage of the independence movement of the Emilio Babylon [7] (but in fact it was the intention of the United States to take the Philippines from Spain and colonize it to find it later).

On June 12, 1899, the first declaration of independence was made under the first President Emilio Babylon and the first Republic of the Philippines was established. The Philippine revolution usually refers to August 1896 to January 1899.

It is also recorded in the 1567 letter of the conqueror Legaspi that the Japanese had already visited the Mindoro and Luzon Islands each year for trade, and that the exchange of cracks had existed before the Spanish occupation

 

スペイン人が描いたネイティブ

「フェルディナンド・マゼランも指し」

1521年3月16日に、ポルトガルのチームメイトフェルディナンド・マゼランがセブ島に到着しました。私はヨーロッパで有名なモルッカに時計回りのルートを埋め立て、彼はスペイン国王の命令に応じて、探査の真ん中に島の実際の状況をチェックし、私はスペインの領土の東を開くことができますか調べ目的でした旅の。マゼランのマレー諸島スレーブエンリケからの人は言葉がやっと着陸後に行ったと述べました。マゼランは、私の周りの事、バックかつて船乗りとして訪れたマレーエリアに来た世界を行ったことに気づきました。

マゼランがセブ島の藩主を説得し、ラジャフマボンとスペイン国王への忠誠心が五宣誓をカールさせます。スペインの修道士説教師が乗っているので、この航海はフィリピンにキリスト教伝播の最初の波となりました。 4月14日、マゼランがセブ島の海岸に大きな木の十字架を入れ、約400セブの人がバプテスマを受けました。王とセブの女王も、バプテスマを受け夫妻スペイン国王それぞれの名誉でカルロスとフアナと呼ばれる洗礼名を受けました。 、後でサントニーニョ画像セブの守護聖人となった若いイエスの画像は、スペイン側の平和とセブ側の証拠として女王を手渡しました。

私は、セブ島での伝播と提携の成功によって励まされ、マゼランは、隣接するマクタン島との海峡を渡りました。 (ダトゥ)ラプ=ラプマクタンにおけるイスラム教徒の藩主がありました。 4月27日に、戦いは両方の間で発生した、とマゼランは戦死し、部下は、島の住民ではじかれました。私はマゼランの死体は、部下が島民のスパイスや歴史におけるクロニクル作家のアントニオ・ピガフェッタのような宝石を提供しようとしている場合でも、それを取り戻すことができなかったことを書きます。ラプ=ラプは、後のフィリピン人侵略者のための抵抗の象徴、と記念碑のフル記念碑とラプ=ラの戦いプ現時点での側でマクタン島側に内蔵されたマゼランの伝播の一杯になります。

マゼランの部下の一つは、ファン・セバスティアンはエルカーノ行動を成功し、損傷の激しいコンセプシオンを焼失し、彼らはそれが2つにあったと戻ってスペインに来た生存艦隊を取りました。彼らは彼らのためとして、セブに来たとき、彼らは時計回りのルートとして反対方向の反時計回りのルートを見なすので、初めて世界中に行ってきました人でした。

スペインの征服と植民地時代[編集]

 

19世紀のセブ市

マゼラン艦隊の生存者は、スペインに帰国した後、東の楽園の値を報告しました。その後のパスファインダーはすぐに航海のために送られたが、すべて失敗に終わりました。

とき征服者(コンキスタドール)ミゲル・ロペスデレガスピ前方に押さ到着、マリアナ諸島の各島を経由して武装した兵士とサンアウグスチノ修道会とフランシスコ会から500人の僧侶とセブでのスペイン国王の王冠の原因島のルールと1565年におけるビサヤ諸島は44年マゼランのセブ島に到着した後、私はそれを宣言しました。レガスピラジャフマボン王の息子、ラジャつま先パス王の砦を砲撃し、スグボの町を破壊しました。彼らは町の後に再建され、私は名前を変更し、ヴィラデルサンティ志茂が非デヘスさん(ヴィラデルSantisimoノンブレ・デ・ヘスス、イエスの最も神聖な皇帝の名前の村)をぼかしてそれをやったし、教会や大学を建てました。これは、より多くの兵士を率いてこの町はレガスピの1569.部下にスペインアセンブリ(スペインのコルテス)によりフィリピンで形成された最初の決済にあった、彼らはマニラを攻撃し、これを征服しました。

リサール逮捕し、フィリピンの同盟に参加したアンドレス・ボニファシオは改革運動に放棄をし流刑の日1892年7月6日にフィリピンの独立を要求する秘密結社カティプナンをマニラ市内トンもの地域で結成した。彼らは1896年3月の会議の機関紙である「独立」(Kalayaan)を創刊(弾圧を避けるために、この雑誌の発行地域は、日本の横浜と偽装された)一方、フィリピンに寄港した日本海軍の練習艦「こんごう」に乗船してていた日本軍との接触を必要とする、5月4日にはボニファシオなど幹部が世良田料艦長と会談革命助けを求めた。

しかし、カティプナンの存在はすぐにスペインの当局に知られるようになり、同年8月19日官憲による弾圧が始まった。進退窮まったボニファシオは8月30日に武装蜂起を開始(産後デルモンテの戦い)し、これにより、独立革命が始まった。当初マニラ市内の戦いでカティプナンは苦戦したが、マニラ近郊カビテ州に革命が波及する独立派勢力を挽回、10月には、この地方のカティプナン組織をまとめたエミリオアギナルド不明でカビテ州東部の支配が確立されてボニパシオウル中心とするカチオンプナン組織から分離して、独自の勢力を形成した。これを見たスペインの当局は、流刑地でマニラに召喚したリサールを反乱扇動の出発12月30日に処刑し、独立派の反発をさらに混乱された。

リサール処刑前後で独立派内部の抗争が顕在化して独立派の上流層を代表する赤ちゃんなる徒過し下層階級を代表するボニファシオと独立革命の指導権を巡って激しく対立した。赤ちゃんなるも、元スペインによってカビテ町長に任命された人物で、地域社会で力を持つプリント時パリア(町役人・地方)の層の出身である。資産・大土地所有者もマンアトダイ社会階層は、通常、自分たちの既得権を維持拡大することに関心を持って(したがってカビテ州​​など南部タガログ地方で最大の地主であった修道会の解体を望んでいた)、ボニファシオ波による社会改革要求にも自らの社会基盤を脅かすことができもので冷淡な態度を取った。 1897年3月22日カティプナン指導部による縁ルーラ会議で両者の対決だったが、スペイン植民地軍との戦闘で勝利を収めていたため、政治的に優位に立っていた赤ちゃんなるも波が会議で優勢となり、アルテ・リカルーテ波の支持獲得会議では、赤ちゃんのオリジナルワールドを革命政府の大統領に選出された。ジーンボニファシオ兄弟は会議場で退出赤ちゃんなる助け決別し、自分の革命を目指すことになった。しかし、ボニファシオ波のイワンを恐れ赤ちゃんなるも、それらを保持する1897年5月10日の兄弟すべて処刑独立派の全権を掌握した。

一方、1896年10月から1897年初めにかけて、スペイン本国で兵力を補充して態勢を立て直した植民地軍は反撃を開始、一時はルソン島全体南部を掌握していた独立派がボニファシオ処刑の翌日根拠地カービテウル放棄し、産地のブラカン州非アク・や・バートに追い込まれた。ここで赤ちゃんなるもは、11月1日、自分の憲法(非アク・や・バトー憲法)を制定、「フィリピンの」(非アク・や・バトー共和国)の成立を宣言したが、劣勢はおおい難しく、11月18、日本で12月15日まで、スペイン総督との平和協定を結んで、スペインの改革の実行の約束と引き換えに、赤ちゃんなるもは一度香港に退去、ここに亡命指導部を設けた(12月25日)。しかし一方ボニファシオの流れを汲む人々はまた、独立のための闘争を各地で続けた。

 

Rizal was arrested and took part in the Philippine alliance. Andres Bonifacio gave up on the Reform Movement and on July 6, 1892, on the day of exile, Katipunan, a secret detachment demanding Philippine independence, was formed in the Manila city of Tondo. They embarked on the practice of the Japanese Navy, "Kongo", who visited the Philippines in March of 1896, and also launched Kalayaan (the issue of this magazine's Yokohama and camouflaged it to avoid repression) On April 4, Bonifacio and other senior officials called for help with Captain Ryo Yoritta and the revolution in the talks.

However, the presence of Katipunan soon became known to the Spanish authorities, and on August 19 of the same year, suppression by the government began. The fateful Bonifacios began their armed uprising on Aug. 30 (the fighting of San Juan del Monte) and the Independence Revolution began. At the beginning of the battle of the city of Manila, Katipunan was struggling, but it recovered the independence paradigm that revolutionized the Kavite state near Manila, and organized the Katipunan organization of this region in October. Was established and separated from the Cartipunan organization centered on Bonifacio, forming a unique force. The Spanish authorities saw Rizal, who had summoned Manila in the exile, to be executed on December 30, the beginning of the rebellion, and the rebellion of the independence forces became more confused.

Before and after the execution of Rizal, the opposition within the independence wave surfaced and fiercely opposed the leadership of the independence revolution, Bonnepisio, representing Baby Narodo and the lower class who represent the upper class of the independent wave. Baby Narudo was originally appointed by the Spanish mayor to the mayor of Kabite, and is from Purinshippariah (town, office, local) who has power in the community. The social class was usually interested in expanding and retaining their vested interests (hence the largest landholder in southern Tagalog province, such as Cavite, hoping for the dissolution of the Order), social reforms by Bonifacio I took a cool attitude as to being able to threaten my own society base on demands. On March 22, 1897, at the Teeros meeting by the Katipunan leadership, he stood in a political advantage because he had won the battle against the Spanish colonial army. At the meeting of acquiring support from the Par, she elected Baby Narodo as the president of the revolutionary government. Brother Jean Bonifacio broke up with Naruto, the exiled baby, and aimed for his revolution. But fearing Ivan of Bonifacio, Baby Naru also caught them, and on May 10, 1897, all the brothers took control of the whole execution band.

On the other hand, the colonial army, which replenished its troops from its home country in October 1896 to the beginning of 1897 and settled its posture, began to counterattack. The independence party, which had dominated the entire southern region of Luzon Island, abandoned the base campit Of Mt. Fuji in Mt. Here, the Baby Narodos declared their Constitution (the Constitution of Biaku and Nabato) on November 1, and declared the establishment of the "Philippines" (Baki, Nabato Republic) Until the 15th of December, when a peace treaty was signed with the Spanish governor and the promise of Spain's reforms was exchanged, the baby Narudo retreated to Hong Kong and set up an asylum leadership (December 25). However, those who took over the flow of the Bonifacio also continued their struggle for independence.

 

翌年1898年4月25日、キューバの独立革命を契機とした米国の戦争が勃発する。その直前、香港から米国の間に独立の援助の密約をインストールした赤ちゃんなるもの亡命指導部は、マニラ湾の戦い(4月30日〜5月1日)から米艦隊大勝を経て、5月19日、米軍を後盾、フィリピンに帰還した。

5月24日の赤ちゃんなる度は本拠地であるカビテで「独裁政権」の樹立を宣言6月12日に独立宣言を発表し、「独裁政府」大統領に就任した(現在のフィリピン「独立記念日」)。しばらくして6月中に独裁政府は「革命政府」に改編された地方政府の組織化が開始され、7月15日ああポーリーナリオ麻痺なんての首相とする革命政府の内閣が発足した。一方、これまで外国からの武器購入の交渉を担当していた在外維持による、香港委員会(1896年11月に結成)は、革命政府の外交活動や武器調達に対応する、香港駐在「革命委員会」で公式機関に改編された(6月23日)。以上のような行政機構の整備と独立派米軍と連携し、各地に侵入して、8月末までにルソン中部・南部タガログ地域をスペインの支配から解放させて革命政府の支配下に置かれた。ところがこの前後に立って米軍との協力関係は徐々に微妙なものであり、8月13日、植民地支配の中心地であるマニラを占領スペイン軍を降伏させた米軍は、これまで軍事的貢献きた独立派の入力時に許可しなかった。

9月10日、マニラ近郊のブラカン州マローすい臨時首都が9月15日には、フィリピンの代表で構成され、議会は、この地で発足より翌年1899年1月には、麻痺ニウル首班とする内閣が発足して1月21日、自分の憲法(マロロス憲法)を制定し、1月23日、「フィリピン(1次)共和国」(マローロス共和国)の樹立宣言に至るまで独立国家としての整備を進めていますした。この時点で、共和国政府はミンダナオ除く、フィリピンのほぼ全域を掌握していた。しかし、前年の1898年12月10日、米国西部の間、パリ講和条約で2000万ドルとの交換にスペインで、フィリピンの主権を獲得した米国は、12月21日マッキンリー大統領が「友愛的同化宣言」を発表し、独立を否定麻痺君首相が進められて対米交渉も座礁1899年2月4日には、両国間の戦争(米国比戦争)が始まった。

対米戦争

米国以外の戦争中の「パセオ戦闘」を描いた絵

ゲリラ戦をテーマにした「ニューヨーク・ジャーナル」の風刺画/フィリピンを銃殺する米軍の背後には、「10歳以上の者は、全滅させる」との
詳細については、「米比戦争」を参照して
しかし、1899年3月31日に既に可能性がありマロすい陥落後、共和国政府は、中部ルソン地方のデジタルラク州ヌエバエシハ州を転々と移動することを余儀なくされた。そして11月12日の赤ちゃんなるも、大統領はパンガシナン州バヤンパンで正規軍の解体と遊撃隊によるゲリラ戦を宣言しルソン北部の山岳地帯に撤退した。

しかし、独立派が圧倒的に優勢な米軍を相手に粘りを見せるのは、その後だった。赤ちゃんなるも政権下でサブカルチャーに横に押されていたボニファシオ派革命の宗教結社などは激しいゲリラ戦を展開して、長期間に渡って米軍を苦しめていた。 1901年3月23日、イザベラ州で米軍に捕らわれた赤ちゃんなるドウン4月1日、米国の支配への忠誠を誓いと一緒に同じ独立派のいくつかの部隊に停電と降伏をコマンド(同様に捕虜になった麻痺ニーナリカルテが絶対的に服従を拒否した態度に比べて、これらの赤ちゃんなるもの人気を大きく減少させる結果となった)後、各地で独立派幹部のツハンガ相次いだことから、同年7月に米国軍政より民政に移行し早目に米国に忠誠を誓った親米派フィリピン(以前宣伝運動を支持していた新興有 - 日曜日層が多かった)を行政機関に登用、有力者をキャプチャして、米国統治体制の安定を図った。

ところが、赤ちゃんなる度によらず、「革命軍総司令官」を呼んだミゲル床バル将軍などの抵抗を続ける勢力もあり、床バル投降(1902年4月)後1902年7月4日になってセオドア・ローズベルト大統領は、最終的に独立勢力の「平定」を宣言した。しかし、その後も、農民など下層民の支持を受けて「タガログ共和国 "を呼んだマカリオ・酒井率いるゲリラ部隊(1904年〜1906年)など反米ゲリラはやまず、米軍が投降推奨ポリシーと徹底した弾圧政策(この時、米軍がゲリラと農民の関係を壊すために採用した「戦略村」は、ベトナム戦争に至るまで米軍の大ゲリラ戦争の主な戦術になった)を併用しながら、これらの独立派勢力は完全に鎮圧し、植民地支配体制を確立したのは1910年頃のことであった。

そしてフィリピン(および東南アジア)最初の植民地独立革命は挫折に終わっ真の独立の実現は、第二次世界大戦後、1946年までに持ち越されることになった。

 

The following year, on April 25, 1898, an American war broke out in the wake of the Cuban Independence Revolution. Immediately before that, Hong Kong set up an independent aid agreement between the United States and the United States. The Asahi leadership of Asahi was sent to the US Army on May 19, after a battle of US troops in the Manila Bay battle (April 30 - May 1) .

On May 24, Baby Narodo announced the establishment of a "dictatorship" in his home Cabinet. On June 12, he announced the declaration of independence. He took office as president of the "dictatorial government" (now the Philippine "independence day"). During the month, the dictatorial government began organizing local governments that had been reorganized as "revolutionary governments," and a cabinet of revolutionary governments with Apolinario Mavini as prime minister was launched on July 15. Meanwhile, The Hong Kong Committee (formed in November 1896), which was under the control of the foreign minister, was in charge of diplomatic activities and arms procurement of the revolutionary government and was reorganized as a "Revolution Commission" in Hong Kong (June 23). Along with the maintenance of the administrative organization, it invaded various places in cooperation with the independent PFU and liberated the central and southern Tagalog regions of Luzon from the Spanish domination until the end of August, under the control of the revolutionary government. Cooperative relations with the West American army are increasingly subtle, and the US troops surrendering the occupied Spanish troops to Manila, the center of colonial rule on August 13, have not been allowed to enter military ties that have contributed so far.

On September 10, the temporary capital of Malacca province in Fulaca, the capital of Manila, on September 10, launched a parliament of the Philippine delegation on September 15. The following year, in January 1899, (Marroos Constitution), which is under the administration of the Republic of Korea, to the declaration of the establishment of the "Republic of the Republic of the Philippines" (Republic of Maro Ross) on January 23. At this point, The United States, which acquired the Philippine sovereignty in Spain in exchange for $ 20 million in the US-West Paris Treaty between December 10, 1898, last year, except for Mindanao, On December 4, 1899, the United States announced the declaration of "fraternal assimilation" The War of War began.

The American War

Painting depicting 'Battle of Paceo' in US non-war

"The New York Journal" with the theme of guerrilla warfare / Behind the US military that shoots the Philippines "
For more information, see "War to War"
However, on March 31, 1899, after the fall of the capital, the DPRK government was forced to move to Taru Rakuju Nueva Eshi Province in Central Luzon Province. On Nov. 12, President Abdullah Naoud declared guerrilla warfare by the disbandment of the regular army and the guerrillas at Pangasinan Jubayan Pang and withdrew to the mountainous region of northern Luzon.

However, it was later that the independence forces were persevering against the overwhelmingly dominant US forces. Bonnepati and revolutionary religious associations, which had been pushed side by side under the regime of the baby Naru, had been fiercely guerrilla and had been plagued by US forces for a long time. On March 23, 1901, in the state of Isabella, the US Army captured the US Army and pledged allegiance to US domination on April 1, commanding several units of the same independent forces to power and surrender (similarly, In contrast to the attitude of Rikaruta's refusal to obey absolutely, they resulted in a great downfall of Narudo's popularity.) Since then, And pledged allegiance to the United States in the early days of the pledge to the United States, the Philippine (many emerging - Sun had supported the previous propaganda campaign) to the administrative organization to capture the enemy, to secure the stability of the US government system.

However, he did not follow the baby Narudo, but called the "commander in chief of the Revolutionary Army." There was also a force to continue the resistance, such as General Miguel Marubaru, and Marubaru Toubang (April 1902) and July 4, 1902, Finally declared the "calm" of the independent forces. However, after that, they were supported by farmers and other lower classes, and they called the "Tagalog Republic." Anti-American guerrillas, including the guerrilla forces led by Makario Sakai (1904-1906) And the "Strategic Village" adopted to break up the farmers' relations was the main tactic of the American guerrilla war to the Vietnam War), it was not until 1910 that it completely suppressed such independence forces and established colonial rule. Respectively.

Thus, the first colonial independence revolution of the Philippines (and Southeast Asia) ended in frustration and the realization of true independence was postponed until 1946 after the Second World War.

参加メンバー、旅仲間募集、サークルメンバー募集の案内でした。 

(このページはここまでです。) 

モバイルサイト

若者がたくさん集まって海外旅行/海外ボランティア/ダスマホサイトQRコード

若者がたくさん集まって海外旅行/海外ボランティア/ダモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

■あなたも大学生+社会人+若者で海外旅行/海外ボランティア/スタディツアーに行きませんか??【メンバー募集中!】
サイトマップ3



▼Facebookページに「いいね!」をお願いします。
Facebookの一番古い投稿は3年ぐらい前です。抜群の実績と信頼があります!約1万人がいいね!
https://www.facebook.com/海外旅行-1991419397783107/




 









このエントリーをはてなブックマークに追加



→当会の連絡先詳細:http://lockesdistillery.com/about


旅のコラム(オーストラリアとニューヨーク)
旅のコラム(海外旅行にクレジットカードが必須です!)
海外ボランティアコラム(ネパール山村でのボランティア体験より)
旅のコラム(アメリカ旅行で便利な持ち物!)
旅のコラム(コスパと街の雰囲気が決め手!~行ってよかったアジアの街5選~)
旅のコラム(ありきたりな旅はもうおしまい!~日本人観光客の少ない穴場な国を紹介します!~)
旅のコラム(留学経験者が教える! 旅行初心者さんお勧めしたい、ボストンのお勧めポイント5つ)
旅のコラム(海外ではそれ犯罪!○○を拾ったら罰金25万円、トイレで○○で罰金)
旅のコラム(手作り&オーガニックの宝庫!シドニーのオススメマーケット4選)



-8/7-






※※リンクフリー。サイト、ブログをお持ちの方は、このサイトにリンクを貼ってください。http://lockesdistillery.com/※※


TOPへ|無料の短期海外ボランティアツアーに行きませんか?大学生の学生旅行も社会人も|若者125名で海外旅行







ルームシェア大阪東京!
関西学院大学サークル

大阪でダイビングライセンス取得!
┗大阪でダイビングライセンス、ダイビング免許を取ろう!ダイビングツアーを企画していきます!ダイバーデビューしませんか??


東京・神奈川横浜でダイビングライセンス取得!
┗東京・神奈川横浜でダイビングライセンス、ダイビング免許を取ろう!ダイビングツアーを企画していきます!ダイバーデビューしませんか??


神戸大学サークル一覧/新歓飲み会情報
┗神戸大生、神戸大学生にお奨めの情報です!


福岡大学サークル一覧/新歓飲み会一覧
┗福岡大学のお奨めサークル一覧、福岡大学のお勧め新歓飲み会一覧です!


日本大学サークル一覧/新歓飲み会一覧
┗日本大学のお奨めサークル一覧、日本大学のお勧め新歓飲み会一覧です!

近畿大学サークル一覧/新歓飲み会情報

ダイビングインストラクター求人/募集!東京・大阪
┗東京・大阪でダイビングショップの求人/ダイビングインストラクターの募集をお探しの方へ

ダイビングショップ求人/募集!東京・大阪
┗東京・大阪でダイビングインストラクター求人・募集/ダイビングショップの求人をお探しの方へ

龍谷大学サークル一覧/新歓飲み会情報
甲南大学サークル一覧/新歓飲み会情報


旅仲間募集中です!
┗旅仲間募集掲示板。旅仲間を増やそう!

アメリカ横断ツアー
┗アメリカ横断ツアーByキャンピングカーの参加メンバー/旅仲間を募集しております!


ウユニ塩湖ツアー/ウユニ塩湖行き方
┗ウユニ塩湖ツアーを開催します!ウユニ塩湖の情報を載せていきます




プライバシーポリシー


沖縄でダイビングライセンス!


社会人サークル


海外スタディツアー・インターンシップ・国際協力のご案内







ウユニ塩湖の案内





スタディツアー!inアフリカ=ケニア