エラーページ




 



・妻と新婚旅行へ行ってきた。新婚旅行とは言え、長い休みが取れなかったので、行き先は近場のグアム。学生時代から海外ボランティアや国際ボランティア、スタディツアーに興味があって、いつでも行けるようにと大学生の時にパスポートを取っておいた。結局はアルバイトに追われて学生旅行にすら行けず、気が付けば社会人に。海外旅行への憧れが募る中、妻と出会い、やっとパスポートの出番がやってきた。妻は、近場なら韓国へ行きたいと主張。しかし、私が辛い食べ物が苦手なこと、スキューバダイビングライセンスを持つほど海が好きなことから、今回は妻には折れてもらった。もちろん、いつかは韓国へ行こうと約束もちゃんとして。出発前日は大阪での出張が入っていたので、仕事終わりに成田へ向かい、妻と合流。久しぶりに待ち合わせしたな。初めての国際線は何だか緊張したけど、気が付いたら爆睡してた。あっという間に着いてしまい、もっと機内を楽しめば良かったと、少し後悔。グアムは暑かったけど、東京よりも湿度が低いのか、気温の割に快適だった。ビーチでは、忙しい日々から解放されて、妻とのんびり過ごした。



空港で彼に会ったとき、彼は私を思い出しました、
私は非常に喜んでいました。村では、アン、ポール、村長、
家族、親relative、学童は同窓会に喜んで歓迎されました。
前回撮ったたくさんの写真が入ったアルバムを見せて、
思い出について話しました。
家族と子供たちは何度も何度もアルバムを見て喜んでいた。
前回仕事のために5日間という短い期間しか参加できなかったとき、
「レッスンは3日間しかできませんでしたが、今回はたくさんのレッスンがありました。
「こんにちはの歌」と「さようならの歌」は、日本の外国語活動でよく歌われます。
言葉を楽しく学ぶ方法を生徒に教えるための指導の指導とキーワードゲームなどの活動の紹介
工夫した。子どもたちは予想以上に懸命に働き、幸せに働いた。
さらに、クラスで使用される指示語は、より多く使用できるように書かれて記憶されています。
それから子供たちは私を「先生、良いクメール人」と称賛しました
】私は子供たちから未知の言葉を教え始めました。
たとえば、そーせい、Mour、Nijay、Sudap、Glow Cho、Charato、Yoloprom。
RyakusmeiとSun博士も発音が良くなかった
親切に修正して教えてくれました。
リャクスメイはカンボジアの文化と言語であり、日本語を効果的に教える方法、
「すべてが理解しやすく親切でした。感謝しています。

また、私が日本で教えている学生
カンボジアの学校の生徒たちに手紙を書きました。
休暇中、4a人の子供がそれを読み、
返信を書いてください。
日本人学生はなんて幸せでしょう!私は本当にそれを楽しみにしています。
そして私は年上の人でしたが、同じボランティアはとても熱心で、
】クラスを改善する努力をspareしまない態度に感銘を受け、多くのインスピレーションを受けました。
今回は、毎日が素晴らしく有意義でした。
】別れの日、私の考えが浮かび、涙が止まらなかった。
帰国後、毎日カンボジアについて考えています。
また参加します!

 

 



ホテルはオーシャンビューで波音が聞こえ、海好きとしては最高。ひとつだけ、英語ができないことが不安だったけど、買い物や食事で困ることはなかった。初めての海外旅行は、思ったよりも楽しめた。心残りは、観光や買い物に夢中になってしまい、スキューバダイビングする時間が無くなってしまったこと。素潜りはしたけど。次は絶対にスキューバしたい。そうそう、旅行中、海辺のチャペルで結婚式を挙げているカップルを目撃。妻も私も結婚式に興味がなくて、式を挙げる予定がなかった。でも、その式の様子を見たらグアムで結婚式を挙げたくなり、帰国後すぐに資料取り寄せて準備中。一年以内には実現させたいと思ってる。子連れのファミリーもたくさんいたので、いつか子供が生まれたら家族で行きたい。妻が行きたがっていた韓国は、しばらく行けそうにないかな。ちなみに、遊び疲れてしまい、帰りの飛行機もすぐに爆睡。妻に起こされたときには、周りの乗客がほとんど降りてしまっている状態。翌日の仕事は行きたくなかったけど、なんとか気力で出社しました。旅仲間募集中・大阪でスキューバーダイビングのライセンスを取得して、楽しみながら国際ボランティアの経験をつみませんか?国際ボランティアの醍醐味は海外旅行のような要素があることです。学生時代に行っておくことを学生旅行やスタディツアーといったりもします。実はわたしも海外ボランティアがしてみたくて、アメリカに2度行きました。1度目は西海岸にためしにいってみたの、おおざっぱに楽しかったーというイメージです。ですが、2度目は西海岸にいくのならカルフォルニアなどにも行ってみたいと思うようになって調べたんです。そしたらダイビングが目に留まって勢いで資格取得しました。気が付くと海外旅行メインになっていたんですが、ボランティアの一番の醍醐味って若者にとっては世界観をひろげられることだと思うんです。その為、2度目はボランティアをサブにして世界観を拡げる時間と思って時間を費やしました。カルフォルニアでは、ナイトスキューバーダイビングをしていて、ラホヤショアーズという穏やかな傾斜の砂浜のビーチ入口から外洋側に向かっていきます。ラホヤキャニオンという壁のようなすごいのがありますのでそこを越えると別世界。タコからホーンシャーク、シーパンジーからバットレイズまで、スリル満点のダイビングで資格を取得した価値がありました。また、国際ボランティアでは福祉や環境保護などをメインテーマにしたものが多くありますので世界各国の人と交わることでいかに自分の世間体が狭いかを思い知りました。同じように感じるかたは多かったと思います。これからは人種の壁よりも価値観の壁を知ることが世界中にお友達をつくる大切なことだろうなと感じました。最後になりますが、私は学生時代にツアーに参加して世界の多様性を文化と共に身に着け海外の方と仲良く過ごすことが出来て本当に良かったと思っています。その価値観は今世代の違いを知る為の価値観としても役にたっています。私が学生の時の価値観は今の10代後半の方々とは違うものだと思います。ですが違うということを知っていることがとても重要です。違うから分かろうとする。海外では違うことが当たり前なのでそこで磨かれた感性が今もいかせてます。

safda

 

sdafasdf

 

 

sdaf

 

dasf

 

fdsaf

 

sdaf

dsfaojprgf

 

fajipfweajcijdoihvajmsdknkcnuae@c,axasfunioeufaoo]:sfkmjdkgreuta:sk,f;mnhuyrf8@upasifmdnhduiayf@apkfmjdsifur[0ao]fsalkfmemincmnxcuawluehf:hhンvさdbヴぁ;・ぢ亜sjdj;いあlkンmc;:青wぺfdンヴぁ:sdヴぉ⒥内kpンswヴィ化sンヴ長bにさdpンv:課dmsvmンd:伊fンvれ案hv:五kなd金ヴぁ英rン:ヴィアンdv間s:英rンヴィk内rンヴァンヴァンvンvki:aernh:vina:nvri:kanviaんd:いrvんはrhヴぃあんdヴぁm:おぺrjgp

  • テーマ専用の 404ページ が気に入らない、
  • 404ページをもっと便利で見やすくしたい、
  • 404ページ自体をあまり表示したくない、